赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
2011年3月11 日、東北地方太平洋沖でマグニチュード9.0の巨大地震が発生。
この地震は観測史上最大の規模で世界4番目の大きさ。
今回の巨大地震では大津波による被害が大変深刻。
岩手、宮城、福島の沿岸部の町は壊滅し行方不明者は多数。
死者が1万人を超えることはほぼ確実と阪神淡路大震災よりも酷い状況。

福島県にある原子力発電所では第一原発の1号機は炉心溶融および爆発が発生。
第一原発の3号機でも1号機と同様に冷却機能停止、水位レベル低下が発生(炉心溶融の恐れ)。
水素爆発が発生する恐れもある。
第二原発でも原子炉に危険な状況に陥っている。
また、宮城県にある女川原発では異常な放射線量を検知。
これは福島県第一原発で発生した放射線によるものだと考えられている。

被災地では水、食料不足が発生。
交通、通信などにも問題が生じている。

東京電力では電力供給が不足していることから、計画停電が14日から実施される。
これは関東をいくつかのブロックに分割し時間差で3時間程度、停電させるというもの。
この計画停電により鉄道の運行本数が減るなどの影響がある。

余震についても警戒が必要。
マグニチュード7以上の地震が3日以内に起こる確率は70%以上。

政府やマスコミが発する情報をラジオやテレビなどでチェックすることは重要。
しかし、チェーンメールやインターネットなどでデマ(千葉のコンビナートなど)が
出回っているため、情報を正しく判断することが必要。

主な被害
・巨大地震による直接的被害
・大津波
・火災
・福島原発


懸念事項
・福島原発
・余震
・週明けのマーケット

東日本巨大地震に対するコメント

地震が発生した3月11日の朝には未曾有の危機が発生しているとは思いもしていなかった。
まさか、映画や小説などの世界の出来事が現実で再現されるとは。
地震が発生した直後は東海地震が発生したと思った。
テレビで地震の詳細を確認した時、震源が宮城県の太平洋沖と聞いた時は驚いた。
しかし、それ以上に驚いたことはマグニチュードの大きさと津波の高さである。
マグニチュードは8.8、津波の高さは10m以上。
仙台空港の浸水の様子や他の地域で車が流されていく映像を見た時、
ここが日本であることを疑った。
夢なら覚めてほしかった。(今でも夢であってほしいと思っている)

福島原発の緊急事態宣言にも大変驚かされた。
原発推進者は何度も「何重もの壁があり絶対安全」という話を繰り返していたので、
原発は大丈夫だと思っていた。
震度6強という震度7に満たない状態で危機的状況に陥り、騙されていたと思った。
東京電力の逐次的対応や政府などの情報規制に不信感が募った。
当初は「放射能漏れは絶対ない。1時30分には解決する。」と言っていたのに、
危機的状況に陥っている。
また、事後報告の姿勢にも不信感が募る。
重要なこと隠ぺいしているような気がする。
現在、東京にいるが西に逃亡したい。
また、作業員の方が犠牲になっていることは悲しい。

津波による被害の深刻さにも驚かされる。
街の壊滅や行方不明の数のニュースを見ると悲しくなる。
日本でこんなことが起きていることは今でも信じられない。

週明けのマーケットがどうなるかが非常に気になる。
今回の大地震は日経平均に影響を与えるだろう。
金利、為替も気になる。
(地震が起こった直後、円安になるのかと思っていたら円高になっていた)

夢なら、覚めてほしいです。




関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あいv-238下線の文太字の文

| URL | 2011-07-28(Thu)08:42 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。