赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
基本的に、為替の動きは物価・貿易収支(経常収支)・金利差の3つの要因と投資家のセンチメントで説明できます。為替分析では、金利差との比較がよく行われます。金利差と為替でチャートを作ると、金利差が結構効いていることが確認できます。


ドルは主要通貨に対して下落しています。米国の金利が上がらないので、米ドルがなかなか上昇しません。

currency20140410_4.jpg
昨年の12月頃と比べ、米国10年債利回りが低下してます。QE3が終了するのだから、本来利回りは上昇するはずですが、逆に下落しています。米国2年債利回りは、大きく上昇する場面もありましたが、早期利上げの慎重論が後退したことから戻しています。




currency20140410.jpg
米ドル安が進行しています。
一方で、堅調なのは、オーストラリアドル、ニュージーランドドルなどの高金利通貨です。
オーストラリアドルは追加緩和期待が後退しているため堅調に推移しています。オーストラリアの雇用統計もよい結果が出ています。
ニュージーランドドルは利上げにより堅調です。
ユーロは追加緩和懸念で下落する場面もありましが、米国の早期利上げ期待の後退で上昇しています。
ポンドは経済指標が良かった日に大きく上昇しました。

currency20140410_2.jpg
ドル安が進行しています。

currency20140410_3.jpg
全体的にドル安が進行しています。
韓国ウォンの上昇が目立ちます。


currency20140410_5.jpg
連動していると仮定して説明すると、最近の円高は金利差の縮小が理由です。米国の早期利上げ期待の後退、日本の追加緩和期待の後退が理由です。


currency20140410_6.jpg
最近では、10年債の金利差の方が効いているようです。

currency20140410_7.jpg
ユーロでも金利差はそこそこ効きます。説明できない部分もありますが、概ね連動しています。

currency20140410_8.jpg
オーストラリアドルでも金利差は効きます。スティーブン総裁が豪ドルが高すぎると表明してから効きが悪くなりましたが、また効き始めています。

スポンサーサイト
PageTop
2014年4月4日時点で、世界の株式市場・為替がどうであったかを簡単にまとめました。

world20140404_1.jpg
相変わらずS&P500が強いです。最近も過去最高値を更新しました。
日経平均は復活しつつあります。
ハンセンはシャドーバンキング問題などのせいで出遅れています。
DAXとFTSEで結構、差がついています。

world20140404_2.jpg
アメリカに近いせいか、カナダの株価は調子がいいです。
メキシコもアメリカに近いのですが、パットしません。
MSCIの基準でカナダが先進国のため、カナダ株の需要があるのかもしれません。
ブラジルはインフレなどの影響で株価は微妙でしたが、最近のリスクオンで株価が大きく上昇しています。

world20140404_3.jpg
オーストラリア、インドが強いです。(オーストラリアは配当が多いので、実際はもっといいはず。)
インドは過去最高値更新を繰り返しています。マクロ環境の改善が評価されています。
ロシアはウクライナ問題で暴落しましたが、反発してます。ただ、ウクライナ問題が発生する前の水準を回復してません。

基本的に先進国優位の状況が続いていますが、新興国を見直す動きも見られます。ただ、中国のシャドーバンキング問題の懸念があるので中国や中国の影響が大きい国は弱いです(チャンスでもある。)。
先進国はアメリカを中心に堅調に推移していますが、反動で暴落するリスクがあります。特に、過去最高値を更新しているアメリカには注意が必要です。売却を急ぐ必要はないと思いますが、積極的に買い進めるのは控えたほうがいいと思います。逆に、今までいまいちだった新興国にチャンスがあると思います。
日本株は特に注意が必要です。消費税8%と便乗値上げによるインフレで、国内経済が冷え込むリスクがあるからです。

world20140404_4.jpg
リスクオンが進んでいるため、新興国通貨を買う動きが出始めています。
最近では、豪ドル、ニュージーランドドルが堅調に推移しています。
ニュージランドドルは先進国の中で最初に利上げを行いました。利上げ期待と利上げの実施で堅調でしたが、足元では反動で下落しています。
豪ドルは利下げリスクが低くなったのに加え、豪ドル高のけん制もマイルドになったので、ここ最近堅調です。
一方、円はリスクオンで下落しています。
ユーロは一時1.4と高値をつけていましたが、緩和懸念が浮上したため下落しました。
ポンドは勢いが弱くなっています。

world20140404_5.jpg
南アが上昇しています。
カナダドルは下げ止まった感があります。


world20140404_6.jpg
インドネシアルピアがかなり戻しています。
インドも戻しています。

world20140404_7.jpg
米ドル円と2年債の金利差のチャートです。10年債なら意味があるかもしれません。


world20140404_8.jpg
短期金利差はフランス2年国債と米2年国債の利回り差で計算しています。昨年の10月頃まで、連動していました。金利差から見ると、ユーロは高いといえます。


world20140404_9.jpg
10月頃までそこそこ連動していました。10月以降は豪ドル高のけん制発言で豪ドルは低い水準で推移していました。

ユーロが高く、豪ドルが安かったのでEUR/AUDのショートが面白いポジションでした。しかし、EUR/AUDが結構下落してまったのでうまみが低下しています。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。