赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
2014年11月の1週間程度、オーストラリアに行きました。ツアーでいくかどうか迷いましたが、ツアーの場合、日程と場所に融通がきかないので個人旅行にしました。個人で旅行に行く場合、飛行機とホテルをどうするかが最大の問題となります。いろいろ検討した結果、シドニーからオーストラリアに入国し国内線でケアンズに移動するという方法がコストの面でよさそうに見えました。ジェットスターでケアンズに直行する手もありますが、カンタス航空の往復割引が効かなくなるので複数都市を周遊する場合はカンタス航空のスーパーカンガルーなどを利用したほうが良いように思いました。

ケアンズはオーストラリアの北東に位置する南国風の街です。ケアンズの街には見どころが少ないですが、近くに熱帯雨林、世界最大の珊瑚礁グレートバリアリーフがあります。オーストラリアの国土は日本の約22倍で人口が約2300万人と、広大な大陸に少数の人が生活しているという日本と全く異なる環境です。隣の家と距離があるので自動車を使う、国道1号線が1万2千キロ以上、一般道で制限速度100キロがある、どれも日本では考えられないことです。
賃金の水準は日本の1.5倍~2倍程度ですが、物価も高いです。スーパー以外の店の飲み物を買うと3~4ドルくらいします(スーパーなどでまとめ買いすると安い。)。

11月の旅行では、キュランダなどの熱帯雨林に2日、ミコマスケイ(グレートバリアリーフ)に1日使いました。

キュランダ
ケアンズのガイドブックに必ず乗っている観光地ですが、正直そこまで面白くないです。行きはケアンズからキュランダ行きの観光列車、帰りはスカイレール(モノレール)で熱帯雨林の森を見るというルートが定番ルートです。キュランダの街は小さいので1時間から2時間あれば十分です。

kuranda_railway.jpg
ケアンズとキュランダを結ぶ観光列車に乗り込みキュランダを目指します。

kuranda_railway2.jpg
たまに、こんな景色が見えます。

キュランダの街は田舎の観光地という雰囲気で、お土産や食べ物を売っている店が多いです。

sky_rail1.jpg
スカイレールからは熱帯雨林が見えます。ただ、森ばかりで飽きてきます。素晴らしい展望が広がるということは、あまりなかったと思います。


パロネラパーク
paronella.jpg
ケアンズの近くにあると思いきや、ケアンズから100kmも離れています。ラピュタに似ていると言われている建物は立派ですが、全体的に閑散としていて廃墟のようでした。思ったより広くなく、1時間程度で回れました。


ミコマスケイ
Michaelmas_Cay.jpg
ケアンズから船で2時間くらいかかる珊瑚礁に囲まれた砂の島で、透明度が高い海が魅力です。シュノーケルやダイビングで、きれいな珊瑚礁を眺めることができます。ケアンズは暑いので、熱帯雨林よりも、きれいな海の方が楽しめました。ただ、鳥が大量にいることが気になりました。

カーテンフィグツリー(絞め殺しイチジク)
tree.jpg
この木には驚きました。イチジクの実を鳥が食べ、その鳥が他の木に糞をします。糞の中に混ざった種が発芽し、他の木を絞め殺しながら成長していくのです。写真のカーテン状の根の中に、かつて親木がいたのですが朽ち果てて空洞になっています。

スポンサーサイト
PageTop
温泉の一覧です。アクセス、泉質など、情報を充実させる予定です。

北海道
登別温泉  :登別、札幌から特急で約1時間20分、高速バスあり、11種類の泉質(硫黄泉、重曹泉が中心)
・洞爺湖温泉 :洞爺湖周辺、新千歳空港から自動車で乗車約2時間、 泉質はナトリウム・カルシウム・塩化物・硫酸塩など
・定山渓温泉 :札幌市南区定山渓温泉地区、札幌から直行バスで約60分、塩化物泉
・湯の川温泉 :函館(市街地から車で10分)、塩化物泉
・層雲峡温泉 :上川郡上川町の層雲峡地区、旭川から66km、単純温泉・硫黄泉
・ニセコ温泉郷 :磯谷郡蘭越町、札幌からニセコまで2時間30分、硫化水素泉・硫黄泉・鉄鉱泉・食塩泉
・阿寒湖温泉
・十勝川温泉
・ウトロ温泉
・川湯温泉


