赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
紅葉の名所と例年の見ごろを調べてみました。
おすすめは赤字で表記します。
(紅葉の見ごろは毎年変わるので、目安としてお使いください。)


北海道

・層雲峡    10月上旬~中旬
・旭岳      9月中旬~下旬

北東北

八甲田山  9月下旬~10月下旬
奥入瀬渓流  10月中旬~下旬
十和田湖    10月上旬~下旬
・白神山地    10月中旬~11月上旬
・城ヶ倉大橋   10月上旬~中旬
・川内川渓谷   10月下旬~11月上旬

八幡平   9月下旬~10月下旬
・小岩井農場  10月中旬~下旬
・田沢湖      10月中旬~下旬
・抱返り渓谷   10月中旬~11月下旬

・角館    10月中旬~下旬

・平泉
・中尊寺   10月上旬~下旬
・毛越寺   10月上旬~下旬
・厳美渓   10月上旬~下旬


南東北


鳴子峡

・最上峡
・山寺     10月中旬~11月上旬
・蔵王      9月下旬~10月下旬
・秋保大滝   10月下旬~11月上旬
・最上川    10月下旬~11月中旬

・五色沼    10月中旬~11月上旬
・浄土平    9月下旬~10月中旬
・中津川    10月中旬~11月上旬


信越

・秋山郷   10月中旬~11月中旬
・松川渓谷   10月上旬~11月上旬
・戸隠・鏡池   10月上旬~11月上旬
・越後湯沢  10月中旬~11月上旬
・弥彦 11月下旬~11月中旬
・奥只見湖   10月中旬~11月上旬

・上高地  10月上旬~下旬

立山ロープウェイ   10月上旬~中旬
室堂     9月下旬~10月上旬
・黒部峡谷   10月下旬~11月上旬


関東

・谷川岳    10月中旬~下旬

・奥軽井沢   10月上旬~下旬
・万座      10月上旬

・袋田の滝   10月下旬~11月中旬
・汐見滝吊橋   10月下旬~11月中旬

・養老渓谷   11月中旬~12月上旬

・長瀞   10月下旬~11月下旬

昇仙峡    10月中旬~11月下旬
・清里高原   10月下旬~11月中旬
・河口湖     10月下旬~11月中旬

日光     10月上旬~11月上旬
・鬼怒川 10月上旬~下旬
・塩原     10月上旬~下旬
・那須     10月中旬~11月中旬

・箱根湯本   11月中旬~12月上旬
・元箱根     11月上旬~下旬
・強羅      10月下旬~11月下旬
・仙石原(ススキ)  10月上旬~11月上旬


東海

・修善寺   11月中旬~12月上旬

香嵐渓   11月上旬~下旬
・白川郷   10月中旬~11月上旬
・寸又峡   11月上旬~下旬

関西

・東福寺     11月中旬~12月上旬
・光明寺     11月中旬~12月上旬

山陽・山陰

・天橋立  11月中旬~下旬

・大山   10月下旬~11月上旬

・秋吉台   11月上旬~下旬
・津和野   10月下旬~11月中旬

・錦帯橋   11月上旬~中旬

四国

・かずら橋    11月上旬~下旬
・奥祖谷     10月下旬~11月中旬
大歩危峡    11月中旬~12月上旬

・高知城   11月上旬~12月上旬

・面河渓   10月下旬~11月中旬
・松山城    10月下旬~11月上旬

・寒霞渓    11月上旬~12月上旬
・栗林公園   11月中旬~12月上旬
・金比羅宮   11月上旬~11月下旬


九州

・柳川    11月中旬~下旬
・太宰府   11月中旬~11月上旬

・武雄・御船山楽園   11月下旬~12月上旬

・似田峠   10月下旬~11月上旬
・ハウステンボス   11月中旬~下旬

・深邪馬渓  11月上旬~中旬
・湯布院    11月上旬~中旬

・菊池渓谷   11月上旬~中旬
・五家荘     10月下旬~11月中旬
・五木村     10月下旬~11月中旬
・通潤橋     10月下旬~11月中旬
・熊本城     11月中旬~12月下旬

