赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
東京から北海道へのアクセスを調べてみた。
(特に料金と時間について調べた。)
アクセスとして以下の手段が考えられる。
1.飛行機
2.新幹線+(特急またはフェリー)
3.高速バス+フェリー
4.普通列車(青春18切符または北海道&東日本パス)


格安なのは青春18切符もしくは北海道&東日本パス。
ただし、これらの切符だけで行こうとすると、
青森~函館の移動がかなりきつい。
津軽海峡線:蟹田駅~木古内駅の区間では普通列車が運行されていない。
そのため、相互発着の場合に限り、追加料金なしで特急列車の普通車自由席に乗車できる。
相互発着というのがネックで青森から特急に乗ると別途料金(普通運賃+特急料金)が必要になる。
つまり、18切符オンリーで行く場合、「青森~蟹田:普通列車、蟹田~木古内:特急、木古内~函館:普通列車」
というふうに移動しなければならない。
この辺は運行本数が少ないため、ここで時間をロスする可能性が高い。
そのため、青森から北海道への移動には特急、急行、フェリーを使いたい。
(特急、急行を利用する場合、18切符より北海道&東日本パスの方がいい。
北海道&東日本パスだと特急券を買うだけで特急に乗れる場合がある。
急行「はまなす」は青森から札幌の普通車自由席が「1,260円」)
詳しくは4.普通列車(青春18切符または北海道&東日本パス)を参照。
*2010年12月のダイヤ改正により、
新潟からの始発なら一日で函館まで行けるようになりました。

(進もうと思えば、森まで行けます。つまり、前日の夜にムーンライトながらで新宿を出発すれば翌日の夜に函館に到着できるのです。)

1.飛行機

移動時間が最も短いのは間違いなくこれだろう。
東京(羽田)から札幌(新千歳)へ1時間30分で行ける。
新千歳空港から札幌駅へは電車で40分(1040円)で行ける。
飛行機の料金を17000円とし、羽田へのアクセスなども考慮すれば
片道20000円くらいかかりそう。
しかし、スカイマークのスカイバーゲン(予約期間が2ヶ月前~28日前)を
利用すれば、東京(羽田)から札幌(新千歳)へ5800円で行ける日がある。
(時期によって違う。10000円くらいかかる場合がある。)
ということは、北海道へは片道10000円以内に抑えられる場合もある。


2.新幹線+(特急またはフェリー)

料金が高いのにそれほどはやくない移動手段。
東京~札幌へは新幹線オンリーで行くことはできない。
札幌まで延長する計画もあるらしい。

東京~新青森を新幹線、新青森~札幌を特急で移動した場合、
料金が23,170円、時間が9時間20分~10時間くらい。
ちなみに、東京~函館なら約6時間で片道19,140円。

ところで、東京~札幌の料金と時間の目安は大体分かる。
推進している人によると時間は4時間らしい。
が、東京~博多がのぞみで5時間というところをみると、
4時間30分くらいになるっぽい。
次は料金。現在、東京~札幌までの普通運賃が14,070円。
(新幹線はショートカットを使うから、もう少し安くなる。)
東京~博多までの、のぞみ自由席の特別料金が7770円。
あわせて、14070+7770=21840。実際はこれより安くなるはず。
ただ、20000円を切ることはないと思う。


まとめると、東京~札幌は料金が23000円程度、時間が10時間くらい。
東京~函館は約19,000円で、6時間くらい。函館~札幌が遠すぎるみたい。)
飛行機の方がよさそう。


3.高速バス+フェリー


時間がかかるわりには北海道&東日本パスより高い。
ただし、18切符などと違って期間が限定されていない。

具体的には
“パシフィック・ストーリー” (東京・札幌連絡きっぷ)
という切符を用いる。
料金は9,900円から
時間は25時間45分

具体的なルートは以下
東京駅~水戸駅:高速バス
水戸駅~大洗駅:路線バス
大洗駅~苫小牧駅:フェリー
苫小牧駅~札幌駅:高速バス
14時~翌15時45分

札幌以外だともっと料金がかかる


4.普通列車(青春18切符または北海道&東日本パス)

格安は間違いなくこれ。
しかし、時間も体力も奪われる。
青春18切符は1枚の切符で5回まで利用できる。
料金は11500円
(1日に換算すると、2300円)
JR線の普通列車と快速列車の普通車自由席に1日乗り放題の切符である。
青春18という名称であるが年齢制限はない。(誰でも使える)
一部の例外を除き、急行、特急、新幹線などには乗れない。
(18切符で特急に乗る人がいてトラブルになっているらしい)
また、一部の例外を除き特急に乗る場合は特急券のほかに乗車券が必要になります。
もちろん、私鉄に乗ることもできません。
詳しいことはJRのサイトを参照。
ちなみに、太平洋側から東北を北上する場合、私鉄または第三セクターを利用する必要があります。
(もちろん、18切符の場合は乗車できません。)

北海道&東日本パスはJR東日本とJR北海道の路線に乗車できます。
(新幹線はもちろんダメ)
基本的には18切符と同じですが違う点があります。
料金は10000円
・有効期間は利用開始日から連続7日間
・一部の私鉄・第三セクターが利用可能
・急行列車に限り、別途急行券を購入することで乗車可能
(急行列車はほとんどありません。「はまなす」とかしかない。)
注意:ルールはころころ変わります。前回は~だったのにと駅員の方に文句を言わないように。


18切符などで北海道に行く場合、いくつかルートがある。
①夜行列車「ムーンライトえちご」+普通列車
②普通列車
③夜行列車「ムーンライトえちご」+普通列車+急行「はまなす」
④夜行列車「ムーンライトえちご」+普通列車+夜行フェリー
*2010年12月のダイヤ改正により、
新潟からの始発なら一日で函館まで行けるようになりました。