東北


青森
酸ヶ湯温泉
・十和田湖温泉郷
・浅虫温泉:塩化物泉。青森駅から電車で約20分。海の近くにある温泉です。

秋田
・乳頭温泉郷

岩手
・八幡平温泉郷
・花巻温泉郷:花巻周辺にある温泉郡。


宮城
・秋保温泉
・作並温泉
・鳴子温泉郷:硫黄泉。鳴子温泉駅からすぐ。

山形
・蔵王温泉
銀山温泉:硫黄泉。大正から昭和初期の建物が並ぶ温泉街。NHK連続テレビ小説「おしん」の舞台になったそうです。名前が示すように、銀山が近くにありました。銀鉱洞の一部を見学することができます。

福島
・会津東山温泉
・いわき湯本温泉



関東

群馬
草津温泉:超有名な温泉。
・伊香保温泉:硫酸塩泉(茶色っぽい色をしています。)。石段が有名です。山の中にある温泉街で眺めがいいです。伊香保の近くの水沢では、日本三大うどんのひとつである水沢うどんを食べることができます。
・万座温泉
・四万温泉

栃木
・鬼怒川温泉
・那須温泉
・湯元温泉
・湯西川温泉


茨城

埼玉

千葉

東京

神奈川
箱根温泉:温泉ランキングの上位にたびたび登場する温泉。東京からアクセスがいいです。
・湯河原温泉


甲信越

山梨
・富士河口湖温泉郷

長野
・白骨温泉
・野沢温泉:硫黄泉。スキー場がある温泉街。雪質がよいせいか、外国人観光客が結構います。野沢菜が名物です。
・湯田中渋温泉郷

東海

静岡
・熱海温泉
・修善寺温泉
・伊東温泉・宇佐美温泉
・稲取温泉
・熱川温泉
・下田温泉
・土肥温泉
・伊豆長岡温泉
・堂ヶ島温泉


愛知

岐阜

・下呂温泉
・奥飛騨温泉郷
・飛騨高山温泉

三重
・鳥羽の温泉
・志摩の温泉
・長島温泉


北陸

福井
・あわら温泉

石川
・和倉温泉:塩化物泉。全国有数の高級温泉街。ホテルが中心で温泉街の雰囲気はあまりありません。
・山中温泉
・山代温泉
・片山津温泉
・粟津温泉
・湯湧温泉


富山

・宇奈月温泉
・黒部峡谷温泉群



近畿


京都
・天橋立温泉
・夕日ヶ浦温泉郷


兵庫
・城崎温泉
有馬温泉
・洲本温泉・南淡路温泉郷・岩屋温泉
・湯村温泉



和歌山
・白浜温泉
・勝浦・串本・すさみの温泉
・龍神温泉


山陽・山陰

岡山
・湯原温泉郷
・湯郷温泉
・奥津温泉


広島


鳥取
・三朝温泉
・皆生温泉
・はわい・東郷温泉


島根
・玉造温泉
・松江しんじ湖温泉


山口
・長門湯本温泉
・湯田温泉
・萩温泉郷


四国


香川
・こんぴら温泉郷
・小豆島の温泉


徳島
・大歩危・祖谷周辺の温泉


高知


愛媛

道後温泉

九州

福岡

佐賀
・嬉野温泉

長崎
・雲仙温泉
・小浜温泉


大分
由布院温泉
別府温泉郷
・長湯温泉

熊本
黒川温泉
・南阿蘇温泉郷
・阿蘇内牧温泉
・山鹿・平山温泉
・天草・松島・下田温泉
・小田・田の原・満願寺温泉
・杖立温泉


宮崎

鹿児島

・指宿温泉
霧島温泉


沖縄


PageTop
2012年1月上旬に、凍結した袋田の滝を見に行ってきた。
袋田の滝は、日本三名瀑のひとつで、茨城県久慈郡大子町袋田にある。
このあたりは、それほど冷え込むことはないが、
袋田の滝は水量が少ないせいか凍結する。


