赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
22話は最終回。
もうひとつの世界「智代編」は、
もし智代と付き合っていたらというifの世界。


第22話(最終回)「影二つ」
番外編「夏休みの出来事」
もうひとつの世界「智代編」の感想です。

CLANNAD 8 (通常版) [DVD]
CLANNAD 8 (通常版) [DVD]

第22話(最終回)「影二つ」の感想

あらすじ

学園祭の演劇が始まる。

感想

とうとう終わりました。

演劇が始まる前、父の夢をつぶしたことに罪悪感を
感じ渚は泣いてしまいました。
親の夢をつぶしたのだから気落ちするのは当然ですね。

渚の親父が渚を立ち直らせた言葉がいいですね。
親父、早苗さんだけでなく、岡崎も自分が叶えられなかった夢を
渚に叶えてもらおうとしてたんですね。
現実の世界でも、よくありますね。
自分ひとりがただ存在するのではなく、
親と子がつながっていることを感じました。


幻想物語は不思議な話でした。


最後の岡崎の告白は結構いまさら感がありますね。
(よかったけど。)
一つ気になったのが、
岡崎には親のようになりたくないという思いがあったこと。
だから、恋人をつくろうなんて思わなかった。
にも関わらず、渚に告白したということは彼の中で
何かが大きく変わったのでしょうか。


続きはCLANNAD ~AFTER STORY~で。



番外編「夏休みの出来事」の感想

あらすじ

夏休みに入り、春原の妹、芽衣が遊びに来る。

感想

岡崎と渚の恋愛の補完でしたね。
彼ららしい恋でした。

芽衣の台本通りに行動し、無理している渚は可愛かった。



もうひとつの世界「智代編」の感想

あらすじ

もし岡崎が智代と付き合っていたら、どうなったかというifの世界の話。

感想

岡崎と智代は元々似た人間だったが、智代が生徒会長になったことを
きっかけに岡崎とは違う世界の人間になってしまう。

智代と岡崎の二人が納得しても、周りがそれを許さない。
周りからみると岡崎は智代のお荷物でしかない。
岡崎自身もそれを自覚している。
それで、岡崎は別れを告げる。
地位や名誉が恋愛の邪魔をする。

今回の話の最後で、
智代は地位や名誉よりも岡崎と一緒にいることを選んだ。
これは感動的だった。高校生の純愛って美しいですね。
俺だったら、どっちを選ぶかをしばらく考え込んでしまいました。
こういう究極の選択肢が
「あのとき、あっちを選んでいたら人生は全く変わっていたのに。」
という思いを生み出すんですね。
自分が選んだ道を後悔したくないですね。
まあ、こういう後悔も人生の醍醐味の一つなんだけど。


この話はよく出来ていたと思います。



前回 CLANNAD(アニメ1期)第19話~第21話
CLANNAD(アニメ1期)のレビュー、感想 一覧
アニメ(感想、レビュー)一覧
関連記事
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。