赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
この作品はなかなか考察しがいがあります。
いつもは適当に見るだけで終わりにするのですが、
この作品に関しては用語の整理や自分なりの考察をしてみようと思いました。
この記事は、5話視聴後に書きました。


まずは今までの話の流れから。

1話

まどかが荒廃した世界で戦うほむらがやられている夢を見る。
ほむらが転校しQべえを襲う。
まどかがQべえを保護。その後、魔女登場。
マミに助けられる。

2話
マミと共に取り逃がした魔女の退治に向かう。

3話

病院の帰りに壁に刺さっているグリーフシードを目撃。
さやかとQべえはグリーフシードが孵化するのを監視。
まどかは呼んできたマミとともに異世界に侵入。
マミ死亡。ほむらに助けられる。

4話
さやかは上条のお見舞いに行く。
まどかは自殺しようとしている人達を助ける。
魔女に襲われる。そこへ、魔法少女になったさやかが登場。

5話
新手の魔法少女、杏子がかつてのマミの縄張りを奪いに来る。
杏子がさやかにとどめを刺そうとしているところを、ほむらが助ける。

次に用語説明

魔法少女
魔女を倒すもの。一つの願いの代償に、魔女と戦う義務を負う。
死と隣り合わせで、命を落とすものも多い。

魔女
異世界に住む人間とは別の存在。常に結界の中に隠れている。
人間の負の感情を刺激し、自殺に追い込む。
使い魔を手下に持つ。時々、グリフシードと言う卵を落とす。

ソウルジェム
Qべえと契約することで生まれる宝石。この宝石が魔力を供給する。

グリフシード
魔女の卵。魔法少女の魔力を回復させる。
これを求めて、魔女を狩るものも多い。


最後に簡単な考察

まどかが見た夢
1話でまどかが見た夢。夢の中でほむらが戦っていた。
このアニメではこの結末に向かってストーリーが進んでいるようです。
注目すべき点は、ほむらが始まりから結末までのストーリを
あたかも自分が見てきたことのように知っていること。
ソースは、マミが死ぬこととまどかが魔法少女になるのは運命だったが、まどかの方は防げたとの発言やまどかが魔法少女になることが悲劇を引き起こすと思っているところ。
これに関しては、以下の仮説が考えらる。

1.過去の体験
タイムマシンなどで過去を変えるためにやってきた、あるいは巻きまどし現象の発生。

2.パラレルワールド
別の世界の前の時点に戻ってやり直し。
あくまで似た世界に移動するという点で過去にタイムスリップするのとは異なる。

3.予知
ほむらには予知という特殊能力がある。

4.未来からのメッセージ
未来からメッセージが送信され、現代のほむらやまどかがそれを受け取った。

5.小説
荒廃した未来に住む者が書いた小説。

6.Qべえの魔法
1と2に含まれるが、荒廃した未来の運命を変えるためQべえが魔法を使い、やり直しをしている。

7.夢
全てはまどかが見ていた白昼夢でした

魔女
人間の感情を刺激し自殺などに追い込むもの。
2話では一人だけを自殺に追い込んでいたが、4話では10数人に増えていた。
これは、魔女の力の違いが理由である。魔女もピンキリなのでしょう。
ここで疑問なのは、強い魔女はどうやって生まれるのかということ。
人間や魔法少女を食べることにより力を高めていくのだろうか?
まどかの夢の中にいた世界を滅ばすほどの魔女はどうやって生まれたのかが気になります。
また、魔女がどのようにして生まれるのかは疑問である。
これに対し、以下の仮説を考えた。

1.人間の負の感情から生まれる
現代社会に疲れ切った人の負のオーラが集まって発生

2.Qべえがつくる
魔法少女と契約する一方で、魔女も生みだしていた。
魔法少女が生まれると同時に反作用として魔女が発生するのかもしれない。

3.魔法少女がつくる
魔法少女は魔女を倒すことによりグリフシードを得る。このグリフシードによって魔力を回復させる。2話の描写を見ると、ソウルジェムの負のオーラがグリフシードに映ったように見えた。グリフシードから魔女が生まれる。つまり、魔法少女が得る見返りの代償として魔女が生まれる。魔法少女の中にはグリフシードを獲得できるため、魔女が生まれることを望んでいるものもいる。

4.魔法少女が変化
戦いを続けていくうちに魔女になる。もしくは、魔女に敗北することで魔女に変化する。

5.元々存在していた
人間とは別の世界が存在。魔女はその世界の住人で、人間界に迷い込んできたにすぎない。(魔界にいる化け物が人間界に出てきたような感じ)

6.極秘機関
極秘機関が魔女を培養してつくっていた

7.人間が変化
絶望した人間が突然、魔女に変化。

8.そもそも、そんなものはいない
Qべえが生み出す幻術。もしくは、妄想。


魔法少女

Qべえの発言から、人間を守ろうというものは意外に少ないことがうかがえる。
グリフシードという見返りを得るのが目的になっているらしい。
この見返りのせいで争いになることが多いらしい。
ソウルジェムの魔力がなくなると、魔女との戦いに勝てず命を落とす、
あるいは命がつきるのだろうか?
魔力をMaxにすると何か起こるのかという疑問がわく?
強い魔女へと変化するのだろうか?
そう仮定すると、人間を救おうという優しさがみんなを不幸に落とすというのは納得できる。
人間を救うために魔女を倒していた結果、人間を不幸に落とす強い魔女に変化するのだから。
とすると、ラスボスはまどかだろうか?



関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

大変だよね

色々なモチーフを調べたり
それぞれの発言を検証したり
何気ないヒトコマに注目したり

マミはやさしい魔法少女だったね
さやかは献身的な魔法少女だよね
杏子は蛮勇の魔法少女といえるね
ほむらは不思議な魔法少女だよね
まどかは凄い魔法少女になれるね


そうだ君にも僕と契約して魔法少女になって欲しいんだ

QB | URL | 2011-02-07(Mon)02:32 [編集]


大阪から不慣れな東京、中野を観光しに来ました。
中野ブロードウェイの紹介記事を拝読しがてら、
気になるアニメのタイトルが目についたのでコメントさせていただきます。

ほむほむちゃんの予知(?)については、
どうやら魔法少女vs魔女の戦いは何世代にもわたって、
そして地域を限らずあらゆるところで行われているようです。
ほむほむに特別な能力がなくとも、魔法少女として戦っているという
ただそれだけで、まどかたちが魔法少女になることが
辛いことだということは判るのではないでしょうか。
単に先輩としてのおせっかいでまどかを助けようとしている、
っていう解釈もあるんじゃないかなって思いました。
ほむほむちゃんはとても優しい子なので。

魔女が生まれる過程には、興味がありますね。
5話の赤い子との会話で魔女の幼生は人間を食べると大きくなる
というような内容がありました。
しかし俺としてもそもそもの発生にはやはり
魔法少女が関わっているような気がしてなりません。
いずれにせよこの先がとっても気になるアニメです。
こんなにドキドキさせられるのは久しぶりです。
また新しい話を見たらアカシマ殿のご感想を見に参ります。

えっと、拙い長文、お目汚し失礼いたしました。
中野ブロードウェイの紹、大変参考になりました。
失礼いたします。

大膳太夫 | URL | 2011-02-11(Fri)09:29 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011-02-12(Sat)22:27 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011-02-12(Sat)22:39 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。