袋田の滝(冬)1

袋田駅を降りてしばらく歩くと、滝の水が流れ込む川が見えてくる。
この様子から、滝が凍結することは全く想像できないが・・・

袋田の滝(冬)6

上流に近づくにつれて、氷がたくさん現れてくる。

袋田の滝(冬)2

これが、凍結した袋田の滝。

袋田の滝(冬)3

6割ほどの凍結です。

袋田の滝(冬)4

横から。

袋田の滝(冬)5

人工的に作ったつららもありました。

PageTop
夜景特集



函館の夜景

函館の夜景1


神戸の夜景

摩耶山の夜景4


長崎の夜景

長崎の夜景


原宿の夜景

原宿の夜景


池袋の夜景

サンシャインシティの展望台からの夜景

PageTop
2011年秋に紅葉を見に、日光、昇仙峡、清里に行ってきた。

まずは、2011年10月中旬の日光です。

日光の紅葉1

いろは坂。紅葉が結構きれい。
渋滞のおかげで、ゆっくり見ることができました(笑)

日光の紅葉2

戦場ヶ原近くの山々。

日光の紅葉3

戦場ヶ原。
どうしても、「ひたぎ」を思い出してしまいます。

日光の紅葉4

きれいに紅葉している木もありました。

湯ノ湖(秋)

湯ノ湖。

湯滝(秋)

湯滝の上。

湯滝(秋2)

湯滝。迫力がある。

戦場ヶ原(秋)

戦場ヶ原。

竜頭の滝(秋)

竜頭の滝。
すでに、はげかかっていました。

中禅寺湖(秋)

中禅寺湖。

中禅寺湖2(秋)

中禅寺湖の近く。


お次は、2011年10月下旬の昇仙峡。

昇仙峡(秋)

昇仙峡のうえの方にある、滝。

昇仙峡2(秋)

ちょっと、紅葉していました。

昇仙峡3(秋)

昇仙峡と言えば、ここ。
そこそこ、紅葉していました。

昇仙峡4(秋)

ロープウェイで、上に行くと富士山が見られます。
紅葉より、こっちの方がよかったな。

昇仙峡5(秋)

上の方は、そこそこ色づいていました。


最後は、10月下旬の清里。
清里(秋)

黄色と赤のコントラストがよかった。

PageTop
紅葉の名所と例年の見ごろを調べてみました。
おすすめは赤字で表記します。
(紅葉の見ごろは毎年変わるので、目安としてお使いください。)


北海道

・層雲峡    10月上旬~中旬
・旭岳      9月中旬~下旬

北東北

八甲田山  9月下旬~10月下旬
奥入瀬渓流  10月中旬~下旬
十和田湖    10月上旬~下旬
・白神山地    10月中旬~11月上旬
・城ヶ倉大橋   10月上旬~中旬
・川内川渓谷   10月下旬~11月上旬

八幡平   9月下旬~10月下旬
・小岩井農場  10月中旬~下旬
・田沢湖      10月中旬~下旬
・抱返り渓谷   10月中旬~11月下旬

・角館    10月中旬~下旬

・平泉
・中尊寺   10月上旬~下旬
・毛越寺   10月上旬~下旬
・厳美渓   10月上旬~下旬


南東北


鳴子峡

・最上峡
・山寺     10月中旬~11月上旬
・蔵王      9月下旬~10月下旬
・秋保大滝   10月下旬~11月上旬
・最上川    10月下旬~11月中旬

・五色沼    10月中旬~11月上旬
・浄土平    9月下旬~10月中旬
・中津川    10月中旬~11月上旬


信越

・秋山郷   10月中旬~11月中旬
・松川渓谷   10月上旬~11月上旬
・戸隠・鏡池   10月上旬~11月上旬
・越後湯沢  10月中旬~11月上旬
・弥彦 11月下旬~11月中旬
・奥只見湖   10月中旬~11月上旬

・上高地  10月上旬~下旬

立山ロープウェイ   10月上旬~中旬
室堂     9月下旬~10月上旬
・黒部峡谷   10月下旬~11月上旬


関東

・谷川岳    10月中旬~下旬

・奥軽井沢   10月上旬~下旬
・万座      10月上旬

・袋田の滝   10月下旬~11月中旬
・汐見滝吊橋   10月下旬~11月中旬

・養老渓谷   11月中旬~12月上旬

・長瀞   10月下旬~11月下旬

昇仙峡    10月中旬~11月下旬
・清里高原   10月下旬~11月中旬
・河口湖     10月下旬~11月中旬

日光     10月上旬~11月上旬
・鬼怒川 10月上旬~下旬
・塩原     10月上旬~下旬
・那須     10月中旬~11月中旬

・箱根湯本   11月中旬~12月上旬
・元箱根     11月上旬~下旬
・強羅      10月下旬~11月下旬
・仙石原(ススキ)  10月上旬~11月上旬