(進もうと思えば、森まで行けます。つまり、前日の夜にムーンライトながらで新宿を出発すれば翌日の夜に函館に到着できるのです。)


夜行列車
「ムーンライトえちご」は夜間に走る快速である。(臨時列車)
しかし、この列車に乗るためには指定席券を買う必要がある。
指定席券の料金は510円。(閑散期は310円)
この列車はそこそこ人気があるため、はやめに買わないと売り切れる。
売り切れた場合は、キャンセル待ちするしかない。
「ムーンライトえちご」は新宿を23時10分に出発し、新潟に翌4時51分に到着する。
これを利用すると青森に17時過ぎに到着できる。
注意:新宿、池袋、大宮から乗る場合、高崎までの乗車券(1,890円)か
1回分の18切符を消費する必要がある。


新宿から青森までのルート(夜行列車+普通列車)
新潟~新発田(6:08~06:46)
新発田 ~酒田(山形県)(6:49~09:30、JR羽越本線)
酒田~秋田(9:37~11:31、JR羽越本線)
秋田~大館(13:16~15:10、JR奥羽本線)
大館~青森(15:20~16:55、JR奥羽本線)
日本海の近くを走る路線もあるため、景観が楽しめるかもしれない。
(時刻は平日のものです)


ここから函館に進もうとすると以下のようになる。
青森~蟹田(青森県)(18:04~18:54、JR津軽線)
蟹田~木古内(北海道)(19:20~20:09、JR特急スーパー白鳥31号、特急が使える例外区間)
木古内(北海道)~函館(20:17~21:16、JR江差線)

札幌に進む場合は
青森~蟹田(青森県)(18:04~18:54、JR津軽線)
蟹田~木古内(北海道)(19:20~20:09、JR特急スーパー白鳥31号、特急が使える例外区間)
木古内(北海道)~五稜郭(20:17~21:11、JR江差線)
五稜郭~森(22:59~翌00:05、JR函館本線)
ちなみに札幌に着くのは16:06
このルートには問題あり
なんと、木古内でとまる必要がある。
俺としては青森でとまる方がいいと思う。

2010年12月のダイヤ改正により、森(函館の先)まで行くことが可能になりました。
そのおかげで札幌には翌日の13:06に到着可能です。


青森でとまった場合のルート
青森~蟹田(8:04~8:43、JR津軽線)
蟹田~木古内(8:51~9:46、JR特急白鳥41号)
木古内~函館(12:26~13:35、JR江差線)
ちなみに、札幌に着くのは早くても21:42である。
(ダイヤ改正により、2時間くらい遅くなりました。)

つまり、特急やフェリーなどを利用しない場合、東京から札幌に行くまで2日くらいかかる。
函館までならいいが、札幌まで行くとなるとかなりきついことがわかる。
ここで、急行「はまなす」を利用する場合を考える。
これを利用すると以下のようになる。
青森~札幌(22:42~6:07、JR急行はまなす、函館には1:00に到着)
北海道&東日本パスの場合、「急行列車に限り、
別途急行券を購入することで乗車可能」というルールがある。
急行「はまなす」の青森から札幌の普通車自由席が1,260円。
よって、「はまなす」を利用した方がよい。


フェリー

青森から函館へフェリーが出ている。
料金は1,650円。(変動します。)
4時間くらいかかるらしい。
青森の港へは徒歩25分。
正直、よく分からん。


東京から始発で青森に行くルート

実は夜行列車を使わなくても、東京を6:47に出発すれば、
青森に20:45に到着することができる。
東京~上野(東京都)(6:47~6:54、JR京浜東北・根岸線・大宮行)
上野~宇都宮(栃木県)(6:59~8:42、JR東北本線)
宇都宮~黒磯(栃木県)(8:44~9:35、JR東北本線)
黒磯~郡山(福島県)(9:39~10:40、JR東北本線)
郡山(福島県)(11:06~11:54、JR東北本線)
福島~白石(宮城県)(12:00~12:33、JR東北本線)
白石~仙台(宮城県)(12:37~13:26、JR東北本線)
仙台~一ノ関 (岩手県)(13:41~15:22、JR東北本線)
一ノ関~盛岡(岩手県)(15:27~16:56、JR東北本線)
盛岡~八戸(青森)(17:04~18:51、IGRいわて銀河鉄道、
この区間は18切符では乗車不可。北海道&東日本パスなら乗車可能)
八戸~青森(19:14~20:45、JR東北本線)
東北本線でひたすら北上するルート。
時刻表を見れば分かる通り、電車漬け。しかも、乗り換えだらけ。
そのため、外で飯を食う余裕は全くない。



18切符利用の場合のまとめ

まとめると、東京から函館へは1日ではいけない。
函館へは次の日の10時30分くらい。(特急を使えば、もっとはやい)
札幌には着くのは16時過ぎ。(急行を使えば次の日の6時過ぎ)
料金は最小で4600円(18切符を1日2300円として)
特急料金や指定席券の料金とかも考慮すると、8000円くらいかな。
現地での交通費も18切符を利用できると考えると、お得かも。
しかし、北海道の電車はほとんど走っていないため、移動はかなりきつい。



北海道の移動について
北海道は日本の総面積の22.9%を占める。
そのため、主要都市間の距離が半端ない、
加えて、電車の乗り継ぎは最悪。
特急を利用しないと、函館から札幌まで8時間かかる。
札幌から稚内まではなんと11時間。要注意。


関連記事
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

よく調べましたね。とても参考になりました。

ゆう | URL | 2012-06-26(Tue)15:34 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。