赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
ネタばれ注意

この記事は原作の祭囃子編までプレイした後に書いたものです。
伏線になっていたことや原作とアニメの違いなどについても語るので真相を知らない人は見ない方がいいです。


基本的なことですが目明し編は綿流し編の解答です。(完璧な解答ではありませんが。)他の鬼隠し編などは、ここまで、はっきりとした形で示されてはいません。(綿流し編だけ解答が付けられていることには理由があるのです。)









感想の前に

綿流し編終了時に犯人を特定した人はいるのでしょうか。(あてずっぽうや勘ではなく、はっきりとした根拠を持って)ぶっちゃけ、魅音が犯人でも筋は通るんじゃないかと。(who、how、whyの全てが説明できる。)綿流し編で偽魅音が言ったように、詩音を監禁し一連の犯行を行った。動機は何でもいいんです。(例えば、オヤシロさま信仰がどーのこーのや悟史関連など。)魅音が悟史君が消されたって、はしごを揺らしている場面がありましたが、綿流し編の時点では魅音、詩音がどれほど悟史のことを思っているかは分かりません。俺が言いたいことは、綿流し編の時点では犯人は断定できないのでは、ということ。こんなことを書いたのは、竜騎士先生の小冊子がきっかけです。


竜騎士先生は綿流し編と目明し編は後期クイーン問題を意識して作った作品であると言っているようなのです。(実際の後期クイーン問題をとは違うらしいのですが、ここではスルー。)後期クイーン問題というのは、「探偵が得た結論が真実であるということを探偵自身には示せない」というもののようです。どうしてかというと、作中で得られた証拠が全てであると探偵には絶対に示せないからです。これができないと、新たな証拠Xによって結論が変わってしまう可能性があります。


綿流し編では探偵(レナ)が作中で得られるデータ(醤油などの証拠)をもとに魅音が犯人であるという結論を得ました。(詩音が犯人であるとう結論も得ることはできますが、どっちが正しいなんて分かりっこない。)そして、この時点の犯人(魅音)もそれが真実であると認めています。(最後に詩音が自殺する場面がありますが、そいつが魅音なのか詩音なのかは結局分からない。)まあ、謎を残しつつも魅音が犯人であるという形で綿流し編は決着したわけです。


しかし、目明し編でこの結論(魅音が犯人)がひっくり返る。綿流し編の時点で、詩音があそこまで悟史のことが好きだということは絶対に分からない。さらに、園崎家のことや、北条家のことなど、新しい事実のオンパレードでした。こういった証拠があると、話は全く変わり、詩音が犯人であるという結論が得られるわけです。


で、「犯人は詩音」で決まりかと言えば、そういうわけではないらしい。実は同姓同名の別人である詩音が犯人という風にも出来るわけです。(まあ、そんな作品書いたら読者から見捨てられるけど。)


綿流し編と目明し編はこういう作品だったようです。この辺りが理由で、綿流し編だけ、はっきりとした解答編が作られたのでしょう。個人的には、「へ~」と思いましたが、同時にフェアじゃないとも思いました。(俺は、ひぐらしは謎解きを楽しむというよりは、キャラクターの心理や行動を楽しむというもの、だと思っているから構わないんだけど。)また、この話を知った時、綿流し編と祟り殺し編以降の詩音のイメージが全く重ならない理由も分かりました。(後期クイーン問題を扱うため、意図的に詩音という人間が分からないようにしている。)ひぐらしって、よく出来ていますよね。



長くなりそうなので、記事を分割することにした。書きたいことが一杯あるからしょうがない。その2で終わってくれるかな。

ひぐらしのなく頃に(アニメ、原作)一覧

関連記事
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。