赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
紅葉の名所と名高い鎌倉に観光に行ってきた。
行った日は2010年11月23日。
新宿から小田急線を使って1時間40分。
小田急の「江の島・鎌倉フリーパス」
(新宿~藤沢間の往復+江ノ電乗り放題+藤沢~片瀬江ノ島乗り放題」
で「1,430円」

観光ルート
江ノ島→由比ヶ浜→極楽寺→長谷寺→高徳院→佐助稲荷神社→銭洗弁財天→
源次山公園→化粧坂切通し→海蔵寺→鶴岡八幡宮→釈迦堂切通し→腹切りやぐら→
鎌倉高校前→稲村ケ崎→腰越→江ノ島→帰宅

はじめにいうと、超過密スケジュールです。
昼ごはんを食べる時間がなくなってしまい、
せんべい一枚と大判焼きがお昼になってしまいました。
江ノ島に9時前につき、江ノ島を17時に出発(帰宅)しました。

その2からの続き。
その2のあらすじ。
源次山公園で紅葉を見て海蔵寺に向かった。

とりあえず海蔵寺に向かう。

海蔵寺1

海蔵寺に続く道の紅葉。
そこそこ紅葉しとるな。


海蔵寺2

海蔵寺前の紅葉。結構真っ赤だった。
海蔵寺は紅葉の名所。
観光客がそこそこいた。しかし、有名どころほどはいなかった。


次に鶴岡八幡宮に向かう。
この場所に近づくにつれ観光客が増えてくる。
どうも、観光客はここらへんに集中する。

鶴岡八幡宮1
鶴岡八幡宮の紅葉。

鶴岡八幡宮2
鶴岡八幡宮のイチョウ。イチョウは結構きれいだった。


次に釈迦堂切通しに向かう。
鶴岡八幡宮から40分くらいかかった気がする。

釈迦堂切通し
鎌倉七口(鎌倉の代表的な切通し)ではないが、やたら迫力がある。
崩落の危険があるため通行禁止。


次に腹切りやぐらに向かう。
やぐらとは山肌に掘った穴のこと。
かつて、墓標として使われていたらしい。

そして、このやぐらの近くにこんな立て札が。
腹切りやぐら2

どう見てもやばいです。物見遊山で行くようなところではないようです。
ところで、このやぐらの名称は腹切りやぐら。
鎌倉幕府の14代執権、北条高時が新田義貞に攻め込まれ、部下とともに自害した場所らしい。
どうも、ここは心霊スポットだったようです。
(行った時は知りませんでした。看板からかなりやばいところだと思っていましたが。)

腹切りやぐら
で、ここが腹切りやぐらです。卒塔婆だらけで、やばさを感じました。
やばそうなので、この一枚だけ撮影して速攻で撤退しました。


次に、鎌倉を離れ江ノ電の鎌倉高校前駅に向かう。
ここは景色がよいことで有名な場所でガイドブックなどでも、
この場所のショットがよく使われています。

で、これが鎌倉高校前から撮った写真。
鎌倉高校前1

なかなか景観がいい場所でした。

鎌倉高校前2

しかし、

鎌倉高校前3

うまくとれませんでした。まあ仕方がない。

次に稲村ケ崎に向かう。
ここま景観がよい場所らしい。


稲村ケ崎1

稲村ケ崎海浜公園から鎌倉方向を見た風景。

稲村ケ崎2

今度は江ノ島の方をみる。


稲村ケ崎3

稲村ケ崎の前の海岸。


次に腰越駅に向かう。
この場所は江ノ電が町中を走る区間。
普通に車と一緒に走っていました。



腰越1
町中を走る江ノ電。

腰越2
暗いせいで上手くとれませんでした。

ちなみに腰越はしらすで有名な場所。
良心的な値段でしらす丼が食えるらしい。
が、今はしらすの時期ではなかったみたいで生シラスが食べられなかった。


この時間帯(5時ごろ)になると
江ノ島の夜

あたりは暗くなっていた。江ノ島の観光をしようと思ったけど、
さすがにこの暗さでは行ってもしょうがない。
諦めて帰宅することにしました。
しかし、最近は夜がはやいな。


[観光]鎌倉の紅葉巡り その1
[観光]鎌倉の紅葉巡り その2




日本の観光地一覧
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。