赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
ep4までのネタばれあり

うみねこにでてくる変な用語(チェス盤を「~」など)について
まとめてみた。

あくまで俺の解釈なので、
多少違うかも。

ネタばれが嫌な人は見ないでください。
記事のやや下からはじめます。


TVアニメーション「うみねこのなく頃に」キャラクターソング vol.2
TVアニメーション「うみねこのなく頃に」キャラクターソング vol.2

















チェス盤をひっくり返す

霧江さんと戦人が使う変な言葉。
アニメ視聴者は「チェス盤をひっくり返したら、駒がなくなるだろ。意味不明。」
って思う人が多数登場しただろう。
某アニメで、親父がちゃぶ台をひっくり返すシーンがよく出るが、
そういう意味ではない。
将棋盤などを横に回転させ(縦じゃない)、相手の立場で見るという意味。

霧江さんいわく、ゲーム理論(経済学で使われる)を単純に解釈したもの。
霧江さんも言ってるけど、これはゲーム理論の初歩。
というか、ゲーム理論の名前を出すこと自体恥ずかしい。
将棋やオセロしているときは皆やってるんじゃない。

ゲーム理論の話(適当だけど)
ゲーム理論は俺も勉強したことがある。
この学問は超天才のフォンノイマンがゲーム(チェスだったけ?)を
しているとき?に思いついた理論らしい。
この分野でノーベル賞がそこそこでるらしい。
ナッシュ均衡をよく考えさせられた。
相手のある戦略に対して、自分の最適反応戦略を考え、どーのこーの。
これで需要供給の関係や独占、寡占を説明できる。
矛盾(相手のコンビニが進出してきたときには、
協力するが最適)もあるけど。
囚人のジレンマがわかりやすいかな。




悪魔の証明(その1)
うみねこでしょっちゅう使われる言葉。
戦人と留弗夫が良く使う。

まずは問題
「悪魔がいることを証明するにはどうしたらいいでしょうか?」

答えは簡単で
「一匹でもいいから悪魔を連れてくる」ー①

じゃあ、悪魔がいないことを証明するにはどうしたらよいか?
これは
「宇宙の隅々まで調べつくして悪魔がいない」ー② 
を言わなければならない。
現実問題として、①に比べ②のほうがはるかに難しい。

それなら、「悪魔がいるって主張する奴が①をすべきであって、
反論する側は②をしなくていいんじゃない」
っていうのが悪魔の証明だったはず。

心霊写真の検証も大体こんなスタイルをとるよね。
心霊写真があるっていうやつが写真を持ってきて(上でいうと①)、
専門家がそれを否定(①は誤りだと言う)する。

うみねこでは、ベアトリーチェが魔法が存在する(①)と主張し
戦人がその否定(①の否定)をするというスタンスをとっています。


それ以外でも、赤字を使って①の証明をしてくることも多い。

うみねこの最初のころは①(魔法)を否定しさえすれば勝ちだった。
(どんなに筋が通っていなくても)







ヘンぺルのカラス(対偶論法)

対偶っていう言葉は高校生の時の数学で出てくる用語。
俺はこの言葉は数学くらいでしか使い道がないかと思っていたが、
意外にや数学以外の場所でも結構役に立つ。
(ちなみに俺は現実世界で対偶が役に立ったことはありません。)

まずは次の命題
「カラスは黒い。(カラスならば、黒である。)」
を証明することは次の命題を証明することと同値である。
「黒くなければ、カラスではない。」
つまり、「世の中にある黒でないものすべてを持ってきて、カラスでない」ことを示す。

うみねこではこの手法が使われるが、誤用が多い気がする。
竜騎士先生が「→」を「=」で表記しているのが原因かな。

身内の中に犯人がいるってこれで言えったけなぁ?


(余談)
命題の定義
「PならばQ」の真偽をイエス、ノーで言えるときこれを命題という。
例「私(P)は男である(Q)」


「男(Q)は私(P)である。」

「私でないなら(Pの否定)、男でない(Qの否定)」
対偶
「男でなければ(Qの否定)私ではない。(Pの否定)」

元の命題と対偶の真偽は等しい。







・悪魔の証明(その2)


原作で非常に面白い使われ方をする。
爆笑ものである。
戦人が「悪魔の証明により~」
って言っていた時は、大笑いしてしまった。

悪魔の証明は上で述べたとおりである。
戦人は②を使ってくる。
戦人の使い方は次のような感じである。
「②が証明できないので、悪魔は存在する。」
殴りたくなってくるような回答である。
現実世界でこんなことを言っても誰も相手にしないだろう。

しかし、この世界ではこれは許されるのだ。
なぜなら、ベアトリーチェが①を証明してくるからである。
悪魔の証明(その1)でいう「悪魔を主張したいやつが~」っていうのは
あくまで人間の世界の話なので、わざわざその形式にのっとる必要はない。
だから、こんなふざけた使い方をしてもよいだろうということ。



うみねこのなく頃に 物語全体の考察および推理

ep1(原作) 犯人とトリックの考察や推理
ep3(原作)第一の晩のトリックの推理
碑文の推理

うみねこのなく頃に感想、推理一覧

ひぐらしのなく頃に(アニメ、原作)感想、考察一覧


視聴済みアニメ一覧

関連記事
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。