赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
今回は編集者とのバトル。
実際の漫画家の持ち込みがどうなっているかは知りませんが、
服部さんの反応を見ると良かった方なのかなという気はします。
(彼がいい人だっただけかもしれませんが。
彼以外の編集者だったら、どういう反応になるのか気になります。)

バクマン。(アニメ)第6話「アメとムチ」の感想です。

BAKUROCK ~未来の輪郭線~
BAKUROCK ~未来の輪郭線~

あらすじ

出版社に漫画を持ち込む

感想

持ち込んだ漫画が視聴者にも見えるというところは分かりやすくて良かった。
編集者の服部さんのコメントはわりと的確だったという印象。
確かに、ナレーションや説明調のセリフが多すぎて
読むのがつらくなってくる。服部さんによるとラノベのほうがいいとのこと。
俺も、この漫画は少なくともジャンプ向きではないなと感じた。
設定が大人向けすぎる。囚人は別の漫画を目指すか、小説家を目指した方がいい気がする。
どうして、ここまで囚人がジャンプにこだわるのかは謎。

一方、服部さんによると最高のは漫画の絵ではないとのこと。
そりゃそうですな。


まあ、それはともかく最高、囚人の二人は漫画を持ち込み、評価を受けた。
そして、最高、囚人はお互いの作業に口を出すことになり、
次の段階にステップアップしたようです。
編集者もつき、トントン拍子に進んでいますね。
(恋もなぜかうまい感じで進んでいます。あまりにもうまくいきすぎて、
イラッときますが、それは許すことにしよう。)


ところで今回は囚人の家庭について触れられていました。
親父はかつて大手銀行の行員だったが、とかげのしっぽ切りにあったとのこと。
母親は、「親父の敵をとれ」と囚人に伝えた時に、
囚人は「自分は親の道具に過ぎず、いいように使われているだけ」と感じ、
「自分の将来は自分で決める」と反発するようになったらしい。
しかし、囚人の成績の良さを考慮すると勉強自体はしてるっぽい。
親に反発しつつも、いい大学に行った方が特になると思っているんでしょうか?
そうだとすると、囚人ってやっぱ計算高いですね。
ただ、親がしっぽ切りにあったからリスクに対して敏感になりそうなのに、
漫画家を目指すという博打みたいなことをする囚人の行動には、決意みたいなものを感じる。
囚人は「最高とコンビを組めば絶対に漫画家になれる」と思っている気がします。
計算高い囚人をも博打打ちにしてしまうほどの力が最高にはあるようですね。




次回 第7話の感想
前回 第5話の感想
バクマン。(感想) 一覧
アニメ(感想、レビュー)一覧
関連記事
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「バクマン。」第6話

  第6話「アメとムチ」「ふたつの地球」を編集部へ持ち込んだ最高と秋人は、そこで編集部員・服部哲と出会う。服部から作品の感想を聞かされ、一喜一憂する二人だったが、服部か...

日々“是”精進! 2010-11-06 (Sat) 19:42


『バクマン。』第6話 感想

「僕たちだって何が当たるか分からないしね。分かったらあんな直ぐに新連載は終わらないさ。ハハ」 笑えねぇ…。 「ジャック」を発行している遊栄社。 集英社を捩ったものですが、なかなか面白い名前...

シュミとニチジョウ 2010-11-06 (Sat) 19:44


バクマン。 第6話「アメとムチ」

バクマン。 6 (ジャンプコミックス)(2010/01/04)小畑 健商品詳細を見る  ついに最高と秋人は1作品を描き終え、出版社に連絡を入れました。さすがの秋人もこういう時は緊張してしまうようですね。持ち込みは...

破滅の闇日記 2010-11-06 (Sat) 20:23


バクマン。 第6話「アメとムチ」

初めて書き上げた「ふたつの地球」を編集部に持ち込んだ最高たち。 受付で緊張しまくりな秋人が(笑) このへんは中学生ですねw 二人の原稿を見てくれたのは服部哲さん。 どう評価されるか緊張ですね! ...

