赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
コミックマーケット79もついに終了。
相変わらずの盛況ぶりで、二次元作品などをこれだけの人が
愛していることに驚かされると同時にたくましさを感じた。
確かに大混雑で疲れるイベントではありますが、とても面白いイベントです。

今回は三日間全て参加し、いろいろなところを回りました。
同人、企業、コスプレ広場、痛車を展示している場所。
どこも違う魅力であふれていました。


一日目

一日目はヘタリア、イナズマイレブン、ゲームなどがありました。
この日は比較的すいていた気がする。
ただ、企業はかなり混んでいました。
個人的には一日目には気になるジャンルが特にありませんでした。
そのため、9時30分くらいにきて11時ごろに入場した、
目当てのサークルに一時間並んだ後は気になるサークルを
少しだけみて東館を離れ第一コスプレ広場に移動しました。

第一コスプレ広場を見た後は第二コスプレ広場をうろうろしていました。
前回は写真をあまりとらずに後悔したので、今回は積極的に写真を撮りに行きました。
(コミケ以外にもイベントはありますが、コミケほどコスプレが集まるイベントは見たことない)
そのおかげで100枚以上(100人以上ではない)写真を撮ることができた。
結構、クオリティが高いコスプレを見ることができました。(ネタのコスプレもよかった)

企業は一周したくらいしか見ていません。
アニメイトとかに行けば似たようなグッズが買えそうな気がするんですよね。
無料配布に並ぶのも時間の無駄なような気がするから、どうしても敬遠してしまいます。

会場を出た後は痛車が展示されている場所に向かった。
(浜松町方面に向かう水上バス乗り場の近く)
ここでは20~30の痛車が展示されています。
ここはなかなか面白かった。


二日目

二日目は東方、女性向け作品がメインでした。
いつもは二日目の同人ソフトはなぜか三日目にされていました。
(東方の対策でしょうか?)
二日目の東方エリアは相変わらずの混雑でしたが、前回より大分マシになっていました。
地獄のc76の反省が活かされているようです。
そのおかげで、東方が何かやらかしたとかいうことは特になかったみたい。
東方は何かと害悪のように扱われる気がするが、別にそうでもない気がする。
あれだけ人数がいたら仕方がないと思う。
あの混雑なら、周りの人を押しのけてでも進みたくなるし、
あの大人数ならマナーが悪い人もいるでしょう。
そもそもマナーが悪いのレベルが高いような気がする。
初心者の人があの大混雑で戸惑うのは仕方がないと思う。

まあ、それは置いといて、俺の二日目の動き。
この日は頑張って始発できました。
6時40分くらいに並び、東館には10時30分に入れました。
シャッター前を買った後は東方エリアに行き、目当てのものを買ってきました。
その後はコスプレ広場。
(来年の8月まで見れないから後悔しないように行った。)
確認したら180枚くらい撮ってた。
これには自分でもドン引きです。


三日目

三日目はエロ本のほかに評論、鉄道、そして同人ソフト、デジタルがありました。
同人ソフト以外はいつものラインナップです。
この日は会場全体が混んでいた気がします。(東館しか行ってませんが)
壁付近以外もかなりの混雑で移動がきつかった。
以前来た時よりも、混雑がひどかった気がする。
同人ソフトが三日目に来た影響だろうか?

この日は長い時間をかけて同人エリアを回っていました。
東2ホールのZのイラスト集エリアはびっくりしました。
素人の俺から見るとレベル高すぎです。
この画力で島なの?って感じでした。
pixivのランキングを見ている感じだった。
全国から人が集まるから、そうなってしまうのかな。

様々なところにある写真集もよかった。
風景、鉄道などいろいろ面白いものが見れました。
素人の俺から見るとプロとあまり変わらないような気がした。
ただ、価格がな。安いんだろうけど、そこそこな値段するんですよね。
買いたかったけど、買うお金がなかった。

評論はいろいろ見ました。
なかでも経済系のところは気になった。
(これは完全に自分の趣味。電車で日経新聞をいつも読んでますから。)
ただ、知ってることが多かった。
真新しいことはあったけど、欲しい情報ではなかった。
まあ、ぼろもうけできる方法を教えるってことはあり得ないからな。

後はコスプレを見てコミケ終了。


終わりに

今回もコミケスタッフには感心した。
あれだけの人間をコントロールできるのはすごい。
以前悪かったところも改善されているところにも感心した。
(前は横断歩道で詰まっていたんだけど、緩和する措置がとられていた。)
ただ、気になるのは三日目に同人ソフトを持ってきたこと。
大混雑を招く原因になっていたような。

まあ、いろいろな思い出があるC79も終了。
この喪失感がやだな。来年まで待ち遠しい。
そして2010年も終了。今年もはやかったな。
みなさん、よいお年を。




スポンサーサイト
PageTop
えっ?これで終わり?
村のその後が全く分からんぞ。
(バッドエンドであることは分かりますが)
続きはDVDでってこと?

