赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
公式問題集や模試などを徹底的に復習することで、600点台から900点台へ引き上げることができました。リスニングはシャドウイングなど、ナレーションのモノマネが有効です。リーディングは精読した文章を音読することが有効です。
ただ、正しい勉強法で英語を学習したとしても時間をかけなければTOEICの点数は上がりません。私は650点前後の点数から925点を獲得するまで、1年間かかっています。700点台の後半を獲得するまでに2~3カ月、800点台前半までが5~6カ月、800点台後半が7~9カ月。800点台の点数なら、600点台から半年程度で到達するのですが、800点台を900点台にあげるのは結構大変です。時間で考えると、
600点台→700点台 100~300時間
700点台→800点台 150~300時間
800点台→900点台 300~500時間

こんな感じです。これが正しいと仮定すると、600点台から900点台にあげるには550~1100時間かかることになります。1日2~4時間程度勉強すれば1年間で到達できますが、1日1時間程度では1年では到達できないことになります。
問題集に関してですが800点台までなら公式と文法を数冊やれば到達できると思います。しかし、900点台を目指す場合、公式だと簡単すぎてトレーニングになりません。TOEICのリスニングは遅いうえに、なまりも強くないので、ある程度以上のレベルに到達すると学習効率が低下します。リーディングも簡単な問題が多いので、物足りなくなります。800点台に到達した後は、本番より難しい「でる模試」などに取り組んだ方が効率的な勉強ができると思います。


3回法
①時間を測って解く、②時間無制限で解く、③徹底的に復習、④時間をあけてから解く、というステップで模試を3回解く3回法という学習法が有名です。一つの模試を3週間から4週間程度やりこむので時間はかかりますが、確実に英語力は向上します。

リスニングの復習法
①ディクテーション
・聞き取った文章を書きとる
②精読
・単語や文章の構造を確認。日本語訳をみて文章が正確に理解できているか確認。
③音読
・精読した文章を音読
④オーバーラッピング
・CDの音声に合わせて音読(スクリプトを見てよい)
⑤シャドウイング
・スクリプトを見ずにCDの音声を1~2秒遅れてモノマネ

自分が発音できない文章はノイズとして処理されるので聞きとることができません。CDの音声のモノマネなどにより発音できるようになれば聞き取れるようになります。しかし、意味が分からない文章を音読しても効果は小さいので精読した文章でオーバーラッピング等を行います。
CDの聞き流しで英語ができるようになるとの宣伝がありますが毎日1時間程度聞いてもほとんど効果がありません。聞き流しでは聞き取れない音をいつまでたっても聞きとることができないからです。聞き取れない音を認識し、音読等で自分で発音できるように訓練することで聞き取れるようになります。
ですから、ディクテーションで聞き取れない音を認識し、精読により文章を理解し、音読・オーバーラッピングシャドウイングでナチュラルスピードで正しく発音できるようにする、という勉強法が有効です。
全部やるのは大変なので、はじめのうちはPart3の文章をオーバーラッピングすることから始めるのがよいでしょう。最初のうちは少量のものを時間をかけてやるのがよいでしょう。

リーディングの復習法
文法・語彙
①精読
②音読
③10回くらい問題を解く(音読もした方がよい)
問題を何度も解くことで知識を定着させます。ただ、模試だけでは問題数が足りないので文法の問題集を買ってやりこむ必要があります。TOEICでは文法・語彙問題は52問以上あるので、文法・語彙を強化することでTOEICの点数を大きくあげることができます。

読解
①精読
②速音読
精読した文章を速音読することで素早く正確に文章を読めるようになります。音読を繰り返し行うことで時間内に解答することが可能になります。毎日、1時間程度の音読を続ければ英語の文章がすらすら読めるようになります。




おすすめ参考書・問題集


模試
勉強方法を究極の模試で身につけてから、公式問題集に取り組むのがよいでしょう。公式などが簡単に感じるようになったら、でる模試やゴールド模試などの難しい模試に取り組みましょう。公式にこだわる人は韓国の公式実践に取り組みましょう。
①公式問題集
公式なので質は高いです。ただし、値段が高く解説が不親切です。実はお隣の国、韓国には値段が安くて量が多い、公式実践という問題集があります。しかも、古いながらも過去問も出版されています。公式にこだわる人は、韓国の公式実践などを購入したほうが良いのかもしれません。
・Vol6

どうやら、韓国で発売されている問題集と同じ内容のようです。

・Vol5


最新ですが問題は簡単です。具体的にはリスニングの選択肢では言い換えがほとんどない、リーディングの文章量が少ないので公開テストより簡単です。この本だけ使って公開テストを受けると、とても難しく感じます。

・Vol4


公式問題集の中では一番難しいです。ただ、公開テストの方が難しいです。

・Vol3


Vol5より若干難しいですが簡単です。公開テストと比較して文章量が少ないです。

・Vol2、Vol1
最近の公開テストと比較して傾向がずれているので、やっていません。

②究極の模試


日本の模試の中では最良です。勉強方法や対話形式での問題の解説など、他の模試と一線を画します。予想得点は公開テストに近いです。公開テストの傾向に近いですが、TOEICではまずでない奇問があります。ひねりすぎている、あるいは時間内に根拠を探すことが困難な問題が何問かあります。3つ模試がありますが文章の量が異なります。TEST3は文章の量がかなり多いので、時間内に解答することは困難です。

③超リアル模試


問題はリアルですが、換算点が甘く公開テストより高く出ます。本のサイズが小さいのでPart7のダブルパッセージが読みにくいです。

④でる模試


韓国のハッカーズ2を和訳したものです。公開テストより難しく、予想得点も適当なので公開テストより点数が50~150点程度低く出ます。ただし、問題の完成度は非常に高いです。TOEICではパラフレーズ(言い換え)が答えになることがわりとあるのですが、この模試のパラフレーズは絶妙です。ナレーターがなまっていて速いので、リスニングはかなり難しいです。リーディングは公開テストより難しい気がしますが、難しい回の公開テストはこのくらいの難易度になります。難しいので学ぶことが多いです。

⑤ゴールド模試


韓国のイクフン語学院の黄金本の和訳です。難しい模試です。リスニングは公式よりスピードが速く、なまりが強いナレーターがいます。リーディングは文章量が非常に多く、時間内に解答することが非常に難しいです。模試5回分で2400円くらいなので、お得感はありますが解説が薄いです。解答の根拠となる文に色がついているだけで問題の解説が全くもない問題がほとんどです。リーディングの解説には問題がのっていないので、復習するためには問題本も必要となり、復習がしづらいです。ただ、問題の質自体は非常に高く、公開テストや公式問題集に出る問題と非常に似ています。

⑥韓国模試
公式実践(LC+RC1000、LC1000、RC1000)
公式問題集Vol5(韓国版)


韓国では公式問題集が充実しています。LC+RC1000は模試5回分、LC1000、RC1000はリスニング、リーディングが10回分と日本では考えられないくらい問題の量が多いです(しかも安い)。ただ、ハングル文字で書かれているので解説が読めません。答えだけしか分かりません。公式実践3冊、公式問題集を韓国の通販サイトから送料込みで8000円程度で購入できました。Amazonでも買えます。

文法・単語
①文法特急、文法特急2

非常に質が高い文法の問題集です。文法の強化には必須です。

②金のフレーズ

TOEICによくでる単語がずらりと並んでいます。フレーズなので覚えやすいです。

③千本ノック


問題の質が高い一方、解説が適当です。○○では意味が通りません、日ごろこからビジネス誌を読んでいる人には簡単に解けます、などのフレーズが満載です。


スポンサーサイト
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。