赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
ついに真琴ルートに突入する。
7話~9話は真琴がメインです。
真琴編は感動的な話です。

第7話「家出と仔猫の遁走曲~fuga~」
第8話「追憶の幻想曲~fantasia~」
第9話「子狐の子守歌~berceuse~」の感想です。


Kanon 3 [DVD]
Kanon 3 [DVD]

第7話「家出と仔猫の遁走曲~fuga~」の感想

あらすじ

真琴のエピソードが本格的に始まる。

感想

ついに真琴編に突入する。
ここまで長かった。
6話まであった、あゆとの回想がなくなってしまいました。

真琴が「ペットはいらくなったらポイ」といってました。
真琴の人生がそのようなものであったことを感じさせます。

ネコと同様、居場所がなかった真琴が
家族になったシーンはよかった。


ようやく、話が始動したって感じです。



第8話「追憶の幻想曲~fantasia~」の感想

あらすじ

真琴のことが徐々に分かってくる。

感想

真琴と祐一が家族のように仲良くなってきたのに、
真琴の調子が悪くなってくるとは。
さすが、鍵。

前回から、急に感動的な話になってきました。
鍵の本気を見ました。



第9話「子狐の子守歌~berceuse~」の感想

あらすじ

真琴がどんどん弱っていく。

感想

素晴らしい話だった。
祐一に会うために、姿を変えた真琴がどんどん弱っていく。
それを防ごうとするが、
どうすることもできない祐一に感情移入してしまい、涙が出てきました。
唯一できることは、一緒にいてやることだけ。
これは悲しすぎます。




次回 Kanon第10話~第12話の感想
前回 Kanon第4話~第6話の感想
Kanon(京都アニメーション版)レビュー、感想 一覧
アニメ(感想、レビュー)一覧
関連記事
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。