ただ、今回の話は駆け足ながら面白かった。
恵、辰巳、夏野、正志郎の最後の描写は満足したし、
余韻のある終わり方もよかった。


屍鬼 第22話(最終回)「蔡蒐話」の感想です。


カレンデュラ レクイエム(屍鬼盤)
カレンデュラ レクイエム(屍鬼盤)

続きを読む

PageTop
2010年冬のある日、青春18きっぷを使って、仙台、松島を旅行した。
この記事は仙台で宿泊した後の話。
早朝に平泉に向かったが、雪にはばまれ断念。
しかし、雪に覆われた光景を見ることはできた。
見る価値はあると思います。


以下は今回の旅行の概要

青春18切符はJR全線の快速・普通列車が一日乗り放題の切符。
18という名称があるが、どの年齢の方でも使用可能。
5回分が11500円で、一日当たりに換算すると2300円と超お得な切符である。

東京から宮城県へは7~8時間くらいかかる。
仕方がないので1泊してきた。
また、旅行した時は天気が雪と最悪。
正直、冬の東北をなめていました。

行きは東北本線経由で仙台へ。
帰りは常磐線経由で東京へ。

行きのルート
宇都宮線(東北本線)で宇都宮
宇都宮~黒磯(東北本線)
黒磯~郡山(東北本線)
郡山~福島(東北本線)
福島~仙台(東北本線)

仙台には12時過ぎに到着。
7時間以上かかりました。

松島へは仙石線を使って松島海岸駅まで行く。


その1のあらすじ:仙台に到着
その2のあらすじ:松島観光
その3のあらすじ:仙台観光


早朝の仙台

早朝の仙台。
あれだけいた人は一体どこへ?


東北本線(一関行き)

東北本線(一ノ関行き)に乗車


東北線の風景1

ここら辺は雪は大したことはなかったのだが・・・


東北線の風景2

ちょっと進んだだけで、こんなにやばくなる。


東北線の風景3

雪の世界


東北線の風景4

一面真っ白


東北線の風景5

徐々に朝日が昇ってきます


東北線の風景6

雪に覆われた木々


東北線の風景7

雪化粧が当たり前


東北線の風景8

こんな光景がずっと続きます



東北線の風景9

雪の量がやばい


東北線の風景10

そろそろ朝日が昇るころ


東北線の風景11

一面真っ白の銀世界を明るく照らす


東北線の風景12

とても静か


東北線の風景13

誰にも踏み荒らされていない


東北線の風景14

朝日が昇りました


東北線の風景15

雪がやばいので平泉は断念。
一ノ関駅を目前に途中下車。


東北線の風景16

積雪は何センチなのだろうか?
こんなとこ、とても歩けねーよ。


東北線の風景17

あまりにも寒いのですぐに駅に戻る


東北線の風景18

うん


東北線の風景19

すごい雪だった


東北線の風景20

正直、冬の東北をなめてました


東北線の風景21

この積雪量はやばいな


東北線の風景22

電車ってこれでも走るんですよ。
すごいですね。

仙台駅前3

仙台駅に戻る(敗走)
お土産(萩の月)を買う

さて、常磐線で東京に帰ろう。


続く
青春18きっぷの旅(冬) 仙台、松島 その1(電車の旅)
青春18きっぷの旅(冬) 仙台、松島 その2(松島)
青春18きっぷの旅(冬) 仙台、松島 その3(仙台)

日本の観光地一覧

PageTop
2010年冬のある日、青春18きっぷを使って、仙台、松島を旅行した。
青春18切符はJR全線の快速・普通列車が一日乗り放題の切符。
18という名称があるが、どの年齢の方でも使用可能。
5回分が11500円で、一日当たりに換算すると2300円と超お得な切符である。

