赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
スーパーファミコンで出た
知る人ぞ知る伝説のゲーム。
投げつけれた無残なカセットを
目にした人も少なくないだろう。

この攻略メモは俺がドカポンをプレイする時に心がけていることである。


目次

・キャラ評価
・テクニック

キャラの評価



ウォーリアー

強キャラ。攻撃力主体。戦闘中にクリティカルヒットがでることがある。
その一方で、戦闘中の攻撃魔法が不発に終わることがある。

攻撃力が非常に高いので、一発で敵を粉砕することも多い。
ウォーリアに正々堂々と戦闘を挑みたくはない。
序盤から強いため、相手プレイヤーに差をつけられる。




ナイト

最弱。このゲームでは防御力は重要ではない。
5つのパラメータの中でもあげる優先度が最も低いのが
防御力。「攻撃力を1あげる>防御力を1あげる」となっているらしい。

戦闘時にクリティカルガードが発動するが、こんなのが発動するより、
回避してくれたほうがうれしい。
戦闘中に回避不能になるのも最悪。




シーフ

強キャラ。俺が結構使う。このゲームでは一回当たりの
ダメージが大きいため、回避することが最大の防御といえる。
素早さを重視しないプレイヤーも多いと思うが、
このゲームでは素早さは重要である。
おそらく多くの人が、後半の敵に高い割合で攻撃を回避され歯がゆい
思いをしただろう。

では、こちらの素早さが高かったらどうなるか?
攻撃がほとんど当たらなくなる。
ゆえに、素早さは非常に重要なのだ。
つまり素早さが高いこのキャラは強い。

また、特殊能力に戦闘中の攻撃を100%回避するという技がある。
また、フィールドに設置された罠を回避できることができる。
まさに回避の王様。

ただし、序盤には素早さの恩恵が受けられないため、弱い。
それを乗り越えればかなりの強キャラになれる。
また、攻撃を受ける時には大ダメージとなることがあり、
あっけなく散ることも多い。

後半になるに従って、敵も素早くなってくるので注意が必要。
対人戦では敵の魔法攻撃のみに注意を払うことになる。




マジシャン

最強キャラ。使うと友達がいなくなります。
マグマグを大量に店で買い集め、敵を瞬殺。
これが非常に強力です。

あまりにも強力なため、対人戦では暗黙のうちに
規制されることも多い。
その場合は、マジシャンのメリットが活かされず弱い。

フィールド魔法による殺害は相手を不満にし、、
場の雰囲気が悪くなる。
ゆえに、フィールド魔法の使用にはルールをたてるか、
相手との合意のもとでプレイすることが望ましい。
ルールによって、強さが大きく変わるキャラだといえる。

攻撃力の低さは、武器で補える。
ただし、攻撃時に攻撃力が低下することがあるので
普通に戦闘すると弱い。




ファイター

万能キャラ。あげたくない能力が勝手に上がることが
よくありうっとうしい。他のキャラは特化しているものが
あるが、このキャラはないため中途半端に終わることも多い。
最弱ではないがナイト以外の他のキャラと比べると見劣りする。









テクニック


黄宝箱で魔法を手に入れ売却する。
例えばかりゅうは9000Gで売れる。
この金で武器を買う。



・最初の大陸の北にある洞窟の赤宝箱で強い武器をゲット。
成功率は低いが、メリットは大きい。
個人的に、このテクニックはあまり好きではない。
(死ぬことが多く、マヒでターンを消費する。)



・なれ合いの対人戦の時、一人をデビルにして
ごうりゅうけんを奪う。



相手の武具がよいとき、自分の武具
(攻撃魔法、防御魔法は除く)をすべて売り払い、
ドカポン城で復活する。
すると、王様が1位と同じ装備をくれる。




魔法合戦が激しくなった時やデビルがいるときにとても有効。
敵と遭遇しわざと降参するのだ。

すると、フィールド魔法の対象にならず、デビルが同じマスにきても
戦闘にならない。
デビルはこれで楽勝。



・アカフリ大陸に侵入
通常はキーパーがいるため進めない。
しかし、サイコキネンリキを使い、キャラを
ゲートキーパーのうえに置く。
すると、そのキャラはアカフリに入ることが可能。
後は教会を利用する。ただし、この場合はサイコキネンリキを
使ったキャラに恩恵はない。パペットなどが必要となる。




