赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
東京都の青少年健全育成条例改正案が、12月15日に可決されました。
内容は、過度な性的表現のある漫画やアニメの販売を規制するというもの。
販売をやめさせるのではなく、18禁コーナーに移動させる。
しかし、18禁コーナーに移動されれば当然、売り上げが減少する。
その結果、漫画として書けるものが制限され、コンテンツがつまらなくなる可能性がある。

出版社は「不当に」、「著しく」という表現が曖昧で規制の範囲が分からないと反発。
大手漫画出版社の10社が「東京国際アニメフェア」をボイコットすることを表明した。
石原さんは「こなくていい」と発言。


個人的な見解

個人的にはこの条例がおかしなことを言っているようには思えない。
過激な性的表現のある漫画やアニメは青少年の育成に悪影響を与える恐れがあるので、
未成年への販売は制限されるべきである。
条例の背景には、「どうみても18禁の漫画」が一般向けとして販売されていたことなどにある。
この実態を考えれば、条例が可決されても仕方がない。

最大の焦点となるのは規制の範囲。
確かにサザエさんやドラえもんが18禁コーナーに移動となれば大問題だ。

しかし、東京都はそれに対する見解を実は発表している。
東京都公式ホームページで「青少年健全育成条例改正案」を検索すれば2番目に、
青少年健全育成条例改正案の質問解答集が出てきます。
この文書を読めば、規制の範囲など多くの疑問が解決されます。
(「不当に賛美または誇張」という文言の説明もされています。
小説が規制の対象ではない理由、同人誌、コミケについての説明もあります)

この文書を見ると規制はそれほどひどいものではないと分かります。
単なる裸やキス、体が重なるなどは規制されません。
性交などがあるものでもそれがメインでなければ規制されません。
規制されるのはあくまで子供との性交がメインのものだけだそうです。
ドラえもん、キューティーハニー、エヴァは規制の対象外だそうです。


したがって、今回の条例の規制の範囲は限定的でそれほど大きな影響はなさそうです。
ただし、この条例をきっかけとして規制が強化される方向に進む可能性はあります。
暴力に対する規制ができれば、もちろん漫画がつまらなくなるでしょう。
日本は海外と比べると規制がかなり甘いので、目をつけられるのは仕方がないかもしれませんが、世界に誇る漫画やアニメを保護することも大切です。
コンテンツの低下を防ぐためには、確かに漫画家や出版社のように断固として拒否する姿勢は必要です。

しかし、今回の条例は一般人から見ると真っ当なものに見えるのです。
この立場から見ると、漫画家や出版社がおかしなことを言っているように見えるのです。
本当にコンテンツを守りたいのであれば一般人を納得させるだけの
主張(最悪な可能性の羅列じゃダメ)が必要です。

また、今回の条例が大きく報道されなかった(ちょくちょく新聞の後ろにのってた)ところを見ると、
興味を持っている人が限定的な気がします。
ゆえに、一般人に興味を持たせることも重要です。



関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。