赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop


1.コミックマーケット(コミケ)って何なの?

国内で最大の同人誌即売会のことです。
同人誌と言うのは企業ではなく、ファンが作成した漫画や本のことです。
一方で、企業が発行している漫画や本は商業誌と言います。
同人誌は商業誌に比べて高いですが、
商業誌では決して見られない面白さがあります。
同人誌には、設定がはっきりしないアニメの補完という役割もあります。

同人誌以外にも、同人ゲーム、同人グッズなどがあります。
また、アニメイトなどの企業が限定グッズを販売しています。

扱っているジャンルは全てです。
ほとんどの漫画、アニメ、ゲームの同人ものが見られます。
(例えば、ワンピースなどのジャンプ系、ハルヒ、ガンダムなど)
また、鉄道、評論(あらゆるものに対するレビュー。
例えば、飲食物、博物館、声優)、芸能などのジャンルもあります。
要するに、普通の人が思い浮かべるほとんどのものがあります。

またコスプレも見ることが可能です。
会場が広いうえに様々なキャラのコスプレが見られるので大変面白いです。
写真撮影も可能です。コスプレを見るために行くというのも十分ありです。

ただし、18禁のものを平然と売っていることもあるので注意が必要です。
(もちろん、一般向けのものも多いです。むしろ、一般向けの方が多い。)
そのうち対処されるかもしれません。

2.いつ、どこでやるの?交通機関は?

毎年の8月の中旬と12月の終わりに三日間、
東京ビッグサイト
で開催されます。
東京ビッグサイトはお台場があるエリアと同じところにあります。
お台場は島みたいな感じで、アクセスが悪いです。
主な交通手段はこんなところ。

電車
・りんかい線
・ゆりかもめ
バス
・都営バス・・・東京駅や浜松町駅から、ビッグサイト
・空港バス・・・羽田空港、成田空港から
・水上バス・・・浜松町駅から徒歩10分の日の出桟橋から

一番輸送力が高いのはりんかい線。
普通の人はりんかい線で来ることになります。
りんかい線は料金が高いですが、
他の交通機関は使いづらいので仕方ありません。
コミケ内で使う金額に比べれば少額だから、許容範囲内でしょう。

タクシーは基本的にNGのようです。

3.どれくらい混むの?

まずはこの画像をご覧下さい。

C77
C77 2日目 7時前(開場3時間以上前)

これを見て分かる通り、人の数はものすごい多いです。
人が少ない日で15万人くらい、多い時は20万人程度のようです。
一旦、中に入ってしまえば、人口密度はそれほど高くないです。

基本的に大混雑で、どのエリアも大きな駅の構内よりも混んでいます。
また、比較的人が多いエリアと少ないエリアに分かれています。
人気が高いジャンルに人が集中する傾向にあります。
人気ジャンルがあるエリアの人口密度は満員電車の一歩手前くらいです。
当然自分が行きたい方向に行けないことが多々あります。
人の流れに乗って移動するという移動手段をとる必要があります。

ただし、人が少ないところもあり、そこは比較的自由に移動できます。
混んでいるジャンルに行くときは覚悟が必要です。

夏の方が冬より人が多いです。(3~4万人違うかな)
(理由は、夏休み、年末で忙しいなど)
したがって、冬の方が楽です。(それでも人は多いが。)

C78の2日目(2010年8月14日土曜)は大混雑が予想されます。
(人気ジャンルがあるため。)
また「東京湾大華火祭」という大きな花火大会も開催され
交通機関に大きな影響がでるようです。

コミケに来るなら、それなりの覚悟が必要ということです。

4.どんな人が来るの?(実はリア充も来ます。)
様々な人が来ます。
年齢で言うと若い人が多めで、
特に10代後半から25くらいの人が多いです。
また最近のコミケでは低年齢化が進み、中学生も多くいます。
(なんと小学生もいます。(人数は少ないですが))
若くない人もいますが、高校生や大学生が最も多いです。

男女比率は日によって違います。(意外に女性も多いです。)
1日目、2日目は女性の方が多く、3日目は男性が多いです。
ただし、ジャンルによって比率は異なり、
ほとんど男性しかいないジャンルもあれば、
逆に女性ばかりのジャンルもあります。