高千穂峡   11月中旬~下旬
・えびの高原  10月下旬~11月中旬
・椎葉村     10月下旬~11月中旬

・霧島神宮   11月上旬~中旬



紅葉が見ごろかどうかは
紅葉特集2011
でチェックしてください。


スポンサーサイト
PageTop
2011年7月下旬、青春18きっぷを使って、山陽、九州を旅してきた。
(一部、ワープや飛行機を使ってます。)
今回は別府、湯布院、博多に関する記事です。
別府、湯布院は日本有数の温泉。
博多は大都市で、ショッピングや食事が楽しめます。

旅行の行程は以下の通り。
1日目(品川~大垣は「ムーンライトながら」という夜行列車を使いました。)
品川~大垣~米原~姫路
姫路~岡山(新幹線でワープ)~倉敷
倉敷~糸先~宮島口
宮島口~広島
広島~徳山~防府
2日目
防府~新山口
新山口~秋芳洞(バス)
秋芳洞~青海島(バス)
青海島~長門市(バス)
長門市~萩
萩~小串~下関~小倉~中津
3日目
中津~別府
別府~大分~由布院
由布院~福岡空港(バス)
福岡空港~天神など
博多~福岡空港
福岡空港~東京(羽田、飛行機)


話を始める前に九州に関する問題。
九州は沖縄を含めて8県しかないのになぜ九なのでしょうか?
この答えは次の図を見れば分かります。
(図を圧縮したら図が黒くなってしまった)

九州

この図は九州の旧国名の地図です。
旧国名の数は9。
そう、九州というのは昔は国が9つあったからです。
JR線の名前でも、日豊本線のように旧国名が使われていて面白い。

さて、本題に戻りましょう。

中津から別府へ

まずは中津から別府に向かいます。

日豊本線2

日豊本線で別府を目指します。

別府1

別府へ到着。
別府は、ご存知の通り、温泉が有名。
泉質は10種類。

ただ、すべての温泉に入る暇がなかったため駅近くの温泉に入るだけになってしまいました。

別府2

別府駅から大分駅に向かいます。
途中、別府の街並みが見えます。

ゆふ高原線1

別府の次は、大分からゆふ高原線で由布院に向かいます。

ところで、由布院と湯布院の違いについて調べてみました。
結論から言うと、由布院は旧地名、湯布院は新しい地名です。
昔は由布院だったのですが、昭和30年の由布院町と湯平村の合併に伴い、
湯布院町となったのです。

ゆふ高原線2
(ゆふ高原線の車窓)

由布院温泉の泉質は単純温泉。(要は無色透明な温泉です。)
ここは温泉の泉質を楽しむというより、
温泉からの雄大な景色や温泉街を楽しむといった感じです。

ゆふ高原線3
(ゆふ高原線の車窓)

大分駅から1時間くらいで由布院駅に到着。


由布院1

湯布院はアートな街で、おしゃれなものが結構売っている。
(ロールケーキとか。なぜかワンピースグッズの専門ショップがあった。
美術館なんかもある。箱根に近い感じ。)

金鱗湖

湯布院の温泉街を抜け、金鱗湖に到着。
思っていたより、浅い湖でした。


博多

由布院の次は高速バスで博多へ向かいます。
(ゆふ高原線は本数が少ないため、鈍行列車で博多に行くのはきつい。)
博多は、博多ラーメン、辛子明太子、屋台などが有名です。

博多ラーメンを食べた後、アニメイト、ゲマズ、虎の穴に寄り、
サブカルチャーが福岡にも広まっていることを確認し、飛行機で東京に帰りました。
(福岡空港は博多駅から5分くらいと、駅からかなり近かった。)



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。