赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
バイオハザード(PS版、無印)のレビューです。
俺はバイオハザードシリーズはかなり好きです。

バイオハザード
バイオハザード

このジャケット微妙ですよね。
目の部分がすごく気持ち悪い。
少なくとも俺は手に取りたいとは思いません。
ただ、ゲーム自体はかなり面白いです。

俺はこのシリーズは結構好きで
ほぼすべての作品をプレイしています。
ナイフクリアなどの制限プレイにも挑戦したことがあります。

内容

ゾンビなどのグロテスクなモンスターを銃や
ナイフで倒して、洋館から脱出する。


レビュー

このゲームをはじめてプレイしたのは2000年くらいだったため
画像の粗さがとにかく気になった。
そんな不満はあるものの、結構面白かったゲームです。
今やるなら、リメイク版がWiiとGCで出ているのでそちらをお勧めします。
(PS版とリメイク版の違いは長くなるので記事の下の方に書いときます。)


この作品は10回以上クリアしました。
3時間以内のクリアはもちろんのこと、
ナイフクリアにチャレンジしなんとかクリアできています。
ナイフクリアといっても、俺がやったのは敵からできるだけ逃げ
ボスだけを倒すというものなので大したことではないです。
ちなみに、バイオ4をナイフクリアしようとしましたが
途中で挫折しました。

初期のPSのゲームなのでFF7と同じように
ポリゴンがとにかく気になりました。
ただ、初めてプレイした時はそんな画像の悪さを忘れ夢中になりました。


特徴

このゲームの特徴は以下の通り。

洋館の雰囲気が不気味
単なるホラーと違い、敵を倒す爽快感がある


初代は2以降と違い、館などが怖い雰囲気を演出し、
プレイヤーを怖がらせるということをしています。
2以降ではモンスターがプレイヤーを怖がらせる
という側面が強くなってしまいました。
確かに1にも後半にはモンスターに殺されるという
恐怖がありますが、メインは雰囲気です。
雰囲気を演出していたのは音楽や雷などのSEやドアを開ける画面などです。

「怖くて進みたくない、でも進まなきゃ」とプレイしているとき思いました。
人間は恐怖を感じると快感を感じる物質がでるらしいです。
(ジェットコースターが面白いのもこのため)
俺はセーブポイントがあるとBGMなんかで「ほっ」と安心していました。

このゲームは結構精神力を使うので、
1、2時間くらいプレイしたら休んでいました。


バイオハザードはただ逃げるホラーゲームと違い敵を倒すことができます。
怖さから生じる快感と、敵を倒していく快感が
同時に楽しめ大ヒットにつながったんだと思います。


クリア後

ただ、一度クリアしてしまうと次に何が起こるかわかっているため、
雰囲気による怖さは影をひそめてしまい、
敵を倒すことに重点が置かれるようになります。

特にナイフクリアの場合、敵をスルーするだけなので
障害物でしかなく「邪魔だ、どけ」としか思いません。
ハンターもスルーしてしまえば全く怖くありません。

3時間以内にクリアすることでロケットランチャーが手に入りますが、
この状態でプレイしても全く面白くありません。
面白いのは残虐エンディングが見れることくらいです。



ナイフクリアの場合


ナイフクリア自体は実は簡単です。
本編を3時間以内でクリアできる実力くらいあれば
クリアできるのではないでしょうか。

単純なナイフクリアの場合、基本的に敵はスルーです。
敵をスルーする場合、最もスルーが難しい敵はゾンビです。

ゾンビに比べれば、ハンターをスルーするのはぬるいです。
首狩りを除けば、実はゾンビのほうが攻撃力が高いです。
ハンターは首狩り以外怖くはなく、
利き手の逆から抜ければ余裕でスルーできます。
倒すよりもはるかに簡単です。

ただルートによっては、ハンターをナイフで倒さなければ
ならない場面があるので注意すること。


ボスは意外に耐久力がなくあっけなく倒せます。
ただ、ラスボスには少々苦戦しました。
(回復アイテムがいっぱいあるので倒せますが)
ボスは動いているキャラに攻撃するのが難しいらしく、
動いていれば攻撃を回避しやすいです。

ナイフクリアした時の達成感はかなりのものだったので、おすすめなプレイ方法です。



PS版とリメイク版(GC、Wii)の違い

PS版とリメイク版は別のゲームと言ってもいいほど違います。
(リメイク版同士には違いはないようです。)

PS版、リメイク版とも同じ洋館が舞台で、
洋館から脱出するという点では同じです。
ですが、グラフィックをはじめ、多くの違いがあります。

違い
・ステージが広くなった(PS版ではなかった場所がかなり増えた)
・仕掛けが変わった
・モンスターが追加された
・武器が増えた
・イベントが追加された
・グラフィックが格段に向上した
・クリア後に特殊なモードがでる。

PS版よりも、リメイク版の方がはるかに難しいです。
原因は強い敵が追加されたことと、行くべき場所が増えたことです。
また、グラフィックが向上したことにより、かなり怖くなりました。
(初代も十分怖いけど)
リメイク版のグラフィックレベルは、バイオ0くらいです。
リメイク版は3や4のようなパニック的な怖さよりも、
1のときのような不気味な雰囲気を重視しています。

PS版とはかなり違うのですが、リメイク版は初代の良さを受け継いでいます。
初代をプレイしたプレイヤーにも楽しめる仕様になっています。


バイオハザード Best Price!
バイオハザード Best Price!




プレイ済みのゲーム一覧
プレイ済みのPS
関連記事
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。