東京から宮城県へは7~8時間くらいかかる。
仕方がないので1泊してきた。
また、旅行した時は天気が雪と最悪。
正直、冬の東北をなめていました。

行きは東北本線経由で仙台へ。
帰りは常磐線経由で東京へ。

行きのルート
宇都宮線(東北本線)で宇都宮
宇都宮~黒磯(東北本線)
黒磯~郡山(東北本線)
郡山~福島(東北本線)
福島~仙台(東北本線)

仙台には12時過ぎに到着。
7時間以上かかりました。

松島へは仙石線を使って松島海岸駅まで行く。


その1のあらすじ:仙台に到着
その2のあらすじ:松島観光


松島から仙台に向かう。

仙台

仙台駅1

東北最大の都。仙台に到着。


仙台1

仙台駅前


仙台2

雰囲気的に大宮に似てる気がした


仙台3

雨よけがある商店街。
雪が降ってる中を歩きたくないのでここに入る。


仙台4

確かに、雪が降りまくる地域には雨よけ(雪よけ?)は必須だな。


仙台5

こういう感じの道がずっと続いている。


仙台5

ホワイトクリスマス。
かなり暗いけど5時前なんだよね。

光のページェントが始まるのは5時30分から。
ちょっと、時間があるから牛タンを食べに行く。
天気が悪いせいか並ばずに入れた。

専門店の牛タンは駅弁のものと全く違った。
味はまあまあだった。
ただ、牛タンがかたかったことと、ちょっと焦げていたことが気になった。
また、注文してからすぐでてきたことも気になった。
おそらく、作り置きだろう。

牛タンを食べ終わった後に、光のページェントを見に行く。
ライトが点灯する直前のせいか、大量に人が集まっていた。


仙台6

これが光のページェント。


仙台7

ズームを使って撮影。


仙台8

結構、きれいでした。


仙台9

木にはいい感じに雪が積もっていました。


仙台10

光の道が続いている。


仙台11

フラッシュで撮影。


仙台13

さあ、帰るか。


仙台14

雪の町はなかなかよかった。
寒い以外は。


仙台15

ビルも映してみた。


仙台16

寒いから、そろそろ寝るか。

青春18きっぷの旅(冬) 仙台、松島 その1(電車の旅)
青春18きっぷの旅(冬) 仙台、松島 その2(松島)
青春18きっぷの旅(冬) 雪の中を走る列車~東北本線(仙台~一ノ関)

日本の観光地一覧

PageTop
2010年冬のある日、青春18きっぷを使って、仙台、松島を旅行した。
青春18切符はJR全線の快速・普通列車が一日乗り放題の切符。
18という名称があるが、どの年齢の方でも使用可能。
5回分が11500円で、一日当たりに換算すると2300円と超お得な切符である。

東京から宮城県へは7~8時間くらいかかる。
仕方がないので1泊してきた。
また、旅行した時は天気が雪と最悪。
正直、冬の東北をなめていました。

行きは東北本線経由で仙台へ。
帰りは常磐線経由で東京へ。

行きのルート
宇都宮線(東北本線)で宇都宮
宇都宮~黒磯(東北本線)
黒磯~郡山(東北本線)
郡山~福島(東北本線)
福島~仙台(東北本線)

仙台には12時過ぎに到着。
7時間以上かかりました。

松島へは仙石線を使って松島海岸駅まで行く。


その1のあらすじ:仙台に到着


仙台から松島へ


東北本線にも松島駅はあるが結構歩く必要がある。
仙石線の松島海岸駅なら、あまり歩く必要がない。
ということで、仙石線で松島へ向かう。

仙石線のホームは地下にあった。
どうやら、仙台付近は地下を走るらしい。


松島海岸駅


40分くらいで松島海岸駅へ到着。


松島


松島1

さみー。
とても観光できる天気ではない。
ただ、観光客はいました。


松島2

その辺で生ガキを食べる。
結構おいしかったな。


松島3

五大堂。
雪が積もってました。


松島4

日本三景の松島。


松島5

冬でも天気が良ければ大丈夫そうだな。

とりあえず、遊覧船に乗る。


松島6

餌に釣られて大量によってきました。


松島7

吹雪ってほどじゃないが、雪がひどい。


松島8

ああ、寒かった。
遊覧船を下車した後は仙台に向かう。

その3に続く。

青春18きっぷの旅(冬) 仙台、松島 その1(電車の旅)
青春18きっぷの旅(冬) 仙台、松島 その3(仙台)
青春18きっぷの旅(冬) 雪の中を走る列車~東北本線(仙台~一ノ関)

日本の観光地一覧

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。