赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
財務省が発表した貿易統計によると、2012年の貿易収支が6兆9237億円の赤字と、過去最高の赤字になりました。火力発電で使う燃料の輸入が急増したこと、輸出がさえなかったことなどが原因です。貿易収支を地域別にみると、対中国の貿易赤字幅が前年の倍近くになっている、対EUのは貿易収支は赤字に転落、アメリカに対しては黒字幅を拡大している、ことなどが分かります。商品別でみると、燃料輸入の急増、電機機器、輸送用機器の貿易黒字幅の縮小、などが読み取れます。
目先では円安が進んでいますが、長期的には円高ですので、輸出は大きく改善することはないと思われます。一方で、輸入は燃料輸入の急増、資源価格の高止まりなどを背景に下がりにくいと思われます。したがって、貿易収支はなかなか以前しないと思われます。


貿易収支の推移


日本の貿易収支は長い間、黒字を記録してきましたが、リーマンショック以降は大きく低下しています。経済の減速や円高の進行により、黒字を稼ぎにくくなっています。

貿易収支の推移


日本は、アジア、アメリカから黒字を稼いでいる


アジア、アメリカに対しては黒字を稼いでいます。一方で、原油の輸入先である中東からは貿易黒字が稼げていないようです。2012年はEUからも、貿易黒字を稼げませんでした。

地域別貿易収支の推移


2012年の貿易収支は中国の影響を大きく受けました。中国経済の減速や尖閣問題で赤字幅が大きく拡大しました。

対中国の貿易収支の推移


欧州債務危機の震源地であるEUもひどです。

対EUの貿易収支

アメリカからは黒字を稼げています。アメリカでは新車販売台数が増えてきているので、輸送用機器が伸び、黒字拡大につながりました。

対米国の貿易収支の推移


鉱物性燃料が大きく増加しています。輸出も昔と比べ、かなり厳しくなっていることが分かります。

商品分類別貿易収支
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。