赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
各国市場のPBRとROEを比較してみました。基本的には、ROEが大きい国ほどPBRが高くなる関係があります。リスクフリーレートやリスクプレミアムにより適切なPBRは異なるので、先進国、アジアに分けて分析を行いました。データは「わたしのインデックス」のサイトに掲載されているデータを使いました。ROEはPBR÷PERとして計算しました。PBR、ROEは実績です。

①先進国のPBRとROE
先進国のPBRとROEをプロットしてながめてみると、ROEが大きいほどPBRが高い関係があることが分かります(残余利益モデルから説明可能です)。PBRでみると米国株が割高に見えるのですが、ROEの高さを考えると、高すぎるわけではないことが分かります。この図を見ると、日本のPBRが低い理由はROEが低いからということがすぐに分かります。
この図だけで判断すると、カナダが若干割高に見えます。実際、PERでみるとカナダは27.2と割高な水準にあることが分かります。
ところで、PBR=PER×ROEですから、このグラフの傾きになります。つまり、傾きが急なほどPERは高く、緩やかなほど小さくなります。
2014年3月末の日本のROEと2015年2月末のROEを比較するとROEの水準が高くなっています。また、世界各国のPBRの水準も高くなっているので、日本が買われすぎていると言えません。
2014年3月末時点ではドイツが若干割安に見えましたが、2015年2月末時点では割安感は薄れています。

developed_201502_2015031322483242d.jpg


developed_201403_201503132256446d9.jpg

②アジア各国のPBRとROE
アジア各国で比較すると、先進国ほどきれいにPBRとROEの関係が見えません。リスクプレミアムの違いや財務諸表の信憑度などが影響しているからだと思います。
インドネシア、フィリピン、インドが怖いですね。

asia_201502_20150313225646c60.jpg


asia_201403_201503132256450e5.jpg

スポンサーサイト
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。