赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
レビュー

ジャンルは麻雀。女性は一切出てくることはない。
萌えアニメとは対極に位置する作品。
原作は福本伸行さんの「アカギ ~闇に降り立った天才~」という麻雀漫画。
福本さんの漫画だけあって、心理描写が細かく表現されている。

内容は、後に裏世界で伝説となるアカギの若いころを描いたもの。
この作品ではギャンブルとしての麻雀が描かれているため、イカサマはある。
対戦相手はヤクザが多く、かける金額も普通では考えられないほど大きい。

このアニメの特徴は心理描写が非常に細かいところ。
そして、麻雀のプロットがしっかりしている。
主人公、アカギの麻雀は超人的な引きで大きい役をそろえるのではなく、
相手の心理を読み解き、相手をコントロールする。
アカギは天才で、その戦略は凡人では
到底考えられないものばかりで、予想がいい意味で裏切られる。
凡人では恐ろしくて絶対に出来ないことも彼は平気で成し遂げる。
俺は「バ、バカな」ってよく突っ込んでいました。

ただし、キャラの絵は独特で、慣れるまでに時間がかかる。

ストーリー(麻雀の展開)はよく練られていて面白いので、
ストーリーを重視する人には大変オススメである。
ただし、後半は心理描写が細かすぎて麻雀が全く進まない。
後半は同じ相手との勝負が続くが、完結せずにアニメは終了した。
(原作で、戦いが終わっていないため。この勝負は10年以上続いているのだが、現在(2010年7月)でもまだ終わっていない。)


闘牌伝説アカギDVD-BOX 1 覚醒の章
闘牌伝説アカギDVD-BOX 1 覚醒の章


原作
アカギ―闇に降り立った天才 (第1巻) (近代麻雀コミックス)
アカギ―闇に降り立った天才 (第1巻) (近代麻雀コミックス)

ストーリー

第2次大戦が終わって13年後、ここから後の伝説の雀士、
アカギの伝説がスタートする。

キャストやスタッフなど

公式サイト

放送期間:2005年10月4日~2006年3月28日
話数:全26話


キャスト

アカギ : 萩原聖人(カイジ)
南郷(なんごう) : 小山力也(鷹村守)
安岡(やすおか) : 玄田哲章 (龍神丸、海坊主)
ナレーション :古谷徹(星飛雄馬、ペガサス星矢)

スタッフ
原  作:福本伸行(近代麻雀コミックス)
監  督: 佐藤雄三
シリーズ構成: 高屋敷英夫
キャラクターデザイン:梅原隆弘
美術監督: 横松紀彦
音響監督: 本田保則
音  楽: タニウチヒデキ
アニメーション制作:マッドハウス (BLACK LAGOON、カイジ、学園黙示録)



OP「何とかなれ」
歌 : 古井戸


ED 「アカギ」(第1話~第13話)
歌 : マキシマムザホルモン[3]


「S.T.S.」(第14話~第26話)
歌 : アニマルズ


闘牌伝説アカギ オリジナル・サウンドトラック
闘牌伝説アカギ オリジナル・サウンドトラック



聖地
不明

各話リスト

各話リスト:
1話「闇に舞い降りた天才」
2話「資質の覚醒」
3話「異端の策略」
4話「本物の無頼」
5話「裏切りの絶一門」
6話「悪漢の資質」
7話「無邪気な悪鬼」
8話「復活の前兆」
9話「天才の真贋」
10話「逆襲の予告」
11話「絶望への布石」
12話「偶機の魔法」
13話「風雷の軌道」
14話「羅刹の新章」
15話「逢魔が時」
16話「破滅の闘牌」
17話「異才の証明」
18話「呪縛の牌姿」
19話「鬼神の昏迷」
20話「希望と愚行」
21話「一縷の幻想」
22話「作為の足枷」
23話「剛運の威力」
24話「魔物の意思」
25話「殺意の誘惑」
26話「狂気と闇と」




アニメ(感想、レビュー)一覧
関連記事
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。