赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
2011年7月下旬、青春18きっぷを使って、山陽、九州を旅してきた。
(一部、ワープや飛行機を使ってます。)
今回の行程は以下の通り。
1日目(品川~大垣は「ムーンライトながら」という夜行列車を使いました。)
品川~大垣~米原~姫路
姫路~岡山(新幹線でワープ)~倉敷
倉敷~糸先~宮島口
宮島口~広島
広島~徳山~防府
2日目
防府~新山口
新山口~秋芳洞(バス)
秋芳洞~青海島(バス)
青海島~長門市(バス)
長門市~萩
萩~小串~下関~小倉~中津
3日目
中津~別府
別府~大分~由布院
由布院~福岡空港(バス)
福岡空港~天神など
博多~福岡空港
福岡空港~東京(羽田、飛行機)

ご覧の通り、青春18きっぷの旅と言いつつ、バスや飛行機を使っています。
以下の3つがその理由です。
①観光時間を増やすため、②そもそも電車ではいけない、③時間的に厳しい
青春18きっぷは安いというメリットはありますが、
①時間がかかりすぎる、②電車がほとんどこない地域がある、③乗り継ぎが悪い、などのデメリットがあります。
この中で特に問題なのは②です。
田舎のローカル線は、都市とは違い1日、3、4本しか電車がないような地域があります。
1本のがすと、次が2時間後という話が普通にあるわけです。
(ひどいところだと、6時間くらい後)
そのため、18きっぷだけだと観光時間がほとんど確保できない場合が多々あります。
それを防ぐため、ワープの活用、長距離移動はなるべく夜にする、などの対策を俺はとっています。
(飛行機使わないと、3日で九州は厳しいからね)
あと、18きっぷだけだと行ける観光地が限られてしまうので俺はバスを使っているのです。


1日目の旅日記

まずは、夜行列車のムーンライトながらで大垣へ。


姫路駅

大垣、米原で軽く運動して姫路に到着。
(朝の時間で席占領って、よくないとは思うんだけどね。)

姫路城

姫路城は改修中なので要注意。
(修理しているところを眺める施設はあります。)
平成26年度まで改修は行われるようです。

岡山駅

姫路から新幹線で岡山駅にワープ。
90kmの距離を20分というのはありがたいです。

倉敷駅

岡山駅から山陽本線に乗り、倉敷駅に到着。


倉敷美観地区1

倉敷で有名なのは、この美観地区。


倉敷美観地区2

美観地区の雰囲気はなかなかよかったです。


倉敷駅前

倉敷駅前。


山陽本線の景色1

倉敷駅から、宮島口駅に向かいます。
山陽本線から、ときどきこんな景色が見えます。

山陽本線の景色2

ただ、倉敷~広島間は海とか川が見えることは少なかった。


宮島口駅

倉敷から3時間ほどで宮島口に到着。
(距離の割にはそこそこ速い気がする)


厳島神社

宮島口近くからでている宮島行きのJRのフェリーは18きっぷで乗ることができます。
(結構、知られていないのでは?)
フェリーから厳島神社を眺めることができます。

厳島神社3

厳島神社は干潮時には鳥居の近くまで歩いていくことが可能です。

厳島神社を見た後は、島でもみじまんじゅうを買い、宮島口駅付近で名物のアナゴメシを食べてから、山陽本線で広島を目指します。


原爆ドーム

広島に就いた後は、市電に乗り原爆ドームの近くの駅で降車。
「何マイクロシーベルトでているんだ?」と思ってしまいました。


続く

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。