赤嶋情報

アニメの感想、レビュー。ゲームのレビュー、攻略。たまに、経済や旅行ネタ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
そろそろタイムリミットが近い。
2010年8月には解答が出そうである。(2010年6月上旬)

そこで、物語全体の謎に関する推理をしてみた。

俺はちなみにep6までプレイ済み。

非常に多くのネタばれ(ep6まで)あり。


ネタばれが嫌な人は見るのを避けてください。


記事の下のほうから推理をはじめます。


TVアニメ「うみねこのなく頃に」コレクターズエディションNote.03 [DVD]
TVアニメ「うみねこのなく頃に」コレクターズエディションNote.03 [DVD]





































目次

・福音の家について

・嘉音と紗音

・19男

・ベアトリーチェ





福音の家について

福音の家は、金蔵が莫大な援助をしている孤児院である。
孤児院というのは身寄りのない子供や孤児を養育する施設である。
捨て子などもおり、親が誰であるか分からない場合もある。
この設定から、当然こんな考えが浮かぶわけだ。

「出生が知られるとまずい子供をここに隠してしまおう。」

そう、俺は福音の家は金蔵の子供を隠すための施設だと考えている。
金蔵は莫大な金を払ってまで、わざわざこの施設を支援している。
その裏には必ず目的があるはずである。
金蔵について考えてみると、この人は黄金の魔女に
異常ともいえるくらい愛をそそいでいる。
六軒島の中にわざわざ豪邸を建設し、そこに
長期間かくまうほどのことをしでかす人物である。
金蔵の人生の目的はまさにベアトとの暮らしである。
ということは、当然福音の家もその目的に関連したものだと考えられる。
そして、金蔵は妻に、「愛人がいて隠し子が
いるのではないか」とずっと疑われていた。
実際、愛人がいるわけだから、隠し子がいるに決まっている。
あの金蔵さんなら孤児院の一つくらいを
支援することをやっても何の不思議もない。
ということで、金蔵の子供がこの施設に存在したと俺は推理した。
ベアトとの子供であることは言うまでもない。
(たぶん、二代目ベアトとの子供)



嘉音と紗音

じゃあ、金蔵の子供は一体誰なんだという疑問が当然わく。
すると、例の孤児院出身の、出生が謎の二人に疑いがかかる。
この二人は金蔵の子供ではないか?
(年齢に関する検証は今度やる。
何とかなりそうな感じだが、一部説明を要するところがある。)




19男

ep5で夏妃に復讐をした人物である。
19年前、子供が生まれない夏妃に金蔵が業を煮やし福音の家から謎の
赤ん坊を連れてきて、その子を蔵臼との子供として育てるように言う。
夏妃は出来心で赤ん坊を崖に落とし、殺害する。
19男はその赤ん坊だと名乗り、夏妃を犯人に仕立て上げた。
また、赤ん坊が死んだ直後から金蔵はますますおかしくなる。

まず疑問に思うことがある。
「なぜ、金蔵は見ず知らずの赤ん坊を連れてきて
育てるように命じたのであろうか?」


普通に考えて、見ず知らずの子供を自分の後継者とするはずがない。
自分の血を引くものを後継者にするのが通常であろう。
先ほどもいったように、福音の家は金蔵の
子供を隠すための施設だと考えられる。
ということは、この子供はおそらく金蔵とベアトとの隠し子であろう。
こう考えれば、金蔵がおかしくなったのも納得がいく。
自分とベアトとの子供が死んでしまったのだから。
また、ベアトは同じ年、つまり19年前に死亡している。
これはちょうど19男が生まれた年である。
この男はベアトの忘れ形見である。

そして、ここからは年代の検証が必要となるのだが(今度やります)、
ベアトと金蔵の子供は双子だったのではないだろうか?
男と女の赤ん坊が一人づつ生まれたとすれば、後継者は男の
赤ん坊である。
そして残された女の赤ん坊は紗音だと考えた。
(紗音の年齢は16であり、19歳というのは身体的に厳しいようにも
思えるが、劣悪な環境で育ち発育が悪かったと考えれば
一応納得できる。)

