赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
久しぶりに見たが、「月宮あゆ」はやっぱりかわいかった。


第1話「白銀の序曲~overture~」
第2話「雪の中の入祭唱~introit~」
第3話「記憶のない組曲~partita~」の感想。


Kanon 1 [DVD]
Kanon 1 [DVD]

第1話「白銀の序曲~overture~」の感想

あらすじ

高校2年の祐一は家庭の事情で叔母の家に居候することになる。
祐一がこの雪の街に訪れたのは7年ぶりだった。
この街で、祐一はいろんな女の子と出会う。

感想

始めの方は正直、退屈だったが「月宮あゆ」との出会いはよかった。
あゆの「うぐぅ」というセリフはツボにはまりました。
容姿が可愛いだけじゃなく、明るくて活動的なところが好きです。
あゆを見ていると元気になります。

主人公、祐一はハルヒに出てきたキョンに似てる気がします。
1話から伏線をいっぱい張ってました。
過去と現在がつながっているのが面白かった。



第2話「雪の中の入祭唱~introit~」の感想

あらすじ

学校が始まり、祐一が登校する。

感想

アバンがネタばれすぎる気がする。
ギャルゲの主人公らしく、女の子と出会っていく。
不思議なくらい男がでてきません。
(AIRよりはいるが)
ついにヒロインが全員登場しました。




第3話「記憶のない組曲~partita~」の感想

あらすじ

身元不明の女の子と一緒に暮らすことになる。

感想

真琴って、あゆとキャラがかぶってるんだよね。
あゆが「うぐぅ」、真琴が「あうー」。
まあ、真琴の方が活発的ですが。

このアニメは不思議な子ばかりでてきます。
女の子はあの格好で寒くないのかな。

まだ伏線を張っている段階ですね。



次回 Kanon(京都アニメーション版)第4話~第6話の感想
Kanon(京都アニメーション版)レビュー、感想 一覧
アニメ(感想、レビュー)一覧
関連記事
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。