赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
3話と4話は佳乃メインの話です。


第3話「こ え~whisper~」と第4話「は ね~plume~」の感想です。
ネタばれあり)

AIR 2 通常版 [DVD]
AIR 2 通常版 [DVD]

第3話「こ え~whisper~」


あらすじ

前回光っていた佳乃が正気に戻る。
その翌日、往人は佳乃と一緒にポテト(犬)を探す。

往人は空を飛んでいる女の子を探して旅をしていた。
観鈴の調子が悪くなる。
観鈴は空を飛ぶ夢を見ており、その夢はどんどん過去に遡っていた。
晴子と観鈴との間に何かがある。

佳乃が再びおかしくなる。


感想

観鈴は自分のことを印象薄いと言ってますが、俺は一発で覚えます。

佳乃とポテトを探すわけですが、この子は学校に行かないのでしょうか。
夕方の学校で往人を持つ観鈴がかわいそうで見てられなかった。

ポテトは学校の草むらにいました。
前回、往人が草むらで待ってろと言ったことが伏線になってました。
前回にそんな話があったこと自体忘れてました。


この話で往人の目的が明らかになり、晴子と観鈴は
ただの親子ではないという重要なことが明かされました。

今回佳乃パートが一気に進むのかと思っていたが、
全く進まず肩すかしを食った。
尺が短いから、全ヒロインのエピソードを並行して行い、
伏線を張ってるんだと思います。




第4話「は ね~plume~」


佳乃編の最後。わずか2話で終了しました。

あらすじ

おかしくなった佳乃が往人の首をしめる。
その後、聖が佳乃の過去を語る。
佳乃は死んだ母親が空の上にいると思っていた。
佳乃は神社にあった羽根に触れてから、
ときどき人が変わるようになった。

観鈴は夢の中をどんどん遡っていた。

佳乃が空に行くと書き置きしていなくなる。
往人たちは神社で倒れていた彼女を見つける。
往人は法術を使い、彼女を助けようとする。
そして、彼女に取りついていたものが過去を語りだす。


感想

佳乃編の最後・・・のはずだが、
他のヒロインたちの物語も同時並行で進んでいく。
美凪と親との間に何かがあることが分かる。


佳乃は最初死ぬつもりだったと思ったけど、
よく見ると手首に巻いたバンダナを外してますね。
バンダナをつけてから、ある期間経過すると魔法が使えることを
信じてたから、魔法を使って空に行こうとしたんですね。


過去の回想シーンがはじまり、回想の母親が空からふってきた羽根を拾う。
まもなく、夫は戦争で死に、兵士が羽根を拾ったものを探しに来る。
母親とその娘?は兵士から逃げ、他の村にかくまってもらうが、
その村で疫病が発生する。村人は娘がわざわいを持ち込んだとして
殺そうとする。母親が娘の身代わりなる。

この親子の関係は佳乃と佳乃の母親にそっくりです。
佳乃の母親は佳乃を生んですぐに他界している。
これは娘に生を与えるために自分が犠牲になったようにも見え、
母親が娘を守った形である。
だからこそ、佳乃が羽根を手にしたとき、共鳴したのでしょう。

佳乃が佳乃の母親に会えたのは、過去の世界に出てきた母親と
羽根の力によるものでしょう。
自分の娘のように見えて力を貸したのかな。
このシーンは空にいくこととまったく同じです。
佳乃が空に行きたい理由は母親に会うためだから。

佳乃に乗り移った人は、ひどい奴だとはじめ思ったけれど、
似た境遇に共感し、佳乃の心の傷を癒してくれたので印象が変わった。

最後にバンダナが空に向かっていくシーンはきれいだった。


往人が以前首を絞められたのは、回想の母親が
子供の首を絞めようとしたからですね。


(余談)
風船で空を飛んで行った人が本当にいます。




おわりに

この巻では、ヒロインとその母親との関係が何度も描写されました。
ヒロインたちは母親のことを気にしている。
今回は往人との恋愛話はほとんどありません。
そこが、他の恋愛ゲームと一線を画すところで、
AIRの持ち味だと思います。



アニメAIR レビュー
AIR(アニメ)第1話と第2話の感想
次回 AIR(アニメ)第5話と第6話の感想

AIR(アニメ)一覧

アニメ(感想)一覧
関連記事
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。