赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
最初に思ってたより面白かった。
原作は未読。
このアニメ、黒子の声のせいか超電磁砲に似てる気がします。

オオカミさんと七人の仲間たち(アニメ)
第1話「おおかみさんと御伽銀行の仲間たち」の感想です。


オオカミさんと七人の仲間たち (電撃文庫)
オオカミさんと七人の仲間たち (電撃文庫)

アニメの大神さんは「御坂美琴」に似てると思いました。
ただ、原作の表紙の大神さんはそんなに似てませんね。

感想


このアニメ、超電磁砲に似てると思いました。
(何度も言われてるかもしれませんが)
キャストを調べてみると、
「白井黒子」、「初春飾利」、「佐天涙子」役の声優さんがいました。
アニメ制作会社も超電磁砲を作った会社。
メインキャラクターの大神さんは目つきの悪い「御坂美琴」、
赤井さんは「月詠小萌」に似てました。
ここまで似てるということは、スタッフは超電磁砲を意識してますね。


Bパートから出てくるテニス部員、王子様は
テニスの王子様に出てくる河村に似ています。
名前といい、ユニフォームといい完全にパクリです。


ナレーションの声は第三者の視点(神様視点)を導入するためだと
思います。この手法は視聴者にわかりやすくていいね。

ナレーターの声がテレビ番組の司会のようなところが面白かった。
(テニスの王子様のところや入浴シーン)
ナレーターを使った作品には
「ハヤテのごとく」や「ラッキーマン」などがあります。
ライトノベルでナレーターを導入するのは面白い。


「御伽銀行」という名前はなかなか面白いですね。
御伽はおとぎ話を、銀行は「カリを貸して」、
必要な時に「借りを返させる」という意味を表すようです。


おわりに


俺が思っていたより面白かった。
このアニメの一番の特徴はナレーターという神様です。
一人でテレビを見ていると他人と考えを共有できず、
笑いどころやポイントが分かりづいという難点があります。
テレビ番組の司会や解説者はそういう役割をしています。
(ニコニコがはやる要因の一つはたぶんこれ)

来週どうなるかが楽しみです。



キャストやスタッフなど

公式サイト


キャスト

大神涼子(おおかみ りょうこ): 伊藤 静(支倉令、桂ヒナギク、森島はるか)
赤井林檎(あかい りんご): 伊藤かな恵(レールガンの佐天涙子)


森野亮士(もりの りょうし):入野自由(千と千尋のハク)


桐木リスト(きりき りすと):野島裕史(とらドラ!の北村祐作)
桐木アリス(きりき ありす): 堀江由衣(月宮あゆ、櫛枝実乃梨、羽川翼)


鶴ヶ谷おつう(つるがや おつう):川澄綾子(吉田一美、セイバー、野田恵)
浦島太郎(うらしま たろう):浅沼晋太郎(みなみけのタケル、クロウ)
竜宮乙姫(りゅうぐう おとひめ):豊崎愛生(平沢唯、初春飾利)
マジョーリカ・ル・フェイ:こやまきみこ(仙童紫、レールガンの月詠小萌)


ナレーション:新井里美(白井黒子)

スタッフ
原  作: 沖田 雅
(「オオカミさんシリーズ」、電撃文庫、ライトノベル、ラブコメ)
監  督: 岩崎良明
シリーズ構成: 伊藤美智子
キャラクター原案: うなじ
キャラクターデザイン、総作画監督:飯塚晴子
美術監督: 丹伊田輝彦
音響監督: 明田川仁
音  楽: 大橋恵
アニメーション制作:J.C.STAFF
(灼眼のシャナ、ゼロの使い魔、禁書目録、超電磁砲、とらドラ!)




OP「Ready Go!」 
作詞: 中嶋ユキノ
作曲、編曲:本間昭光
歌: May'n


ED「赤頭巾ちゃんご用心」
作詞:杉山政美
作曲:都倉俊一
編曲:深澤秀行
歌: OToGi8




次回 第2話「うそつきおおかみさんと亮士くん」の感想
オオカミさんと七人の仲間たち(アニメ) 一覧
アニメ(レビュー、感想)一覧
関連記事
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。