赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
2010年の冬のある日、青春18切符で常磐線で仙台から上野まで行きました。
常磐線は太平洋側を走る路線。
仙台を出発した後、太平洋側から福島、茨城を通って東京に向かう。
宮城県、福島県の辺りは田畑だらけでしたが、
福島県のいわきあたりから次第に栄えていきました。
途中、水戸駅でおりて偕楽園に向かいました。
時期が悪かったせいで梅は見られませんでした。


仙台駅2

仙台駅。ここから常磐線に乗ります。

常磐線1

阿武隈川かな?

常磐線2

まだ宮城県です。

常磐線3

確か、このあたりが宮城県と福島県の境目です。
どっちの県だったかな?

常磐線4

これは福島県です。
福島県はこういう感じの場所が多かった。

常磐線6

80分くらいで原ノ町駅に到着。
乗り換えまで余裕があったので外に出てみました。

常磐線5

原ノ町の駅前。
外に出たはいいが、やることが特にない。
仕方がないので駅の中でそばを食べました。
その後、駅のコンビニをのぞいてみたところ、お土産の定番、萩の月が売ってました。
これは仙台で買ったからスルー。


常磐線7

この東北本線タイプの車両に別れを告げ、

常磐線8

こちらの車両に乗り換える。
残念なことに、この車両はロングシートでした。
この電車で「いわき」に向かいます。

常磐線9

しばらくはこんな光景がひたすら続きます。


常磐線10

途中、川とかも通りました。地図を見る限り、海は近そうでした。

常磐線11

常磐線は太平洋側を通るので一応海が見えるのです。


常磐線12

末続とか久ノ浜あたりだったかな。

常磐線13

海の写真が続きますが、実際に見える時間はすごく短いです。


常磐線14

また、海が見えなくなった。

常磐線15

そうこうしているうちに、「いわき」に到着。

常磐線16

原ノ町から約80分。遠かった。
いわきは原ノ町と比べるとずいぶん栄えていました。

常磐線17

こんどはこの車両に乗り換えます。
残念なことにまたロングシートでした。


常磐線18

「いわき」をすぎたあたりから、どんどん都市化していきます。


常磐線19

ここはまだ福島県ですね。
ところで、茨城県の日立の次の駅で常磐線の常の意味が分かりました。
常陸(ひたち)の「常」だったのですね。
ちなみに、磐は磐城(いわき)の磐です。これは帰ってから知りました。
つまり、常磐線は福島県東部+宮城県南部 と 茨城県を結ぶ路線ということです。
上野まで行ってるけど、そこはスルー。


常磐線20

水戸に到着。
いわきから90分くらいかかりました。


常磐線21

水戸駅前。
せっかくだから、日本三大庭園の偕楽園に向かう。

常磐線22

偕楽園の前にある神社。

CIMG3748.jpg

偕楽園に到着。着いたころには夕方になっていました。


偕楽園2

梅だったかな?


偕楽園3

花がついてたのはこれくらいでした。


偕楽園4

夕日が見えたのでとりあえず撮影。


偕楽園5



偕楽園6


偕楽園7


偕楽園8


偕楽園9


偕楽園10


今までごまかしてきたけど、これが真の姿。
この時期(12月)だから仕方ありません。


偕楽園11

梅の花が少しだけ咲いていました。

偕楽園12

水戸駅前

水戸駅1

さて、納豆でも買って帰るか。

水戸から上野は2時間近くかかりました。
水戸駅を出発した時はあたりはすっかり暗くなっていました。
こんなに遠かったのかと驚きました。
あと、特急の待ち合わせ多すぎ。
10分以上待った駅もありました。

日本の観光地一覧


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。