そして、ep5で騒がした重要な赤字
「紗音にしか、秋が好きだと語ったことはない。」
がある。
これは19男に夏妃が秋が好きだと言った後の赤字である。
この赤字はミスなのではないかと竜騎士先生に問い合わせた方
もいたそうだが、見事にスルーされたそうだ。
つまり、この赤字が正しいのであれば
19男=紗音
ということになる。
殺された双子の敵討ちを紗音がしても何ら不思議はない。

また、紗音は金蔵の子供であると同時にベアトの子供でもある。
ということは、3代目ベアトということになる。

(1代目は1952年位に死亡し、その後2代目ベアトが金蔵に捕まる。
おそらく、2代目は初代ベアトの忘れ形見だろう。
この辺りは自信薄だが初代ベアトは未亡人だったのだろう。
2代目ベアトは初代ベアトと戦死した夫との子供。
戦時中に金蔵とベアトは出会ったと言ってるから、
的外れではないだろう。金蔵の出兵先で出会ったのだろう。)

また、死んだ赤ん坊は嘉音であると考えた。
じゃあ、あの使用人嘉音は誰かといえば、紗音の変装である。

これも年代検証が必要になるのだが、1983年から嘉音は登場する。
1984年または1985年に金蔵は死亡している。(1986年が現在。)
夏妃は金蔵の死を隠ぺいしようとしていた。
それを隠すためには証人が一人でも多くいたほうがよい。
しかし、秘密を知るものを増やしたくはない。
そこで思いついたのが、紗音に一人二役やらせること。
つまり、夏妃の命令で紗音は一人二役を演じているのだ。
この考えだと年代の検証がちょっときついが説明できなくはない。
例えば以下のような感じ。

・みんなで嘉音の登場時期を偽っている
・はじめは紗音の脳内妄想だったが、夏妃の命令により具現化した。

あるいはこれ。
「金蔵の命令(男として育て、後継者にするとか)」
(ベアトの血を引いたものをよっぽど後継者にしたかった。)
夏妃の命令より、金蔵の後継者がしっくりくるかな。


ベアトリーチェ

今までの推理をまとめると、
紗音=嘉音=3代目ベアトということになる。
紗音にはベアトとしての使命、嘉音の朱志香への思い、
紗音の譲治への思いの3つが争っている。
(嘉音の変装をしているときに朱志香が好きになってしまった。)
ベアトとしての使命はベアトが無残な死を遂げたことへの恨みから生じる、
右代宮一族への復讐。
ただ、初代ベアトが金蔵にチャンスを与えたように、
親族へチャンスを与えている。
多少金蔵の血をひくものに期待しているのでしょう。

基本的に紗音はベアトとしての使命を果たそうとするのだが、
朱志香や譲治を殺すことはためらっている。

ベアトが襲ってくる描写は使命を果たす方向にシフトしていることを示す。
それで例の幻想描写がある。
以上のことを前提に推理すれば、ほとんどの幻想描写は説明がつくでしょう。
(まだ、検証中ですが・・・)

もちろん制服ベアトも、紗音であり彼女は黄金の隠し場所を知っている。
また、3代目ベアトであるため黄金の所有者でもある。


最後に

まだこの推理は根拠がに乏しい。
いろんなヒント(出生があやしい人物、ep6)を使っているが
決定的な証拠が足りない。
このままでは、毛利小五郎の推理と同じになってしまう。
コナン君レベルの推理に昇華させるためにもうひと押し欲しい。


ep1(原作) 犯人とトリックの考察や推理
ep3(原作)第一の晩のトリックの推理
碑文の推理
うみねこのなく頃に 特殊な用語集

うみねこのなく頃に感想、推理一覧

ひぐらしのなく頃に(アニメ、原作)感想、考察一覧


視聴済みアニメ一覧

関連記事
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。