赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
アメリカの代表的な株価指数であるS&P500が最高値を更新する一方、日本株は昨年の高値をいまだに抜けていません。日本株以外は1月後半の下落をほぼチャラにしています。


20140307.jpg
日本株が上昇しない理由はいくつか考えられますが、最大の理由はアベノミクスへの失望だと思われます。積極的な金融緩和により円安になりましたが、貿易収支は劇的に悪化しています。燃料の輸入増はもちろんのこと、輸出があまり増えていません(産業の空洞化、日本の商品の魅力の低下などが理由でしょう)。
第3の矢が大事となんども言われていますが、口だけで全く進んでいません。
外人は「アベノミクスすごそう」と思って日本株を買っていたのですが、改革が一向に進まないことで日本に失望しているようです。
消費税の引き上げもあるので、日銀の追加緩和や企業の収益向上といったニュースがない限り、積極的に上に向かうという展開にはならないと思います。各国のPERで比較すると、日本株が若干高いこともネガティブ要因です。



次に為替です。
為替①20140307
円は横ばい、豪ドルは上昇基調に転換、ユーロは再び勢いを取り戻し上昇しています。

日銀の緩和政策、貿易収支の赤字の定着、消費税の引き上げなど円安を促す材料がころがっています。経常赤字国への転落で円安が進むリスクがあるので、自分の身を守る意味でも外貨を保有したいところです。
豪ドル
2月に金融政策の声明から「豪ドルが高水準」という文言が削除されましたが、3月に復活しました。豪ドル高のけん制がなければ、高金利である豪ドルはもっと買われていると思います。適当なタイミングで買って放置し、金利収入を得る戦略がいいと思います。
ユーロ
高いから下落するはずと多くの人が思っているのですが、なかなか下落しません。また、追加緩和が遠のき、ユーロが下落しにくくなっています。この通貨が上昇し続けている理由は分かりません。デフレ懸念で実質金利が高くなってる?



為替②20140307
南アが復活しました。そこそこ安い価格で仕入れたおかげで、この通貨では儲かっています。放置でそこそこの金利収入を得ることができます。下がっている局面で放置か売却かいつも迷います。



為替③20140307
アルゼンチン問題は忘れ去られたのか、上昇傾向にあります。


為替④20140307
トルコも戻しています。アルゼンチンは一体なんだったのでしょうか?今度はウクライナですが、いつまで続くのでしょうか?半年前にあったシリアの話も忘れ去られているので、ウクライナも半年後には忘れ去られているでしょう。

スポンサーサイト
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。