赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
今まで、全く目立っていなかった「ことみ」が活躍する。


第10話「天才少女の挑戦」
第11話「放課後の狂想曲」
第12話「かくされた世界」の感想です。


CLANNAD 4 (初回限定版) [DVD]
CLANNAD 4 (初回限定版) [DVD]

第10話「天才少女の挑戦」の感想

あらすじ

ことみを演劇部に誘う。

感想

ことみが岡崎の後ろに隠れるところは風子にそっくりです。
ただ、ことみは風子とかなり背丈が違うな。
ことみは、ずいぶん大きく見えます。
風子が小さいだけかな。

ことみと渚の会話はエンドレス。
突っ込みがないから、終わりが見えません。

ことみの人見知りは酷すぎるな。
風子以上だ。

杏と椋で性格の違いが出ましたね。
ただ、椋の方がひどいことしましたね。
(あれは天然だから責められない。)
椋は岡崎のことが好きみたいですね。

熊の姿の智代は全くしゃべりませんでした。
声優さんがいなかったのか、伏線や演出なのかは分かりません。

ことみのバイオリンは、しずかちゃんレベルでした。
OPでバイオリンひいているのに。

予告は前回、同様遊んでました。



第11話「放課後の狂想曲」の感想

あらすじ

ことみがバイオリンの発表会をすることになる。

感想

ことみにバイオリンを与えることは、
ジャイアンにマイクを与えることと同じだな。

ことみの突っ込みレベルはやばいな。
ことみはマイペースってレベルじゃない。

彼女は呪文を唱えていました。
リアルであんなこと言ったら引かれること間違いなし。

ことみ、渚、椋は似た者同士でいいトリオだな。

岡崎の夢はカオスすぎます。

バイオリン発表会の光景、何か別のアニメで見た気がします。
来てる連中の動機もジャイアンリサイタルに来たやつらと同じです。
ことみの演奏はまさにジャイアンリサイタルでした。

最後にまた不穏な空気が。



第12話「かくされた世界」の感想

あらすじ

ことみ編も中盤。突如、転機が訪れる。

感想

ことみのギャグレベルたけー。

杏はほんと人を誘うのうめーな。
この子はデレルことはあるのか。

ここで、まさかの風子。
すでにギャグキャラになり果ててました。
ただ、この子はやっぱりテンションが高い。
渚、椋、ことみだとおっとりしすぎているので、
こういう元気があるキャラは貴重ですね。


Bパートから、再び話が重くなる。
主人公はかつて会っていたという、
王道設定で攻めてきました。



次回 CLANNAD(アニメ1期)第13話~第15話の感想
前回 CLANNAD(アニメ1期)第7話~第9話の感想
CLANNAD(アニメ1期)のレビュー、感想 一覧
アニメ(感想、レビュー)一覧
関連記事
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。