赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
2011年の冬に箱根の観光に行ってきた。
冬のこの季節はオフシーズンなのだが、観光客は多かった。
箱根を観光していたとき、外国人(中国、韓国、欧米)の多さが気になった。
日本人よりも多かったような気がします。
欧米の方よりも、中国、韓国の方が圧倒的に多かった。
いつから、箱根は外国になってしまったのでしょうか?
(あまりにも外国人が多かったので落ち着けなかった。)
ただ、箱根湯本は外国人は少なく日本的な雰囲気が味わえました。

あと、箱根は本当に観光客が多いですね。
「冬のこの時期に何でこんな人がいるんだ」と驚きました。
箱根の観光客は年間2000万人近くいるようです。
月別では1月、2月が125万人前後(一番少ない)。
8月が240万人(最も多い月)、11月が205万人(2番目に多い月)です。
これを見て何故あんなに観光客がいたか納得しました。
シーズンは大渋滞で楽しめないかもしれません。

今回の箱根の観光ルートは↓です。
新宿→小田原(小田急線 急行 1時間50分)
小田原→箱根湯本(箱根登山鉄道 15分)
箱根湯本を観光
塔ノ沢→強羅(箱根登山電車 40分)
強羅を散策
強羅→早雲山(ケーブルカー 10分)
早雲山付近を散策
早雲山→大涌谷(ロープウェイ 10分)
大涌谷を観光
大涌谷→桃源台(ロープウェイ 15分)
桃源台付近を散策
桃源台→元箱根港(箱根海賊船 40分)
元箱根付近を散策
元箱根→湯河原駅(バス 1時間)
湯河原駅→熱海駅(JR 東海道線 6分)
熱海を観光
熱海駅→小田原駅(JR 東海道線 20分)
小田原駅→新宿駅(小田急線 急行)


箱根関連の情報


新宿から箱根湯本まではロマンスカーを使えば85分です。
一方、新宿から急行を使うと1時間50分です。
もちろん、ロマンスカーを使えばゆったりできるメリットがありますが片道870円(特急料金のみ)です。まあ、お好きな方で。

箱根を観光する場合は箱根フリーパスが便利です。
新宿からだと5000円、小田原からだと3900円です。
これを買うと箱根の大抵の乗り物(箱根登山電車、ケーブルカー、箱根ロープウェイ、海賊船、指定のバス)が乗り放題です。ただ、駒ケ岳ロープウェーは対象外です。また、バスは本数が少なめなので要注意。時刻表(駅とかに置いてある)が欲しいところです。

箱根の定番コースは↓です。
箱根湯本→強羅→早雲山→大涌谷→桃源台→元箱根港→箱根湯本
(乗り物を使っていくコース。フリーパスで全て乗れます。)

箱根は温泉が充実しています。大涌谷、芦ノ湖の景色はきれいです。
(紅葉、すすきも有名)
美術館などの施設も充実しています。
温泉施設は小涌園ユネッサン(水着で遊べる施設あり)、ひめしゃらの湯(箱根湯本)、天山湯治郷(箱根湯本)などがあります。
ただし、箱根の各施設の価格は高め。
温泉は1000円以上が普通で、食事も1000円以上かかってしまうことが多いです。
乗り物の価格もやたら高いです。
箱根フリーパスの値段がやたら高いのは箱根の乗り物が高いせいでしょう。
また、箱根の乗り物は眺め重視でスピードは速くありません。
バスの方が速くつくことが多いようですがシーズンは道路が大渋滞するので、より遅くなる可能性があります。



新宿から箱根湯本へ

始発で箱根に行こうと思いましたが、いろいろやっているうちにどんどん遅くなってしまいました。
新宿を出たのは6時50分くらいだったかな。
ロマンスカーは使いませんでした。(ずっと座ってたからそんなに疲れませんでした。)
小田原についたのは8時30分くらい。

小田原(箱根)

小田原駅。
この駅には18切符旅行の時もお世話になりました。
(ムーンライトながら「大垣行き」の日付変更駅)
そのせいか、小田原にはあんまりいい思い出がないんだよね。


小田急線(箱根湯本行き)

ここから、箱根湯本行きに乗り換えます。
小田原~箱根湯本の区間は小田急線が乗り入れています。
この区間は普通列車でも走れます。(箱根湯本からは小田急線の乗り入れはありません)
また、この区間は単線なので待ち合わせが多く発生します。


箱根湯本駅(冬)

箱根湯本に到着。到着した時刻は9時前です。
この駅には箱根の地図や割引券、時刻表、各施設の情報などがあります。
観光課もあるので、よっていったほうがいいです。
(諏訪駅に温泉施設が500円になるパンフレットが置いてあることを知ってから、
チェックするようになりました。)


箱根湯本の街並み

箱根湯本の町。
箱根駅伝ではこの道を通過します。


箱根湯本駅2(冬)

箱根湯本の駅前。
箱根湯元と言えば温泉。早速、温泉にあったまりに行きます。
この時間では温泉がやっているところは限られています。
天山というところが9時から営業だったのでここを目指しました。
(以前は、ひめしゃらの湯というところに行きました。ここは10時からです。)

箱根湯本1(冬)

バスには乗らないで歩きで箱根湯本を散策することにしました。
とりあえず、観光マップに書いてある早雲寺を目指すことにしました。
早雲寺への近道は結構急でハアハアいいながら歩いていました。
早雲寺に寄ったあたりで、散策にあきてバスでワープ。

天山という温泉はバスを降りてすぐのところにあります。
この温泉は、露天と半屋内で室内はなし。
入る場所は6カ所くらいありました。
サウナはついていました。
温泉の湯は透明。
泉質はナトリウム塩化物泉とアルカリ性単純泉の2種類。
湯量は豊富で源泉かけながしです。
朝だったけど、人は結構いました。
(多くの人は、旅館に泊まって方だと思います)
他の時間帯だと、もっと混んでいそうです。

温泉であったまってから、再び箱根湯本の町を散策します。

箱根湯本2(冬)

温泉施設を何件も見かけました。


箱根湯本3(冬)

歩いているときに、川の石が白くなっていることに気づきました。
何で白くなっているかは結局わからず。(温泉の影響なのでしょうか?)

箱根湯本4(冬)

紅葉を発見。


箱根湯本5(冬)

写真の右に見えるのは天成園という温泉施設です。
この施設の先に滝があります。

箱根湯本6(冬)

塔ノ沢駅近くの川です。
駅はこの近くにあります。
ひめしゃらの湯と箱根ベゴニア園もこの近くにあるようです。

塔ノ沢駅

塔ノ沢駅に到着。
ここは無人駅で改札はありませんでした。



[観光]冬の箱根 その2(塔ノ沢~強羅、早雲山)
[観光]冬の箱根 その3(大涌谷)
[観光]冬の箱根 その4(芦ノ湖)
[観光]冬の箱根 おまけ(湯河原、熱海)

日本の観光地一覧


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。