赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
俺の中では大ヒットであったFFT。
シミュレーションRPG(アークザラッドとか)というジャンルである。

松野さんがてがけた作品(FF12とか)ということもあり、
独特の世界観である。

FFTはFFの中でもかなり好きなゲーム。
そんな思い入れが強いFFTのレビューです。

俺がプレイしたのはPS版です。

ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争
ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争

内容

主人公ラムザが戦争の裏で暗躍するグレバドス教会と戦う。

ストーリー

舞台は中世のヨーロッパ?(似てるだけ)の一国、イヴァリース。
イヴァリースは隣国と長い間戦争(五十年戦争)をし、
和平という形で幕を閉じた。
イヴァリースの覇権争いである獅子戦争がはじまる。
その戦争はディリータという青年によって終結した。
本作はその歴史をラムザという主人公を通して振り返るものである。

ちなみにこのゲームのシナリオ、かなり難解です。

特徴

ストーリーが非常にどろどろしている。
権力争いがテーマとあって世界に陰謀がうずまいている。
誘拐、暗殺、裏切りと非常に恐ろしい世界である。

一回の戦闘にかなり時間がかかる
20分かかることもざらにある。
最低でも5分くらいかかる。

行動するだけで経験値をもらえる
普通のRPGは敵を倒すことで経験値が得られるが、
この作品は行動(攻撃、アイテムを使うなど)するだけで
経験値、アビリティポイントが手に入る。

新しいジョブは他のジョブレベルを上げることで得られる
DQ6みたいなもの

主人公とゲスト以外はパーティーから外せる
(はずすと二度と仲間にならない)

使えないものはこのゲームには必要ないのだ。
主要キャラであろうと気に入らなければクビにするとよい。

20人?の中から5人を選んで戦闘に突入
毎回同じメンバーを使いがちであるため、
メンバー間の強弱がはっきり分かれる。
5人しかいれられないため、5人すべて
強キャラで埋まってしまい、モブキャラの出番はなくなりがち。

ユニークな武器、魔法
他のFFにはないわけのわからん魔法や武器が
存在する。

他のFFのキャラが仲間になる
かなり異例なことである。

音楽がかっこいい
ボス戦の音楽がかなりいい。


レビュー

点数は「85点」です。

FFの中でも異彩をはなつ作品。
むしろFFではない。
おそらくFFという名前をつけることによる売り上げアップを
たくらみ、無理やりFFとして発売したのであろう。

世界観はFF12に似ている。

異彩な理由の一つはストーリー、もうひとつはバトルである。

ストーリーについて
従来のFFでは考えられないほどの難解さと奥深さがある。
DQ1のように悪さをしている竜王を退治するという
単純ものでは決してない。
しかし、このシナリオについていけたものは一つの良質な小説を
読み終わった気分が味わえるだろう。
ゲーム終了後にはしばらく考え込んでしまう。
読むテキストの量も非常に多く、物語を理解するためには
相当の努力を要する。
また使われている単語、漢字の中に難解なものも多く、
テキストを正しく読むことすら大変である。
(子供のころ「骸」が読めなかった)
ゲームの隣に、辞書を用意したほうが良いかもしれない。
そのため、FFTのストーリーが結局良くわかっていないプレイヤーも
多いのではないだろうか?(俺も完全に理解してるとは言い難い)
またストーリーの難解さもさることながら、特徴でも述べたように
非常にどろどろしているのだ。
いいことを言っておきながら、陰で何かするのは序の口。
戦争で良く使われる手段なんかのオンパレードである。
身分の違いをテーマとしているところもあり、
プレイしているだけであるキャラへ怒りがわく。

俺個人としてはストーリーはFFの中でも高く評価している。

バトルについて
特徴のところでも述べたように、武器、魔法、アビリティが
他のFFよりも数が多い。
また、普通のFFとまったく異なるバトルである。
そのため、普通のFFと同じ感覚でプレイすることはできない。
魔法も癖があるものが多く、いつもと同じような使い方が
適切であるとは限らない。
さらにこのゲームはこちらのレベルに応じて敵のレベルが
上がっていくのでレベルによるアドバンテージは得られない。
そのため、アビリティを組み合わせて戦略を立てることが重要で、
この戦略の組み立てこそがFFTの醍醐味である。

戦略を構築していく喜びは今までのFFにはなかった。

FFTの良い点は主にこの二つである。

当然悪い点も存在するのでそれについても触れておく。
・使えないアビリティが非常に多い。
・システムがわかりづらい。(星座、ブレイブ、フェイス、攻撃力など)
・非常に難しいバトルがあり、セーブすると、はまってしまう場所がある。
・ゲームバランスを崩壊させるキャラがいる
・ストーリーが暗すぎる

大体こんなところである。
つまり、バトルは面白いのであるがゲームバランスが
悪いのである。



プレイ済みのPS
プレイ済みのゲーム一覧

関連記事
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。