赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
2011年3月上旬、北海道・東日本パスを使って東北と北海道に旅行に行ってきた。
以下は今回の旅行のルートです。(期間は6日)

大宮→高崎→水上→長岡→新潟→新発田→村上→酒田→秋田→大曲→角館→大曲→秋田→大館→弘前 →青森→東室蘭→登別→登別温泉→札幌→小樽→札幌→函館→五稜郭→大沼公園→五稜郭→函館→青森→八戸→盛岡→平泉→一ノ関→仙台→山寺→山形→かみのやま温泉→米沢→福島→郡山→黒磯→古河→池袋

今回は上越線(水上~長岡)の記事です。
この区間は雪景色が楽しめる面白い区間です。
長いトンネルを抜けた先の雪国の世界は素晴らしいです。

上越線1

水上から上越線で長岡を目指します。
水上を出発して数分後に長いトンネルに入ります。
このトンネルは川端康成の小説「雪国」で描かれたものです。
川端康成の気分を味わうためか、たくさんの人が湯檜曽駅から乗ってきました。
(おそらくツアー客です)

上越線2

長いトンネルを抜けた後の世界。
3月上旬と言う時期にここまで雪が積もっていることに驚きました。

上越線3

スキー場の近くです。

上越線4

雪の山の景色が素晴らしかった。

上越線5

雪景色は素晴らしいですが、このような雪国で暮らすのは大変そうです。

上越線6

越後湯沢の近くです。
スキーするには絶好な場所でしょう。

上越線7

見事な雪景色が続きます。

上越線8

車でここを通るのは厳しそうですね。

上越線9

ここの人たちの生活が気になります。
朝起きたら家が雪で埋まっていたということがありそうな気がします。
ただ見ているだけなら楽しめますが、実際に暮らすとなると楽しめないでしょう。

上越線10

この辺りはメートル単位で積もっています。

上越線11

線路だけは走れるようになっています。

上越線12

トンネルを抜けて数十分走ってもこんな景色が続きます。

上越線15

ただ、都市部に近づくにつれて雪が少なくなっていきます。

上越線16

長岡駅に到着。

上越線17

この辺りにはほとんど雪がありませんでした。




関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。