赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
2011年7月下旬、青春18きっぷを使って、山陽、九州を旅してきた。
(一部、ワープや飛行機を使ってます。)
今回は山口県に関する記事です。
山口は一見何も無さそうですが、秋吉台、萩、青海島などレベルの高い観光地が多く存在します。
秋吉台では日本最大の鍾乳洞が楽しめ、萩では幕末を感じることができます。

旅行の行程は以下の通り。
1日目(品川~大垣は「ムーンライトながら」という夜行列車を使いました。)
品川~大垣~米原~姫路
姫路~岡山(新幹線でワープ)~倉敷
倉敷~糸先~宮島口
宮島口~広島
広島~徳山~防府
2日目
防府~新山口
新山口~秋芳洞(バス)
秋芳洞~青海島(バス)
青海島~長門市(バス)
長門市~萩
萩~小串~下関~小倉~中津
3日目
中津~別府
別府~大分~由布院
由布院~福岡空港(バス)
福岡空港~天神など
博多~福岡空港
福岡空港~東京(羽田、飛行機)



新山口1

まずは、防府から新山口へ。

山口付近の電車

新山口駅で降ります。
(上の写真の電車は新山口に止まっていた電車です。)

新山口2

新山口駅は、昔は小郡駅(おごおりえき)という名前でした。
おそらく、山口県を連想する駅の名前をつけようとして名前の改称を行ったのでしょう。
一日の平均乗車人員は7000人強。
(山口県の駅の中では下関に次いで乗車人員が多い駅です。)

新山口から秋吉台(あきよしだい)へ。

秋吉台近くのお土産屋

バスを降りた後は、秋芳洞(あきよしどう、日本三大鍾乳洞のひとつ)に向かいます。

秋芳洞9

秋芳洞の入り口。
予想以上に大きい鍾乳洞でした。
(観光コースは1kmもあります。)

秋芳洞2

秋吉台の内部。
内部は17℃くらいとそこそこ快適な環境です。
(1年中、17℃で一定らしい)

秋芳洞3

この鍾乳洞は高さもあります。

秋芳洞4

縦にも横にも広い鍾乳洞です。

秋芳洞5

中は結構暗いです。

秋芳洞6

秋芳洞の上には秋吉台が広がります。
秋吉台は、秋芳洞の中にあるエレベーターをでて約300mいったところにあります。

秋吉台1

秋吉台。秋吉台は日本最大のカルスト台地。(特別天然記念物、国定公園に指定されています。)
カルスト台地とは石灰岩などの水に溶けやすい岩石で構成された台地が、
雨などで浸食された地形のことをいいます。
秋吉台の地下100mにある秋芳洞も石灰岩などがとけて鍾乳洞となりました。
秋芳洞という名前ですが、大正15年、当時皇太子だった昭和天皇が訪れた後に秋芳洞という名前をつけて頂いたようです。


秋吉台2

どこまでも続く緑がいい。

秋吉台3

秋吉台にはハイキングコースがあり、1~2時間は楽しめます。

秋吉台4

秋芳洞の名物、黄金柱。

秋芳洞を出た後は、青海島へ。
青海島は山口県の北の中央あたり。
島の色がいい。

青海島1

観光船を使って、島を一周。

青海島2

岩の形と色がいい。

青海島3

水の色がきれいな場所も一部あり。

青海島4

門のように見える。

青海島5

青海島を一周した後は長門市駅へ。

長門市駅

長門市駅へ到着。
長門は、「ながと」と読みます。「ながもん」ではありません。
長門という文字を見ると、どうしてもハルヒを思い出してしまいます。

山陰本線の電車

長門市駅から山陰本線で、東萩へ。

山陰本線の景色

山陰本線から、日本海の景色を眺めることができます。

山陰本線の景色2

山陰本線は日本海をずっと眺めることができ、なかなか面白い路線だと思います。

東萩

東萩駅へ到着。
萩は、高杉新作などの幕末の維新志士の面影をみることが出来る場所。
吉田松陰がこの場所で、高杉新作、伊藤博文、山県有朋などの
偉人を育てていたところを想像すると感激する。

萩1

長州藩は現在の山口県あたりで、外様大名の毛利氏が治めていた藩。毛利は関ヶ原の戦いで西軍の総大将に担ぎあげられた大名で、かつては中国地方すべてを治めていた有力な大名でした。関ヶ原の戦いにおいて、家臣の吉家広家は東軍に内通しており、領地の没収を避けるよう画策したが失敗し、周防国・長門国(長州藩)に減封されました。しかし、数百年後には薩長が幕府を倒し新政府をつくりました。(毛利の支配に変わったようにも思えます。)

萩は、長州藩の藩庁が長く置かれていた場所で木戸孝允などはこの土地で育ちました。

萩2

ここらへんに、高杉新作や木戸孝允の家があります。

萩3

明治の維新志士がここで過ごしたことを考えると、ワクワクしてきます。

萩駅1

萩を満喫した後は萩駅へ向かいました。

萩駅2

なんとなく、趣があります。

萩駅3

木でできた改札が面白い。昔は使っていたんでしょうね。

萩駅4

こちらは一般人用の改札です。
お偉いさんはVIP室で休んだ後、別の改札から駅に入っていたようです。

山陰本線の電車2

山陰本線で下関に向かいます。

下関駅

下関に到着。

下関駅の電車

下関から、小倉へ向かいます。

小倉駅

小倉駅。JR九州は変な表示板を使っていますね。

日豊本線1

日豊本線に乗って南下。

中津駅

この日はここで宿を取ることにしました。


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。