東海

・修善寺   11月中旬~12月上旬

香嵐渓   11月上旬~下旬
・白川郷   10月中旬~11月上旬
・寸又峡   11月上旬~下旬

関西

・東福寺     11月中旬~12月上旬
・光明寺     11月中旬~12月上旬

山陽・山陰

・天橋立  11月中旬~下旬

・大山   10月下旬~11月上旬

・秋吉台   11月上旬~下旬
・津和野   10月下旬~11月中旬

・錦帯橋   11月上旬~中旬

四国

・かずら橋    11月上旬~下旬
・奥祖谷     10月下旬~11月中旬
大歩危峡    11月中旬~12月上旬

・高知城   11月上旬~12月上旬

・面河渓   10月下旬~11月中旬
・松山城    10月下旬~11月上旬

・寒霞渓    11月上旬~12月上旬
・栗林公園   11月中旬~12月上旬
・金比羅宮   11月上旬~11月下旬


九州

・柳川    11月中旬~下旬
・太宰府   11月中旬~11月上旬

・武雄・御船山楽園   11月下旬~12月上旬

・似田峠   10月下旬~11月上旬
・ハウステンボス   11月中旬~下旬

・深邪馬渓  11月上旬~中旬
・湯布院    11月上旬~中旬

・菊池渓谷   11月上旬~中旬
・五家荘     10月下旬~11月中旬
・五木村     10月下旬~11月中旬
・通潤橋     10月下旬~11月中旬
・熊本城     11月中旬~12月下旬

高千穂峡   11月中旬~下旬
・えびの高原  10月下旬~11月中旬
・椎葉村     10月下旬~11月中旬

・霧島神宮   11月上旬~中旬



紅葉が見ごろかどうかは
紅葉特集2011
でチェックしてください。


PageTop
2011年7月下旬、青春18きっぷを使って、山陽、九州を旅してきた。
(一部、ワープや飛行機を使ってます。)
今回は別府、湯布院、博多に関する記事です。
別府、湯布院は日本有数の温泉。
博多は大都市で、ショッピングや食事が楽しめます。

旅行の行程は以下の通り。
1日目(品川~大垣は「ムーンライトながら」という夜行列車を使いました。)
品川~大垣~米原~姫路
姫路~岡山(新幹線でワープ)~倉敷
倉敷~糸先~宮島口
宮島口~広島
広島~徳山~防府
2日目
防府~新山口
新山口~秋芳洞(バス)
秋芳洞~青海島(バス)
青海島~長門市(バス)
長門市~萩
萩~小串~下関~小倉~中津
3日目
中津~別府
別府~大分~由布院
由布院~福岡空港(バス)
福岡空港~天神など
博多~福岡空港
福岡空港~東京(羽田、飛行機)


話を始める前に九州に関する問題。
九州は沖縄を含めて8県しかないのになぜ九なのでしょうか?
この答えは次の図を見れば分かります。
(図を圧縮したら図が黒くなってしまった)

九州

この図は九州の旧国名の地図です。
旧国名の数は9。
そう、九州というのは昔は国が9つあったからです。
JR線の名前でも、日豊本線のように旧国名が使われていて面白い。

さて、本題に戻りましょう。

中津から別府へ

まずは中津から別府に向かいます。

日豊本線2

日豊本線で別府を目指します。

別府1

別府へ到着。
別府は、ご存知の通り、温泉が有名。
泉質は10種類。

ただ、すべての温泉に入る暇がなかったため駅近くの温泉に入るだけになってしまいました。

別府2

別府駅から大分駅に向かいます。
途中、別府の街並みが見えます。

ゆふ高原線1

別府の次は、大分からゆふ高原線で由布院に向かいます。

ところで、由布院と湯布院の違いについて調べてみました。
結論から言うと、由布院は旧地名、湯布院は新しい地名です。
昔は由布院だったのですが、昭和30年の由布院町と湯平村の合併に伴い、
湯布院町となったのです。

