赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
批判的な内容であるのでご注意ください。

レビュー

ジャンルは、推理、ファンタジー。原作は、「ひぐらしのなく頃に」を手掛けた竜騎士先生による同人ゲーム。

内容は、祖父が残した碑文に見立てて起きる連続殺人事件に主人公が挑むというもの。2クール全て、同じ事件に挑むというわけではなく、異なる4つの事件に挑む。各事件は全く異なるというわけではなく、全て同じ舞台で登場人物の設定も同じである連続殺人事件である。異なる点は、殺される順番、死体の状況が各事件ごとに異なるところ。

このアニメでは、一連の連続殺人事件を魔女ではなく人間がやったと説明することが目的となる。このアニメでは魔女が登場し、連続殺人事件を主人公に魔女の仕業だと認めさせようとする。主人公が負けを認めると、登場人物たちは永久に孤島に閉じ込められるというファンタジーの面がある。主人公に魔女を認めさせるという問題の性質上、問題は極めて難しいうえに、魔女の仕業だと錯覚させる演出も多い。

また、主人公は非常に無能である。(もしかしたら、毛利小五郎よりもひどいかもしれない。)そのため、主人公は基本的に屁理屈ばかり言いまともに推理しようとしない。したがって、謎を解くことは視聴者自身に委ねられており、積極的に考えることが求められる。

当然のことながら、原作よりも情報量が圧倒的に少ない。確かに、アニメの情報は最小限なのだが、視聴者を騙そうとするノイズも少ないので、ミスリードに引っかかることも少なくなるというメリットもある。


「うみねこ」のアニメ化について


「うみねこのなく頃に」はアニメ化が不可能な作品だと言われていた。「うみねこ」は「ひぐらし」よりも、はるかにミステリー色が強い。前作よりも推理小説にかなり近くなっている。登場人物の会話も重要で伏線が張られている会話もあり、カットが難しい。

「うみねこ」は一つの話がずっと続くわけではなく、「ひぐらし」の「~編」と同様に「ep1」、「ep2」で違う話が展開されます。そして、ep2からテキストでなければ表現が難しいシーンが登場します。(これをどうアニメで表現するかが話題になりました。)しかも後半になるにつれて、テキストを読むことがメインとなります。テキスト一つ一つは簡単に理解できるものではありません。文字の速度をコントロールできるゲームだから理解できる内容です。(それでも、きちんと理解するのは大変です。)特にep3、ep4の終盤ではテキストラッシュです。これでもかって言うくらいでてきます。コナン君や金田一の推理を永遠と聞いているようなものです。つまり、テキストを永遠と読むことが前提に作られているため、アニメ化は不可能だと言われていたのです。


どのアニメ制作会社が担当しようが2クールという限られた尺の中で原作を再現するのは不可能です。(原作の各epのプレイ時間を10時間としても、ep4つで2400分。アニメの1話を25分としても、26話で650分しかない。しかも、実際の原作のプレイ時間はこれより多いのが普通です。)


だからアニメがうまくいかなかったのも仕方がないことである。むしろ、結構頑張っていた方だと思う。(いくつかのシーンは良かったと思う。各epの序盤は良い。が、後半尺がなくなってシーンをほとんどカットというのはやめてほしかった。特に26話)また、原作の熱さを表現してほしかった。



片翼の鳥 TVアニメーション「うみねこのなく頃に」OPテーマ
片翼の鳥 TVアニメーション「うみねこのなく頃に」OPテーマ
志方あきこさんが歌う曲。
壮大な曲で、はじめ聞いた時は鳥肌が立ちました。


原作

原作も全てが面白いというわけではないんだけど、ep1、ep3、ep4の終盤はよくできていて面白いです。原作は安いので、プレイすることをおすすめします。原作の入手方法はこちら


ストーリー

舞台は、伊豆諸島にある六軒島。
大富豪右代宮家は毎年10月に親族会議を行い、
お互いの近況を報告しあう。

当主金蔵は余命3カ月と診断を受け、死期が迫っていた。
1986年10月4日、金に困った親族たちは遺産の
話し合いをしに六軒島に上陸する。

そんなこの島で人が次々と死んでいく。
彼らは六軒島の館に伝わる碑文と
同じ状況で死んでいた。




キャストやスタッフなど


公式ホームページ


放送期間:2009年7月 - 12月
話数:全26話


キャスト

子供組

右代宮戦人(うしろみや ばとら。主人公。次男一家):小野大輔
右代宮朱志香 (ジェシカ。活発。長男一家):井上麻里奈
右代宮真里亞 (マリア。まだ小さい。次女一家):堀江由衣
右代宮譲治 (じょうじ。丸眼鏡。長女一家):鈴村健一
紗音 (シャノン。右代宮家の使用人。ドジっ子): 釘宮理恵
嘉音 (カノン。同じく使用人。性格は暗め):小林ゆう



大人組

当主
右代宮金蔵 (金蔵。没落した家を復興させた超人):麦人

長男一家
右代宮蔵臼 (クラウス):小杉十郎太
右代宮夏妃 (なつひ):篠原恵美

長女一家
右代宮絵羽 (えば):伊藤美紀
右代宮秀吉 (ひでよし): 広瀬正志

次男一家
右代宮留弗夫 (るどるふ):小山力也
右代宮霧江 (きりえ):田中敦子
右代宮楼座 (ろーざ):小清水亜美

使用人など
源次 (源次。金蔵の側近):船木真人
郷田 (ごうだ。シェフ):上別府仁資
熊沢 (くまざわ。昔からいる使用人):羽鳥靖子
南條 (南条。金蔵の主治医):石住昭彦


スタッフ
原作:竜騎士07 / 07th Expansion「うみねこのなく頃に」(同人ゲーム)
監督 :今千秋
シリーズ構成:川瀬敏文
アニメーション制作:Studio DEEN



OP「片翼の鳥」
歌:志方あきこ


ED「la divina tragedia ~魔曲~」
歌・作詞・作曲:じまんぐ


聖地
不明


各話リスト
ep1
第1話「episode I-I opening」
第2話「episode I-II first move」
第3話「episode I-III dubious move」
第4話「episode I-IV blunder」
第5話「episode I-V fool's mate」


ep2
第6話「episode II-I middle game」
第7話「episode II-II early queen move」
第8話「episode II-III weak square」
第9話「episode II-IV skewer」
第10話「episode II-V accept」
第11話「episode II-VI back rank mate」


ep3
第12話「episode III-I castling」
第13話「episode III-II gambit」
第14話「episode III-III positional play」
第15話「episode III-IV isolated pawn」
第16話「episode III-V queening square」
第17話「episode III-VI promotion」
第18話「episode III-VII swindles」


ep4
第19話「episode IV-I end game」
第20話「episode IV-II zugzwang」
第21話「episode IV-III prophylaxis」
第22話「episode IV-IV problem child」
第23話「episode IV-V breakthrough」
第24話「episode IV-VI adjourn」
第25話「episode IV-VII forced move」
第26話「episode IV-VIII sacrifice」





アニメ(感想) 一覧

うみねこのなく頃に(原作)考察と推理
関連記事
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。