SERA@らくblog 2010-11-06 (Sat) 20:47


バクマン。 第6話「アメとムチ」

『「ふたつの地球」を編集部へ持ち込んだ最高と秋人は、そこで編集部員・服部哲と出会う。 服部から作品の感想を聞かされ、一喜一憂する二人だったが、服部から最後に「今後も自分が見ていきたい」と連絡先を...

Spare Time 2010-11-06 (Sat) 20:51


バクマン。 第6話  「アメとムチ」

 服部哲が意外と渋かったです。

つれづれ 2010-11-06 (Sat) 20:58


バクマン。第6話「アメとムチ」

いよいよジャックへ原稿の持ち込みへ-----------!!ここから始まる一歩。さぁ、最高と秋人の担当は当たりか外れか!?でも、完成したってのに、なんだか落ち着かないふたり。これでい...

◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ 2010-11-06 (Sat) 22:09


バクマン。 第6話「アメとムチ」

バクマン。の第6話を見ました。第6話 アメとムチ夜中にトーン貼りの練習をしていたシュージンはサイコーと共に遂に原稿を完成させ、ジャック編集部に電話をかける。「いよいよだな...

MAGI☆の日記 2010-11-06 (Sat) 22:38


バクマン。 6話「アメとムチ」

編集部の方と初対面した時の緊張感が視聴者側にも伝わってきたのは見事! バクマン。 10 (ジャンプコミックス)(2010/10/04)小畑 健商品詳細を見る

新しい世界へ・・・ 2010-11-07 (Sun) 01:05


バクマン。#6.

「アメとムチ」 いよいよ作品を出版社へ持ち込むことになった、最高と秋人。今回は、

色・彩(いろ・いろ) 2010-11-07 (Sun) 02:25


『バクマン。』 6話「アメとムチ」 順調だね。

原稿を評価してもらっている時のサイコーとシュージンの緊張感が、こっちまで伝わってきてドキドキ。 服部さんの評価は、的確な事を言ってるように思いました。 説得力があって、....

日刊 Maria 2010-11-07 (Sun) 02:33


バクマン。 06話『アメとムチ』

シュージンは遊栄社に電話をし、翌日の15時に持ち込みの約束をする。 二人は13時に駅に集合することに決め、それぞれ緊張の夜を過ごすことに。

本隆侍照久の館 2010-11-07 (Sun) 08:39


バクマン。 第6話「アメとムチ」

いざ編集部に漫画を持ち込むことになった最高と秋人。

隠者のエピタフ 2010-11-07 (Sun) 13:56


バクマン 第6話 「アメとムチ」 感想

あらすじ 「ふたつの地球」を編集部へ持ち込んだ最高と秋人は、そこで編集部員・服部哲と出会う。 服部から作品の感想を聞かされ、一喜一憂する二人だったが、服部から最後に「今後も自分が見ていきたい」と連絡先を教えてもらうことになる。 そんな中、2学期が始ま?...

あめいろな空模様 2010-11-07 (Sun) 17:03


バクマン。 第6話 感想「アメとムチ」 

バクマン。ですが、真城最高と高木秋人は週刊ジャックの編集部に漫画「ふたつの地球」を持ち込みします。受付で秋人は緊張しまくりですが、最高は冷静です。担当の服部は二回くらい漫画を読んで、将来性があるとメールアドレスまでくれます。(以下に続きます)

一言居士!スペードのAの放埓手記 2010-11-07 (Sun) 17:11


GIANT KILLING&バクマン。

GIANT KILLINGは開幕から3連敗で 開幕3連敗し点を取れないの分かるが 勝利なら攻撃を重視の方が良い思うし 黒田が和を乱してる状態な訳だけども ゲームで連帯&試合に出る気だろうね

別館ヒガシ日記 2010-11-07 (Sun) 22:06


バクマン。 6話感想

最近の中学生のしっかりさは異常。

まさっちの紹介ブログ 2010-11-07 (Sun) 22:21


◎バクマン。第6話「アメとムチ」

週間ジャック編集部に持ち込みの電話をかける。そして、翌日に決まる。サイコーは、漫画家っていうのはバクチ打ちだとガモウ先生に言われてた。そして、翌日に集まる。シュウジンも...

ぺろぺろキャンディー 2011-03-21 (Mon) 17:06


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。