ゆふ高原線2
(ゆふ高原線の車窓)

由布院温泉の泉質は単純温泉。(要は無色透明な温泉です。)
ここは温泉の泉質を楽しむというより、
温泉からの雄大な景色や温泉街を楽しむといった感じです。

ゆふ高原線3
(ゆふ高原線の車窓)

大分駅から1時間くらいで由布院駅に到着。


由布院1

湯布院はアートな街で、おしゃれなものが結構売っている。
(ロールケーキとか。なぜかワンピースグッズの専門ショップがあった。
美術館なんかもある。箱根に近い感じ。)

金鱗湖

湯布院の温泉街を抜け、金鱗湖に到着。
思っていたより、浅い湖でした。


博多

由布院の次は高速バスで博多へ向かいます。
(ゆふ高原線は本数が少ないため、鈍行列車で博多に行くのはきつい。)
博多は、博多ラーメン、辛子明太子、屋台などが有名です。

博多ラーメンを食べた後、アニメイト、ゲマズ、虎の穴に寄り、
サブカルチャーが福岡にも広まっていることを確認し、飛行機で東京に帰りました。
(福岡空港は博多駅から5分くらいと、駅からかなり近かった。)



PageTop
2011年7月下旬、青春18きっぷを使って、山陽、九州を旅してきた。
(一部、ワープや飛行機を使ってます。)
今回は山口県に関する記事です。
山口は一見何も無さそうですが、秋吉台、萩、青海島などレベルの高い観光地が多く存在します。
秋吉台では日本最大の鍾乳洞が楽しめ、萩では幕末を感じることができます。

旅行の行程は以下の通り。
1日目(品川~大垣は「ムーンライトながら」という夜行列車を使いました。)
品川~大垣~米原~姫路
姫路~岡山(新幹線でワープ)~倉敷
倉敷~糸先~宮島口
宮島口~広島
広島~徳山~防府
2日目
防府~新山口
新山口~秋芳洞(バス)
秋芳洞~青海島(バス)
青海島~長門市(バス)
長門市~萩
萩~小串~下関~小倉~中津
3日目
中津~別府
別府~大分~由布院
由布院~福岡空港(バス)
福岡空港~天神など
博多~福岡空港
福岡空港~東京(羽田、飛行機)



新山口1

まずは、防府から新山口へ。

山口付近の電車

新山口駅で降ります。
(上の写真の電車は新山口に止まっていた電車です。)

新山口2

新山口駅は、昔は小郡駅(おごおりえき)という名前でした。
おそらく、山口県を連想する駅の名前をつけようとして名前の改称を行ったのでしょう。
一日の平均乗車人員は7000人強。
(山口県の駅の中では下関に次いで乗車人員が多い駅です。)

新山口から秋吉台(あきよしだい)へ。

秋吉台近くのお土産屋

バスを降りた後は、秋芳洞(あきよしどう、日本三大鍾乳洞のひとつ)に向かいます。

秋芳洞9

秋芳洞の入り口。
予想以上に大きい鍾乳洞でした。
(観光コースは1kmもあります。)

秋芳洞2

秋吉台の内部。
内部は17℃くらいとそこそこ快適な環境です。
(1年中、17℃で一定らしい)

秋芳洞3

この鍾乳洞は高さもあります。

秋芳洞4

縦にも横にも広い鍾乳洞です。

秋芳洞5

中は結構暗いです。

秋芳洞6

秋芳洞の上には秋吉台が広がります。
秋吉台は、秋芳洞の中にあるエレベーターをでて約300mいったところにあります。

秋吉台1

秋吉台。秋吉台は日本最大のカルスト台地。(特別天然記念物、国定公園に指定されています。)
カルスト台地とは石灰岩などの水に溶けやすい岩石で構成された台地が、
雨などで浸食された地形のことをいいます。
秋吉台の地下100mにある秋芳洞も石灰岩などがとけて鍾乳洞となりました。
秋芳洞という名前ですが、大正15年、当時皇太子だった昭和天皇が訪れた後に秋芳洞という名前をつけて頂いたようです。


