赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
2011年3月上旬、北海道・東日本パスを使って東北と北海道に旅行に行ってきた。
以下は今回の旅行のルートです。(期間は6日)

大宮→高崎→水上→長岡→新潟→新発田→村上→酒田→秋田→大曲→角館→大曲→秋田→大館→弘前 →青森→東室蘭→登別→登別温泉→札幌→小樽→札幌→函館→五稜郭→大沼公園→五稜郭→函館→青森→八戸→盛岡→平泉→一ノ関→仙台→山寺→山形→かみのやま温泉→米沢→福島→郡山→黒磯→古河→池袋

今回は角館、奥羽本線(秋田~大曲)、田沢湖線(大曲~角館)、秋田の記事です。

奥羽本線1

まずは始発で角館を目指します。

奥羽本線2

奥羽本線(秋田~大曲)の風景。
秋田駅の近くはほとんど雪がありませんでしたが、
山の中には雪が残っています。

大曲駅2

大曲駅に到着。

大曲駅1

大曲の駅前の様子です。
大曲からは田沢湖線で角館を目指します。

角館駅1

角館駅に到着。

田沢湖線1

角館駅前。
結構、雪が残っています。

ところで、角館は有名な観光地のひとつです。
観光名所は佐竹北家に仕えた武家屋敷が立ち並ぶ武家屋敷通りです。
武家屋敷の中に入ることも可能です。(9時から17時が多い)
角館の美しい街並みは小京都と呼ばれています。
また、角館は桜の名所としても有名です。(4月下旬)
名物としては、「きりたんぽ鍋」、「稲庭うどん」、「比内地鶏の料理(親子丼など)」
があげられます。(秋田名物という感じですが)
冬の時期は雪が積もった武家屋敷を見ることができます。
アクセスですが角館は新幹線の停車駅なので新幹線を使うのであればアクセスはよいと言えます。
一方、ローカル線を使う場合は本数が非常に少ないため注意が必要です。
(新幹線の方が本数が多い気がします)

角館1

角館の桜並木。
当然のことながら、3月上旬と言う時期なので雪だらけ。

角館2

角館を流れる川。

角館3

ここらへんから武家屋敷通りがはじまります。
(角館にある建物は武家屋敷を模したものが多く、
武家屋敷通りに来るまでもいい雰囲気を味わうことができます)


角館4

雪の風情を残すためか、屋根には雪が積もっています。
(雪下ろしされると、住んでいる人には申し訳ありませんが雰囲気が損なわれます)

CIMG5693.jpg

奥の武家屋敷通りには青柳家と石黒家という大きな武家屋敷があり見学することができます。
武家屋敷の邸内には大量の雪が積もっておりいい雰囲気が出ていました。
角館にはもう一度行きたいと思いました。

田沢湖線4

電車の時間が来てしまったので、角館の町を離れ秋田に向かいます。
田沢湖線の景色です。

田沢湖線2

雪はやや少ないですが、雪景色が続きます。

田沢湖線3

わりと綺麗な雪景色でした。

秋田3

長い時間をかけ秋田駅に戻ってきました。
ここで秋田の名物、きりたんぽ鍋を食べます。
(大館の方がいいと聞きますが、時間がありませんでした)
きりたんぽ鍋の店は夜から営業しているところが多いですが、
昼でも食べられるところがあります。
今回は駅近くの店できりたんぽ鍋を食べました。
きりたんぽ鍋以外の名物としては、比内地鶏の料理、稲庭うどんなどがあげられます。
他にしょっつる鍋(はたはたの入った鍋)が有名です。

秋田4

秋田駅前の様子です。

秋田5

一応、千秋公園が観光スポットではあるようですが中には入りませんでした。



関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

素敵なブログですね
とてもおもしろいです
また遊びに来ます

marumori | URL | 2011-03-16(Wed)12:49 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。