赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
はじめに
最近、日本の景気がさえませんが、世界にはもっとひどい国があります。例えば、スペインでは2012年7月~9月の失業率が25%と最悪の水準です。若者の失業はもっとひどく、約半数が失業しています。ギリシャの失業率もそれに近い水準を記録しています。物価上昇は3%と深刻ではありませんが、失業が深刻化しているのに物価が上がるので状況としては最悪です。例えば、失業率20%で物価上昇率が10%という状況なら、失業者が苦しくなるのはもちろん、失業してなくても給料は下がるのに物価は毎年10%ずつ上昇するので、経済的にかなり悲惨と考えられます。このように、失業率と物価上昇率は経済の悲惨さに大きく関係しています。失業率と物価上昇率を足した指標を「悲惨指数」といいます。1970年代に、アメリカの経済学者がこの指標を考案しました。当時の経済理論ではインフレ率と失業率が同時に上昇することはないと考えられていましたが、当時のアメリカでは失業と高インフレが同時に襲ってきました。
一般に、悲惨指数が上昇すると国民の不満が高まると言われています。悲惨指数が高まると、政権に対する国民の不満が高まり、政権の継続が難しくなります。アメリカの大統領選では悲惨指数や失業率の高さが注目されます。2012年のアメリカの大統領選では、失業率が高いのでオバマ大統領は苦戦するだろうと予想されていました。失業率が低下傾向にあったためか、今回の大統領選でオバマ大統領が再選を果たしましたが、かなりの接戦となりました。


悲惨な国ランキング(2011年 先進国のみ)

「悲惨指数(失業率+物価上昇率)」で順番に並び変えることで、悲惨な国ランキングを作成しました。(失業率は各国によって定義が違うので、単純に比較することはできません。しかし、参考にはなると考えています。)


悲惨な国ランキング(2011年)

ギリシャ、スペイン、ポルトガル、アイルランドといったPIIGSの顔ぶれが上位に並びます。失業率が本当に高いです。ただ、失業率に比べ物価が低いです。あれだけ財政がボロボロにもかかわらず、物価が低水準なのはユーロに加盟しているためだと思われます。ユーロのおかげで、通貨の暴落による輸入インフレが起こらず、救済もしてもらえたので、ボロボロにはならなかったのでしょう。

先進国上位である、アメリカ、イギリス、フランスがランキングの上位に並んでいます。この3カ国は失業率が結構高いです。一方、日本、ドイツの失業率は低いです。どうして、これだけの差があるのでしょうか?この差は経常収支から説明することが可能です。
以下のグラフは先進国の経常収支の推移です。
先進国の経常収支の推移
アメリカ、イギリス、フランスは経常収支が赤字です。一方、日本、ドイツは経常収支が黒字です。経常収支の赤字は基本的に輸入が輸出を上回っていることを意味します(貿易収支に近いことが多い。)。したがって、アメリカ、イギリス、フランスは他国からの輸入で経済をまかなっている一方、日本、ドイツでは国内で生産した製品の一部を海外に輸出しています。輸出は「失業率の輸出」とも言われます。輸出の場合、国内で雇用が生まれますが、輸入の場合は雇用が生まれないからです。つまり、輸入が多いアメリカ、イギリス、フランスは製品の生産による雇用が生まれないので失業率が高く、日本、ドイツは、製品の輸出で雇用を生んでいるので失業率が低いということです。
近年では、単純な生産など付加価値が低い労働を新興国にやってもらい、会社運営、商品開発など付加価値が高い仕事を本国で行う企業が増えています。当然企業は儲かります(役員など一部の人は高額報酬をもらう)。しかし、付加価値が高い仕事は一部の人しか就けないので、失業率が高くなるもしくは、パート労働にしか就けない、などの問題が先進国で広がっています。アメリカでは弁護士や会計士の資格をとっても、パート労働しか仕事がない人がいる一方で、上位1%の人の収入が増加傾向と経済格差が大きく広がっています。日本は、そこまでひどいことはありませんが、長引く不況で徐々に空洞化が広がり雇用は悪化傾向にあります。短期労働者や若者の失業者が増加しています。輸出が増加すれば、国内で雇用が生まれるので雇用は改善します。ただ、海外生産も増えているので高度成長期のように大量に人を採用しないと考えられます。
オーストラリアは経常赤字ですが、成長しているので雇用はそこまで悪くないのです。

最後に、高福祉で有名な北欧を見てみましょう。ノルウェーの失業率は低いですが、スウェーデン、フィンランドはそこそこ高いです。失業者の支援は充実しているそうです。



関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いいですね(*^_^*)

藤岡亨穂 教授 | URL | 2012-11-25(Sun)02:26 [編集]


矢部結城乃ちゃんの感想

また読みに着ますね(^^♪

矢部結城乃 | URL | 2012-11-28(Wed)01:39 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。