秋吉台2

どこまでも続く緑がいい。

秋吉台3

秋吉台にはハイキングコースがあり、1~2時間は楽しめます。

秋吉台4

秋芳洞の名物、黄金柱。

秋芳洞を出た後は、青海島へ。
青海島は山口県の北の中央あたり。
島の色がいい。

青海島1

観光船を使って、島を一周。

青海島2

岩の形と色がいい。

青海島3

水の色がきれいな場所も一部あり。

青海島4

門のように見える。

青海島5

青海島を一周した後は長門市駅へ。

長門市駅

長門市駅へ到着。
長門は、「ながと」と読みます。「ながもん」ではありません。
長門という文字を見ると、どうしてもハルヒを思い出してしまいます。

山陰本線の電車

長門市駅から山陰本線で、東萩へ。

山陰本線の景色

山陰本線から、日本海の景色を眺めることができます。

山陰本線の景色2

山陰本線は日本海をずっと眺めることができ、なかなか面白い路線だと思います。

東萩

東萩駅へ到着。
萩は、高杉新作などの幕末の維新志士の面影をみることが出来る場所。
吉田松陰がこの場所で、高杉新作、伊藤博文、山県有朋などの
偉人を育てていたところを想像すると感激する。

萩1

長州藩は現在の山口県あたりで、外様大名の毛利氏が治めていた藩。毛利は関ヶ原の戦いで西軍の総大将に担ぎあげられた大名で、かつては中国地方すべてを治めていた有力な大名でした。関ヶ原の戦いにおいて、家臣の吉家広家は東軍に内通しており、領地の没収を避けるよう画策したが失敗し、周防国・長門国(長州藩)に減封されました。しかし、数百年後には薩長が幕府を倒し新政府をつくりました。(毛利の支配に変わったようにも思えます。)

萩は、長州藩の藩庁が長く置かれていた場所で木戸孝允などはこの土地で育ちました。

萩2

ここらへんに、高杉新作や木戸孝允の家があります。

萩3

明治の維新志士がここで過ごしたことを考えると、ワクワクしてきます。

萩駅1

萩を満喫した後は萩駅へ向かいました。

萩駅2

なんとなく、趣があります。

萩駅3

木でできた改札が面白い。昔は使っていたんでしょうね。

萩駅4

こちらは一般人用の改札です。
お偉いさんはVIP室で休んだ後、別の改札から駅に入っていたようです。

山陰本線の電車2

山陰本線で下関に向かいます。

下関駅

下関に到着。

下関駅の電車

下関から、小倉へ向かいます。

小倉駅

小倉駅。JR九州は変な表示板を使っていますね。

日豊本線1

日豊本線に乗って南下。

中津駅

この日はここで宿を取ることにしました。


PageTop
2011年8月、青春18きっぷを使って1週間くらい西日本に旅行に行ってきた。
今回の旅行の行程は以下の通り。

1日目
品川→大垣(夜行列車)
大垣→米原→敦賀→東舞鶴→西舞鶴→天橋立
天橋立→豊岡→城崎温泉
城崎温泉→浜坂→鳥取→鳥取砂丘
鳥取→米子→出雲市

2日目
出雲大社
出雲市→仁万→石見銀山
石見銀山→大田市
大田市→益田→小串→下関→小倉→博多

3日目
博多→佐賀(特急利用)
佐賀→長崎
長崎→鳥栖(特急利用)
鳥栖→大牟田→熊本

4日目
熊本→阿蘇
阿蘇→大分(バス利用)
大分→臼杵
臼杵→八幡浜(フェリー利用)
八幡浜→松山

5日目
松山→道後温泉(市電)
道後温泉→松山(市電)
松山→宇和島(特急利用)
宇和島→江川崎
江川崎→伊予宮野下→窪川→高知

6日目
高知→阿波池田→琴平
琴平→岡山
岡山→相生→姫路→三ノ宮
三宮→高速神戸→新開地→有馬口→有馬温泉(私鉄利用)
有馬温泉→有馬口→新開地→三宮(私鉄利用)
三宮→大阪

7日目
大阪→彦根
彦根→豊郷(私鉄利用)
豊郷→彦根(私鉄利用)
彦根→京都
京都→米原→大垣
大垣→品川(夜行列車)


我ながら、よくこんな旅したなと感心した。
18きっぷを8回分も使ってしまった。
1回分を2300円とすると、8回で18400円ということになる。
寝るときも漫画喫茶ではなく、ビジネスホテルを利用したから結構かかってしまった。
そのほかに、特急料金などの交通費や食事、お土産料金などがかさみ、結構金を使った。
トータルとしては10万くらいかかっているような気がする。


