赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
2011年3月上旬、北海道・東日本パスを使って東北と北海道に旅行に行ってきた。
以下は今回の旅行のルートです。(期間は6日)

大宮→高崎→水上→長岡→新潟→新発田→村上→酒田→秋田→大曲→角館→大曲→秋田→大館→弘前 →青森→東室蘭→登別→登別温泉→札幌→小樽→札幌→函館→五稜郭→大沼公園→五稜郭→函館→青森→八戸→盛岡→平泉→一ノ関→仙台→山寺→山形→かみのやま温泉→米沢→福島→郡山→黒磯→古河→池袋

今回の記事では高崎と水上について書きます。
まずは高崎。

高崎

大宮から高崎までは1時間20分くらいかかる。
高崎線は人が少ないと思っていたがそうでもなかった。


高崎の駅前2

高崎駅

高崎の駅前1

高崎の駅前。

上越線

高崎から上越線で水上に向かいます。
この車両はロングシートでした。

水上

高崎駅から1時間ほどで水上駅に到着。

水上駅

水上は温泉で有名な場所です。
駅から温泉街までは徒歩10分程度。

今回訪れた時間が早朝だったため営業している施設はありませんでした。
ただ、無料の足湯だけは利用することができました。

水上1

水上の駅前の様子です。

水上2

水上駅から見える山。

水上3

この日はそこそこ雪が積もっていました。

水上4

足湯。

水上5

水上を流れる利根川です。

水上周辺を散策した後、上越線で長岡に向かいます。
上越線の水上~長岡は雪景色が楽しめる区間です。
川端康成の小説「雪国」の舞台である新潟県湯沢町も通過します。
水上から長岡方面に出発して通る長いトンネルは川端康成が描いたトンネルのようです。
長いトンネルを抜けた時に見える雪国の世界はいいですよ。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。