赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
世界中で若者の失業が深刻化しています。若者の失業率は、全年齢合わせた失業率よりかなり高く、年齢が高くなればなるほど失業率が低くなる傾向があります。世界経済の減速で、新規求人を減らしたことが原因です。年齢が高い人の失業率が低いのは、解雇しにくいためです。年齢が高い人を解雇しない代わりに、求人数を減らしコストを削減しているのです。加えて、世界の先進国では新興国など労働コストが低い国に生産拠点を設けて、本国での生産を減らす空洞化の動きが進み、企業は人を雇わなくなってきています。その結果、一部の人は高い賃金をもらう一方で、職がないともしくは非正規雇用の人が多数存在します。
若者の失業が特に深刻なのはEUです。全年齢の失業率にくらべ、若者の失業が倍になっている国もあります。中でも、ギリシャ、スペインでは若者の半数以上が失業状態です。
若者の失業問題が長引くと、十数年後には消費をしたくてもできない人であふれ経済に深刻な影響を及ぼすと考えられます。また、失業率が高くなると犯罪が多くなる傾向があり、治安が悪い国が増える恐れがあります。


日本の失業率

まずは、日本の失業率を年齢別に見てみましょう。全年齢あわせた失業率が赤の太字です。このグラフを見ると、若者の失業率が高いことが分かります。

日本の年齢別失業率


アメリカの失業率
アメリカでも、同様の傾向がみられます。

アメリカの若者の失業率


EUの失業率
EUでも、同様の傾向があります。

EUの年齢別失業率


若者の失業率順で、並び変えた表を作成しました。この表を見ると、PIIGSの面々が上位に入っています。どの国でも、若者の失業は深刻ですが、ギリシャ、スペインが抜きんでています。全年齢と比べて倍以上、リーマンショック前の2008年1月と比べても倍以上です。アメリカ、日本では2008年1月に比べて倍以上の失業率となっていないところを見ると、ギリシャ、スペインの経済は急激に悪化したと思われます。
EU内の先進国間でも、格差があります。フランス、イギリスの若者の失業率が2008年1月に比べ増えているのに対し、ドイツでは減っています。このことから、ドイツはEUの中では経済はかなりましだと思われます。
EUの若者の失業率


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。