来ている人はオタクばかりというわけではありません。
その理由は↓のような感じです。
ちょっと前に「電車男」というドラマが放送されました。
また一昔前にメイド喫茶もマスコミによって取り上げられました。
そのため、一般の人もオタクの文化を知るようになり(誤ったもの)、
秋葉原にも物見遊山目的で観光に来る人が多くなりました。
実際、メイド喫茶に来ている人の多くは一般人で、オタクは少ないようです。
同様に、コミックマーケットにも物見遊山で来る一般人が大幅に増えました。
(要するに、観光地になっています。)
そのため、オタク文化を全く知らない人も結構います。
(マナーも知らない人も多いです。)
意外にも、マスコミが報道する典型的なオタクは少ないです。
(しかし、3日目はそういうオタクが多いです。)

ここ最近、マナーの悪い人が増えています。
初めていく人はカタログの注意事項を熟読の上、参加するようにしましょう。

5.何時頃に来ればいいの?

正直、何時に来ればいいか俺にも分かりません。
というのも、来る日によって入場できる時刻が違うからです。
開場時刻(10時)に来て、あまり並ばずに入場できることもあれば、
何時間も待たされることもあります。

例えば、2009年の夏に開催されたC76の2日目では
12時に着いたにも関わらず、炎天下の中、1時間以上並ばされ、
13時過ぎにようやく入場することが出来ました。
(この日は異例だったようです。)
かと思えば、10時過ぎ(開場時刻あたり)に行って
10時40分くらいに入れたこともあります。

どうしても、欲しいものがあれば始発で(徹夜は禁止です。)、
1時間くらい並びたければ10時ごろ、
すぐに入りたいなら12時ごろといったところでしょうか。

ただし、始発組より遅く着いたにも関わらず、
10時前に入場している人(サークル参加者)が何万人もおり、
開場前から長蛇の列をつくっています。
したがって、始発で並ぼうが買えないこともあります。
よく分からない初心者の方は10時ごろで十分だと思います。
(それでも並びますが。)

東方がある日は大混雑で、入場にも時間がかかります。
2010年の夏コミ(C78)では、東方は2日目なので十分注意しましょう。


6.何を持っていけばいいの?

大体↓のようなものを持っていけばいいと思います。
・お金(交通費、買う予定の同人誌分のお金。(一冊平均500円)
お金が盗まれると帰れないので、お金を分ける。
100円、500円、1000円札を大量に持っていく。)
・大きなリュックやかばん(カートは周りの人に迷惑になるので注意)
・飲料水(1~2リットル)
・軽食
・ゴミ袋
・タオル
・ティッシュ、ウェットティッシュ
・帽子
・日焼け止め
・雨具(雨が降りそうな時。
人が多い状態で傘を差すのは危険なので、雨合羽を持っていく。)
・配置図(ないと確実に迷います。)
・切り取ったカタログ(カタログを全て持っていくと邪魔になります。
必要な部分だけ切り取るのがいいでしょう。)
・暇潰し道具(ただし、歩きながらゲームをやるのは迷惑です。)
・カメラ
・スケッチブック、色紙(絵を描いてもらったりするのに必要)

大体こんなところでしょうか。(他にもあるかもしれませんが)

7.カタログはどこで買えるの?入場料は?

入場料はありません。(カタログ購入は必須ではない。)
カタログの入手方法には以下の通り。
1.当日、会場で買う。
2.カタログを扱っている書店や同人ショップで買う。
3.通販で買う。

取り扱っている店については以下のサイト(公式)を参照して下さい。
コミケットカタログ取扱店の御案内

秋葉原では売っている店が多く、手に入りやすいです。

8.注意することは?

基本的にはカタログに注意事項が書いてあります。
一度は、目を通しておくべきでしょう。

特に注意すべきことは以下の通り。
・早朝4時30分以前の来場禁止
・周りに迷惑をかけない(マナーを守る)
・夏は炎天下で暑い、冬は寒いので対策をする
・疲れるイベントなので十分な睡眠をとる


9.帰りに秋葉原に寄りたいんだけど?

コミケがある日(その翌日も)の秋葉原は混んでいます。
買いそびれた人や、
東京に来たついでに寄っていこうという人が来るためです。
店によっては並ぶところもあるので注意。



アニメ(レビュー、感想)一覧

コミックマーケット78
[日記]コミックマーケット78(C78) 準備編
[日記]コミックマーケット78(C78) 1日目
[日記]コミックマーケット78(C78) 2日目~東方~
[日記]コミックマーケット78(C78) 3日目(最終日)
関連記事
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。