特に面白かったところは、長崎、阿蘇、豊郷。
車窓の風景がよかった路線は、山陰本線(日本海の眺めがいい)、阿蘇高原線(立野のスイッチバック、阿蘇の景色)、しまんとグリーンライン(田園風景、四万十川)、土讃線(新改と坪尻のスイッチバック、大歩危あたりの川の景色)、瀬戸大橋線(瀬戸内海と瀬戸大橋の風景)、琵琶湖線(田園風景)、近江鉄道(田園風景)。


以降の記事に、旅行の詳細や日本三大一覧、聖地巡礼(sola、けいおん)、○○線の見どころなどを書きます。


PageTop
2011年7月下旬、青春18きっぷを使って、山陽、九州を旅してきた。
(一部、ワープや飛行機を使ってます。)
今回の行程は以下の通り。
1日目(品川~大垣は「ムーンライトながら」という夜行列車を使いました。)
品川~大垣~米原~姫路
姫路~岡山(新幹線でワープ)~倉敷
倉敷~糸先~宮島口
宮島口~広島
広島~徳山~防府
2日目
防府~新山口
新山口~秋芳洞(バス)
秋芳洞~青海島(バス)
青海島~長門市(バス)
長門市~萩
萩~小串~下関~小倉~中津
3日目
中津~別府
別府~大分~由布院
由布院~福岡空港(バス)
福岡空港~天神など
博多~福岡空港
福岡空港~東京(羽田、飛行機)

ご覧の通り、青春18きっぷの旅と言いつつ、バスや飛行機を使っています。
以下の3つがその理由です。
①観光時間を増やすため、②そもそも電車ではいけない、③時間的に厳しい
青春18きっぷは安いというメリットはありますが、
①時間がかかりすぎる、②電車がほとんどこない地域がある、③乗り継ぎが悪い、などのデメリットがあります。
この中で特に問題なのは②です。
田舎のローカル線は、都市とは違い1日、3、4本しか電車がないような地域があります。
1本のがすと、次が2時間後という話が普通にあるわけです。
(ひどいところだと、6時間くらい後)
そのため、18きっぷだけだと観光時間がほとんど確保できない場合が多々あります。
それを防ぐため、ワープの活用、長距離移動はなるべく夜にする、などの対策を俺はとっています。
(飛行機使わないと、3日で九州は厳しいからね)
あと、18きっぷだけだと行ける観光地が限られてしまうので俺はバスを使っているのです。


1日目の旅日記

まずは、夜行列車のムーンライトながらで大垣へ。


姫路駅

大垣、米原で軽く運動して姫路に到着。
(朝の時間で席占領って、よくないとは思うんだけどね。)

姫路城

姫路城は改修中なので要注意。
(修理しているところを眺める施設はあります。)
平成26年度まで改修は行われるようです。

岡山駅

姫路から新幹線で岡山駅にワープ。
90kmの距離を20分というのはありがたいです。

倉敷駅

岡山駅から山陽本線に乗り、倉敷駅に到着。


倉敷美観地区1

倉敷で有名なのは、この美観地区。


倉敷美観地区2

美観地区の雰囲気はなかなかよかったです。


倉敷駅前

倉敷駅前。


山陽本線の景色1

倉敷駅から、宮島口駅に向かいます。
山陽本線から、ときどきこんな景色が見えます。

山陽本線の景色2

ただ、倉敷~広島間は海とか川が見えることは少なかった。


宮島口駅

倉敷から3時間ほどで宮島口に到着。
(距離の割にはそこそこ速い気がする)


厳島神社

宮島口近くからでている宮島行きのJRのフェリーは18きっぷで乗ることができます。
(結構、知られていないのでは?)
フェリーから厳島神社を眺めることができます。

厳島神社3

厳島神社は干潮時には鳥居の近くまで歩いていくことが可能です。

厳島神社を見た後は、島でもみじまんじゅうを買い、宮島口駅付近で名物のアナゴメシを食べてから、山陽本線で広島を目指します。


原爆ドーム

広島に就いた後は、市電に乗り原爆ドームの近くの駅で降車。
「何マイクロシーベルトでているんだ?」と思ってしまいました。


続く

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。