・サイコキネンリキを使い、左下の大陸に島流しにする。
相手が戻ってくるのに時間がかかり足止めになる。
タイフーンやブーフーウーも効果的な手段。





アドバイス


序盤(シナリオ)

黄宝箱で魔法を入手し、それを売った金で
レイピアなどを買うことをおすすめする。
攻撃力の低さを簡単に補えるため。
赤宝箱に頼るよりもこちらの方がはやい。



ウォーリアーの攻撃魔法

ブンシンなどの攻撃力に依存するタイプがよい。

このゲームでは魔力の差が大きいと魔法ダメージが
0になる。そのため、通常の攻撃魔法ならば魔力が高いキャラに
防御魔法を選択させることができない。しかし、分身を使うことで
それを防ぐことが可能。



オーラナックルはいらない

入手するためにビビルマウンテンを攻略する必要があり、
かなりのターンを浪費し、その間に大きく差をつけられてしまう。

強いことは強いが、何十ターンもかけて手に入れるほどでもない。
手に入れたとしても、相手プレイヤーに奪われる可能性もあるし、
装備を売り払ってドカポン城で復活する技で真似される可能性もある。
(つまり、オーラナックルを手に入れたプレイヤーよりはるかに少ない
労力で装備を真似される可能性がある。)

個人的にはオーラナックルより、
強力な魔法が出ることがあるフレイムソードのほうがおすすめ。
(魔法攻撃が超強力。一撃で敵を倒せることが多い。
通常攻撃ではほとんどダメージが与えられない敵も
一瞬で倒せる可能性がある。)
これはオーラナックルより入手しやすい。
(溶岩洞窟の地下2階の鍵宝箱。
溶岩洞窟の地下2階で強い武具が一式手に入る。)



後半はデビルになっても挽回は難しい

デビルになると、村をすべて手放すことになるため
失うものは大きい。相手プレイヤーに戦いを挑もうとしても、
前述の降参技を使われればおしまいである。すると、村をつぶすしか
ないが全ての村を滅ばすことは事実上不可能。
デビルから戻ってみると、前より差が大きくなることもよく生じる。
後半は良く考えてからデビルになるべきである。




戦闘について

相手と自分との力関係に常に注意を払う。
簡単に言うと、与えるあるいは喰らうダメージが
各コマンドを選んだ時にどのくらいになるかを考える。
特に重要なのは死ぬかどうかである。

例えば、マジシャンと戦闘する場合を考える。
マジシャンは魔力が高いため魔法防御をしたくなる。
しかし、敵はそれを逆手にとって必殺をしてくるかもしれない。
必殺を喰らうと死ぬならば、防御魔法、カウンター両方考える必要があるが
死なないなら魔法防御のほうがよい。

他の例として、こちらが攻撃魔法が分身のウォーリアーで
相手が素早いシーフだったとする。この状況で相手が選ぶコマンドは
間違いなく防御魔法である。ということは、こちらは攻撃か必殺を選ぶべきである。

このように相手との関係を考えることで、選ぶべきコマンドがみえてくる。
また、自分の立場から眺めるだけでなく、
相手の立場から見ることも重要である。(2つ目の例)



たいして防御力が変わらない防具は買わなくてよい

後半になるに従って武具が高くなる。そのため、
新しい大陸に行くたびに装備を買い替えるの厳しくなってくる。
すると買うものを絞る必要が出てくる。

一番優先すべきは武器。
ついで、鎧、盾となるが盾は前の大陸のものと変わらないことが多い。
2とか3しか変わらないのであれば、その金で他のことをした方がよい。


防御魔法はマホキカンで当面はよい

他の大陸に行くたびに最高の防御魔法を買いたくなるが、
そんな必要はない。
魔法が防げれば当面は問題ない。
お金を無駄遣いしないようにしよう。
同様に攻撃魔法も大陸に行くたびに買う必要はない。







ドカポン321(SFC)のレビュー
スーパファミコン(レビュー、攻略)
ゲーム(レビュー、攻略)一覧
関連記事
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。