赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
第5話と第6話は美凪とみちるがメインの話。
のはずだが、観鈴パートも同時進行する。

第5話「つばさ~wing~」と第6話「ほ し~star~」の感想です。
ネタばれあり)


AIR 3 通常版 [DVD]
AIR 3 通常版 [DVD]


第5話「つばさ~wing~」



あらすじ

晴子は、観鈴は人と仲良くなると発作がでると告げ、
往人は神尾家を出る。

昔、美凪はお父さん子で母親は寂しい思いをしており、
次女、みちるの誕生を楽しみにしていたが流産した。
母はそれから美凪をみちると思い始める。
しかし、母は流産の夢を見て現実を受け入れた。
そして、美凪は「あなたは誰?」と言われショックを受ける。


感想


美凪がメインのはずだが、観鈴編が着々と進行していく。
観鈴があまりも不憫で見ていられない。
晴子も実の子でないうえに、いやいや引き取ったという過去があるため、
観鈴と距離を置いていた。
アニメでこんなに深いテーマを見せられるとは。


美凪もかわいそ過ぎます。
母親との関係を維持するために「みちる」を演じてたのに、
その母親に「あんた誰?」と言われるなんて。
今まで嘘をついてきた罰が当たったにしても、ひどすぎる。




あらすじ

美凪の母親が美凪のことを思い出す。
そして、みちるに異変が起こる。


感想


あんな前回があったのに、美凪の母親がもう美凪を思い出すとは。
1クールだから仕方がないけど。


みちるの話から、空に飛んでいる女の子が見ている夢が
観鈴なんだと分かります。観鈴が空を飛んでいる夢を見るのはそのためか。
ここに存在する「みちる」は羽根の力によって具現化した夢ということかな。
美凪と母親が夢から覚めたから、みちるは消えてしまうのか。
星で消えてしまうのは、美凪が父からもらった星の砂のせいか。

美凪がみちるに別れを告げるシーンは、
BGMと夕日で感動が深くなりました。
音楽と映像の共演の相乗効果に改めて感心しました。


最後に出てくる、みちるは姿は同じだけど以前の「みちる」とは
違うと思う。双子でも環境が違えば、全く違う人間になる。
美凪の父の子供は違う環境で育ったため、それは違う人。


いい話だなと思っていたら、観鈴が倒れまた不幸のどん底に。
すごいアニメだな。


おわりに

このアニメの背景はかなり凝っていて感心する。
ただ尺が足りないのか、わかりづらい描写が多い。
しかし、一話一話の密度が濃くてよいと思う。

内容は結構難しいね。
一回見るだけでは完全に内容が把握できない。
そこがいいところでは、あるんだけど。


3話、4話に引き続き親子関係に焦点をあてられた話でした。




次回 AIR(アニメ)第7話と第8話の感想
前回 AIR(アニメ)第3話と第4話の感想
AIR(アニメ)のレビュー


アニメ(レビュー、感想)一覧
関連記事
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。